〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

ありがとうございます

雨が降って寒い福島伊達。保原校から更新です。

私事ではありますが、本日誕生日を迎えることができました。

友人知人から、お電話、メール、メッセージ、コメントを頂戴しております。

この場を借りて感謝申し上げます。

 

正直、こんなに長く生きながらえると思っていませんでした。

 

今でこそ、風邪は気の迷いであり、インフルエンザは都市伝説などと、

空元気を吐く自分ではありますが、

幼少の折は病弱の一言。

父母に心配をかけておりました。

今まだ、父母に何の恩返しもできていないことを心苦しく思っていますが、

いつか楽させてあげたいと願うばかりです。

 

さて自分の人生を振り返りますと、大変恵まれたものであると思っています。

好きなことを生業とし、仲間と出会い、今年は2教室目を構えるにいたり、

感謝の一年間でありました。

これ以上の望みはございま・・・す!

 

あるんです。まだまだ、夢の途中なのです。

自分の「好き!」をもっと体現して生きたい。

仲間とともに「幸せ」を実感したい。

3教室目、4教室目と、志学白雲館が必要とされるよう変化していきたい。

大きな志を持って生きていきたいのです。

塾生の一人ひとりが今より一歩進むために、自分を磨きたいのです。

 

私は、能力が低く、体も弱く、足も短い男です。

ですから、謙虚に努力する人間になりたいと思っています。

今後も仲間と保護者様と協力しながら、塾生の夢を応援する白雲館の代表として、

努めてまいりますので、

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

自分の夢を再確認し、

仲間や友人知人、そして家族に感謝できる今日という日に

精進することを誓います。

 

さぁ、いきましょー!

福島県立高校入試定員発表

雨が降っています福島伊達。保原校から更新です。

第2次安倍内閣に目玉人事であった、女性閣僚が辞任。期待していただけに残念でならない。

福島県知事選も来週の日曜が、投票日。

当初、多くの政党が支持する候補者が圧倒的と見られていたが、

一部では対立候補の追い上げが伝えられ、

投票率しだいでは混戦もあるかな。

何かと目が離せません。

 

さて、県立高校入試の定員が発表となりました。

http://www.koukou.fks.ed.jp/htdocs/?page_id=77

県全体としては560人の減

県北地区も川俣、安達、本宮がそれぞれ40人減。

伊達市近辺からの進学希望からすると大きな影響はないと思われます。

 

11月末には、学校でも塾でも三者懇談会が開かれます。

現在の実力テストや新教研テストをもとに、進路を選定していくのですが、

私たちは、基本的には、塾生の希望をかなえることを第一とします。

「点数が足りないから、志望校を下げろ」

「こんな点数では、志望校にはいけない」

そう言われたとしても、11月の段階では、全力を出せば、

合格できると信じて動きます。

もちろんそのためには、しっかりとした準備が必要です。

 

最大限の時間の確保と、最高を意識した学習は全員の課題です。

 

最後に合格するのは、諦めなかった子です。

まずは、今日一日を全力で過ごしましょう。

 

さぁ、いきましょー!

 

怪我などのマイナスをプラスに変える

曇り空の福島伊達。梁川校から更新です。

昨日までの快晴が嘘のように、寒くなっています。

昨日はお休みでしたが、母校の応援に。残念ながら勝てませんでした。

後輩たちは自分で反省ができるようになっています。

来春に期待しましょう。

 

さて、母校の試合に元塾生がでていました。

勝てなかったのも残念ですが、怪我までしてしまいました。

大けがではありますが、復帰もできそうなので、

今はしっかり治すことだけ考えてほしい所です。

 

アスリートは怪我との闘いである、と言います。

怪我もなく、順調に進むアスリートは皆無と言っていいでしょう。

不幸にも、選手としての活躍ができなくなる人もいます。

 

怪我をしないに越したことはないですが、

スポーツを本気するにあたって、

得られるプラスの要素とマイナスの要素があります。

勝利や名声、富といったプラスもあるでしょう。

一方、敗北や怪我などのマイナスも必ずあります。

 

みな、プラスを得るためにスポーツに打ち込むのでしょうけれど、

マイナスを見ない、考えないのは

そのスポーツの半分しか見ていないのです。

 

敗北を通して何を得るか、

怪我を通して何を学ぶか、

一見、短期的にはマイナスであったとしても、

長期的には得るものが大きいという事もあるはずです。

 

大きく飛躍するときには

しゃがんで低くなるという事があるのです。

 

マイナスをプラスに変える。

そこにはストーリーが必要。

自分が、このマイナスを乗り越え何を得るのか、

物語を紡いでください。

 

あの怪我を乗り越えたおかげで、自分は強くなれた。

あの敗北のくやしさが、自分を真摯にした。

 

そんなストーリーを、作ってください。

 

今週も頑張りますよ。

さぁ、いきましょー!

イベントがいっぱい

快晴の福島伊達。梁川から更新です。

今日は各地でイベントが行われました。

われらが伊達市でも「奥州統一 芋煮の陣 in 福島」が開催されました。

東北4県が集まったイベントでしたが、我らが福島が2連覇!

ありがとうございました。

また近隣の中学校でも文化祭が開かれまいた。

塾生も頑張れたかな。

 

さて、イベントの日はどうしても休みが多くなります。

疲れ、体調不良などが起きることもあるでしょう。

でも、それを見越して動く事も大事。

 

忙しい人ほど体調管理や時間管理はうまくなります。

 

こういう機会をうまく自己の成長につなげよう。

さぁ、いきましょー!

対策を終えて

秋清し福島伊達。今日は梁川から更新です。

明日は商工会のイベント、「芋煮の陣 in 福島」が梁川で行われます。

私も会場作成のお手伝いをしてきました。

明日は梁川中の清梁祭もあります。イベントだらけですね。

子どもたちも一生懸命。大人も一生懸命です。

今回、PRボード作成の仕事を仰せつかりました。

まずまず、うまくできたかな。

もしお時間があれば、ご覧下さい。

 

さて、今日テストがすべて終了します。

約1か月間続いたテスト対策もひと段落。

日曜日はお休みとなります。

 

対策を経て、最大最高を目指して行動する大切さが伝わってほしいと思っています。

今回、順位が50位くらい上がった1年生がいます。

テスト対策に真面目に参加しています。

おそらく他の中学生がぬるい勉強のままいるのでしょう。

平均もぐんと下がりました。

その子は点数がほとんど変わらなくて悔しがっていましたが、

順位はぐんと上がりました。

行動を変えなかったからです。

 

1回2回の対策で成果が出るわけではありません。

全部成功して伸びていくわけではありません。

失敗し、修正し、意識をし

伸びていくのです。

 

中学時代にそれないの結果しか残せな勝った塾生もいます。

しかし、高校に入ると、勉強のやり方が身についているので、

上位にいることができます。

 

全力で勉強する癖がついていれば、

変わっていくのです。

 

次の対策も頑張っていきましょう。

 

さぁ、いきましょー!

 

 

テスト対策 残念なtweet

昼間でも寒くなってきた福島伊達。梁川校から更新です。

エボラ出血熱がアメリカでも感染者を出し、警戒感が出ている。

ひょっとした日本にも入るかもしれない。

パンデミック、感染症によるパニックが映画ではなく現実になるかもしれない。

グローバル化して世界と近くなった社会の弱点となるのか。

人間の英知が病を克服すると信じて。

 

さて、twitterを始めて3年ほどになる。

最初は情報収集のツールとしていたが、

最近は情報発信のツールにもなっている。

 

塾生に最も早く情報発信できるという事もあって、

お互いにフォローし合っている。

 

母校の後輩の指導に当たっているので高校生のフォロワーもいるが、

時々がっかりすることがある。

 

テスト期間中にお祭りに行けるほど余裕あんのか?と。

 

別にお祭りに行ってはいけない、なんて野暮は言わんよ。

だけど、やるべきことから逃げて、刹那の快楽を求めるんだったら、

高校なんて行く必要はない。

 

おそらく、高校入試ではたまたまそれで突破できたんだろう。

それっていつまで続くかね。

 

大学入試もたまたま突破するかもするかもしれない。

限界を試される時が来たらどうするんだろう。

 

某私学の校長先生がおっしゃっていたのは、

「推薦入試で大学に進むことを良しとしません。

それよりも、力をつけて進学させるほうが、その後の生徒の為になりますから。」

と先を見越して、今すべき努力をさせるという事。

 

青春は謳歌すべし。

ただ、それは勉強も部活も恋愛も遊びも、全力でやれってこと。

 

努力しない姿を傷をなめあうかのようにtwitterにさらすのは

みっともない。

 

彼らが早く、気づいてくれることを祈る。

今が通過点であることを。

今の蓄積が未来であることを。

 

さぁ、いきましょー!

 

テスト対策 夜中に人影が・・・

曇り空の福島伊達。保原校から更新です。

昨日は授業後、梁川のイベントの会議と準備でした。

梁川校を使って、夜中まで準備。イベントが成功してほしいものです。

さて、昨日の帰り道。2時過ぎの保原街道。

普通なら誰も歩いていないはずの道。

暗がりになにやら歩いている人影が。

こええええ

でも、なにやら手を振っている。困ってんのか?

義を見てせざるは勇なき也、車を止めて声をかけましたら、

ただのヒッチハイク。

4号線まで行きたいそうです。

保原からは遠いから、乗ってけ、ということで4号線まで連れて行きました。

若いアンちゃんでしたが、薄着ということで、コンビにまで連れて行きました。

無事仙台まで着いてるといいなぁ。

 

ときどき、帰り道にヒッチハイクしている人がいますが、

暗闇で手を振るのはやめましょう。こええええから

 

さて、中間テストに新教研と立て続けにテストでしたが、

再来週にはまた実力テストです。

休む暇もありません。

 

一つ一つのテストが、自分の勉強を確かめる大事な勝負です。

しっかりと、準備をしてください。

 

特に間違いを認め、生かすこと。

それができないと、伸びていきません。

間違いを大事に。

 

さぁ、いきましょー!

 

あ、一つ報告が。

今日から新しい先生が志学白雲館の仲間になりました。

 

テスト対策 体力の低下は学力の低下に

台風一過の福島伊達。保原校から更新です。

大型の大意風ということで被害が心配されました。

伊達市も今回は通学時間と重なることを考慮して休校となりました。

冬休みが減らされるのかな。

まぁ、近隣では大きな被害がなかったようです。

また、いつなんどきに不意の災害が起こるかわかりません。

備えよ常にで。

 

さて、子供の体力が過去最低になったというデータが発表されましたね。

食生活が豊かになって、スポーツするにも正しい知識で行えるはずなのに、

筋力や持久力が低下しているとか。

遊びに体力が要らなくなったという点が違うのでしょう。

 

1983年に家庭用ゲーム機が発売されて以来

子供たちは外で遊ぶことから遠ざかってきました。

また怪我を過度に心配する保護者様も、家でゲームのほうが管理しやすいのでしょう。

 

昔の子より、外遊びが少なくなったことは、

基本となる体力も低下せざるを得ないのでしょうね。

 

そういいながら、自分もまったく運動しなくなったので、

体力筋力は著しく低下しています。

友人から、筋トレを勧められました。

「部活が終わったら、もうやらない」と思っていましたが、

何かしようかな。

 

体力がない子は、勉強の体力も低いと思います。

勉強にも体力筋力が必要です。

いすに数時間きちんと座ることだって、体力ですから。

姿勢が悪ければ、疲れるのも早い。悪循環ですね。

 

文武両道は子供のうちは当たり前に目指すべきだと思うのです。

専門性は大人になってから。

好奇心を持って学び、体力の限界まで体を動かす。

両輪ともに大きく育てばいいと思うのです。

 

さて、休校だったので、体力の有り余った子供たちがやってくるぞ。

今日も頑張るべね。

さぁ、いきましょー!

テスト対策 自分時間割を作って自己管理

台風の影響か雨が降っている福島伊達。梁川校から更新です。

まず、気なる台風の影響と現在の休校等の情報について。

気象庁の予報では、明日の8時ごろ福島を通過すると考えられています。

よって、福島市、郡山市の小中学校は休校を決定しました。

また、福島市の成蹊高校は休校、県工は午前休校の措置を取っています。

今後も、休校等の連絡があるかもしれません。

塾の方は、午後からは天候も回復するとみておりますので、休校を考えておりませんが

万が一、警報が出ている場合は休校もあります。

HP、twitter、facebookでご確認ください。

 

どうも最近疲労が抜けず、授業前から体が重いのですが、

季節の変わり目だから、崩してるのかな、と思っております。

今月はお酒を飲む機会が多いので、普段飲まないだけに体調管理に重々気を付けようと思うのです。

 

私は自己管理が下手な子でした。

健康面でも、忘れ物でも、指導者に迷惑ばかりかけていたと思います。

一方、無理する子でもありました。

体力的にきついのに、やり続けてしまい、後から代償を払うという感じ。

母にも心配をかけました。

 

中学生の塾生を見ていると、私と同じように自己管理が下手な子がいます。

 

自己管理が下手な子というのは、

思いつきで行動する

結果を予想できない

という行動パターンがあります。

 

私自身は、

最悪の状況を想定し、今「行動」をしても、他で言い訳をしない事、

時間割を決めて動く事、

という風に決めました。

 

「行動」にはいろんなものが入ります。

ゲームや漫画、いまならSNSとかも。

大人ならお酒とかかな。

また小さなことで言うと、この寒さの中Tシャツで過ごすとか

洗った髪を乾かさないとか。

最悪の結果とは、本当にすべきことができないとか、他の楽しいことができないとかです。

今も楽しむけど、明日も楽しむために、今すべきことをする、今すべきでないことをしない。

 

時間割は、何時になったらこれをする。

自分から自分のルールを破らない。

ただ、自然と他人都合は仕方がない。

テレビを見ようが、漫画を見ようが、決められた時間割ならば構わないという事です。

中学生の頃、必ず見たかったのは、

ニュースステーション平日10時から30分(夜食をとりつつ)、TVタックル月曜1時間、

カノッサの屈辱水曜30分、夢で逢えたら30分はしっかり確保。

これらを見るなら、最低でもそれと同じ時間は勉強するというマイルールを決めて。

 

今の子ならもっとうまく作れるんじゃないかな。

アプリを遣ったり、TVもHDに保存できるし。

 

自己管理をするようになって、

何となく時間を潰すというのが、勿体なくなりました。

 

時間割、作ってみたらどうかな?

 

今日は通常。

さぁ、いきましょー!

テスト対策 新教研10月号実施

新教研テスト10月号実施中の福島伊達。梁川校から更新です。

ノーベル平和賞がマララさんに送られました。

イスラム世界における女性の人権獲得を目指されている少女です。

宗教の世界に口出すつもりはありませんが、

不合理な男女差別はおかしいと思っています。

彼女たちが、安心して学べる社会になることを望みます。

 

今回、日本の憲法第9条が候補に上がったそうですが、

やはり取れませんでしたね。

最高法規とはいえ、変わることもありますから。

 

イスラム国が世界に不安を与える中、

彼女の不遇を異教徒への蔑視すべく賞が贈られた、と考えるのは邪推でしょうか。

 

さて、新教研テストを受けさせていますが、

塾生のうち何人がこれから先の試験まで意識しているか、と考えてしまいます。

もちろんこれからの試験というのは

高校入試もありますが

高校入学後の資格試験、大学入試、入社試験、採用試験などです。

 

眠そうな目をして試験に臨む塾生がいますが、

それが100%のパフォーマンスを出したい人の行動なのでしょうか。

休み時間の過ごし方に余裕を感じますが、

それが100%の準備なのでしょうか。

 

「模擬」テストは失敗も大事です。

でも、成功するための失敗であり、むざむざと失敗するように

自ら仕向けているような気がしてならないのです。

 

もちろん、彼らがわざとそうしているのではないことを知っています。

私が年を取って、気づいたにすぎません。

そして、毎年同じようなことを述べるのです。

それが受験勉強の持つ効用だからです。

出来ないことができるようになる。

知識だけでなく

行動規範もいい変化を促すのが受験勉強だと思うのです。

 

まずは今日の新教研を全力で。

さぁ、いきましょー!

 

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ