〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

復習で基礎固め

暖かい福島伊達

バタバタしております。

年度末、アポイント、あれもこれも。

休みが休みでなく

過ぎていくと

自分の体に老いを感じますね。

さて、小学生も三学期に入り、

年度末のまとめに入ってきました。

多くの子が当該学年の学びを終えてきたので、

あとは復習復習です。

 

繰り返し勉強することは

勉強法の王道です。

そうだと知っていても、

なかなかやれていないのが現実。

1学期にできたはずのことが

今になるとできなかったり、

逆に、

学びたての時には納得できなかったものも

今になると理解できたり。

復習にはいろいろな効果があります。

 

6年生には

小4小5の学びにまで戻ってもらっています。

中学校の予習もいいんですが、

高校入試の基本事項は

小学校の学びの中にあります。

基礎固め、って

しっかり時間を取って

分かる実感を作ることだと思います。

 

志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

学童のお問い合わせ

晴れの福島伊達

B4の紙を発注したと思ったら

A4の紙が届いて

「いわおさん!」とS先生から注意を受けました。

orz

さて、学童のお問い合わせが増えています。

昨年末から公設学童の募集が始まり、

低学年から入所が決まるのですが、

小4くらいになると

希望通りにならないこともしばしば。

預けられないのは困るというご家庭、

そして勉強する環境も大事だとお考えのご家庭に

選択いただいています。

 

ご家庭ではなかなか

勉強を教えるのも難しくなってきます。

内容うんぬんではなく

感情的になってしまいがちです。

そういった点でも、

外に預けるのは有効だと思われるのです。

 

定員までまだ余裕がございますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

見つかった穴

小雪が舞ってた福島伊達

立哨中に限って雪が降ってました。

また日が出てきましたので、

積もることもなさそうです。

融雪剤を購入しました。

自宅の北側は暑い氷となり、

なかなか溶けないので撒くことにしました。

パラパラ撒いてみたり、

一か所にかためてみたり、

実験みたいです。

 

さて、保原町内の中学校の感染症予防措置も

今日から解かれました。

一部の関係者がまだお休みしているようです。

感染が広まらないように

気を付けていきましょう。

新教研の結果、実力テストの結果が

配られました。

伸びを示してくれた塾生。

ここにきて過去最高得点、

ここにきて過去最高順位、

ここにきて過去最高偏差値、

うれしいよね。

冬の頑張りが出てくれたみたい。

 

だけど、それでも

点数を取り切れていない穴が見つかったはず。

その穴は

受験の時には失敗につながります。

今すぐ埋めましょう。

今見つかった穴は、

対策ができる壁です。

 

最善を尽くしましょう!

 

志事すんぞ!

さぁ、いきましょうー♪

全力でいこう!

曇り空の福島伊達

先ほど、保原地区内の学校で

感染者が確認されたという連絡が入りました。

塾の感染症予防マニュアルにのっとり、

保原校の休講を決めました。

ご迷惑をおかけしますが、

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

昨年も幾度か休校がありました。

幸い、塾内での感染はなかったものの

身近なところにも広がりつつあると感じます。

感染症予防を徹底していきましょう。

新教研が返ってきました。

目標に近づいた塾生の喜びよう、

自分のことのようにうれしいです。

残念ながら

足踏みをする塾生もいます。

悔しいですね。

 

「あれだけ頑張ったのに」

自分でそう思ったとしても

受験生全員が頑張っています。

全力を尽くしているつもり、では

勝てないんです。

 

全力でいこう!

今できる最大限の時間と

今できる最高の取り組み方で

残りの時間を過ごそう!

がんばるべね

 

志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

【保原校の授業休講】

保原町内の中学校の在籍者に

感染拡大予防のための自宅待機の連絡がありました。

 

感染拡大予防に協力する観点から、

本日1月20日(木)の

【保原校の授業は休講】といたします。

自学の利用もご遠慮ください。

 

明日以降の授業につきましては

中学校の方針及び安全が確認され次第

再開とさせていただきます。

再開の際は、ご連絡いたします。

 

休講の分の授業は、後日、振替授業を行います。

通塾へのご不安やご家庭の事情がある場合は、

ご連絡の上お休みください。

月謝の減額で対応いたします。

 

ご不便をおかけしますが、

ご協力のほどよろしくお願いいたしますとともに、

皆様のご安全をお祈り申し上げます。

志学白雲館 代表 渡邉巖

効率のいい方法、ね

晴れの福島伊達

梁川の塾前は雪が溶けました。

道路のわだちも崩れてきたので、

一気になくなってほしいところです。

毎日の家事をしていて、

いつも同じことを繰り返すのですが、

ふと

「こうした方が効率的じゃね?」

と気づくことがあります。

私はそれで仕事に来ていくシャツを

アイロン不要のものに変えました。

毎週30分ほどをアイロンに費やしてましたが、

今はハンガーにかけるだけ。

1年間で24時間の自由な時間が生まれました。

 

工夫する余地に気づくのは、

ふとした瞬間にあります。

最初から、よりよくはなりません。

とりあえずやってみて、

そのうえで、より良く変えていく。

試行錯誤しながら。

とりあえず、がなければ

どれほど効率的か、は

分かりにくいものです。

 

効率のいい方法、なんてのは

やっている人にとっては有効だけど、

何も積み重ねていない人にとっては

砂の上のお城のようなものです。

まず、やれ。

 

志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

中1の変化

また雪が降る福島伊達

とりあえず、午前中も自宅周りを、

午後も塾周りを雪かき。

ひとまず舗装を出しておければ、

あとは日光にお任せできるので、

あんまり積もらないうちに

片付けてしまっています。

さて、中3の学年末試験が

まもなく行われます。

しっかり準備ができているか、というと

いつもより期間が短かったり、

私立高校の入試もあって、

十分とは言い難い感じです。

まぁ、言い訳はできませんから

最善を尽くしていきましょう。

 

うれしい変化は、

まだまだ時間があるはずの中1が

学年末を見据えて動き出したことです。

1年間で見せる大きな変化です。

塾に来たときは、

まだ小学生の気分で、

やらされている感が出てましたが、

今は違います。

成長したなぁと思います。

あと2年の間で、

もっともっと可能性が広がる気がします。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

 

27年

暖かい福島伊達

塾の前の雪もほぼ溶かしました。

東西に走る道路では

まだわだちも見られますが、

幾分ゆるみそうです。

 

さて、27年前、高校生でした。

大学受験の歳でしたから

よく覚えています。

テレビから流れる嘘みたいな光景。

地震が少ないはずの関西で。

何があるかわからない、

そう感じたのを思い出します。

 

「感情は風化する」と言われますが

当事者にとっては

当てはまらない言葉だと思います。

私自身がその惨状を体験したわけではないので、

大変だったろうな、と

推測するだけかもしれませんが、

きっと当事者にとっては、

忘れられない記憶、だと思うのです。

 

あれから様々な制度が変わり、

より防災にたいして

意識を強くしているはずだし、

対策もとっているはず。

それでも、それでも十分ではない。

先日の津波警報だってそうですが、

災害を予見するのは難しく、

対応するのは難しいのですから。

「備えよ常に」

油断せずに、

最低限の備えをもちつづけることが

大事なことなんだろうなと

あらためて思います。

 

志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

学年末対策

暖かかった福島伊達

今日は休日ですが、

来週の学年末対策のため、

自学開放をしておりました。

授業はないので、

自分は質問に応えながら

たまった事務仕事をこなしているうちに

この時間になりました。

やっと更新ができます。

 

本当は授業だけやりたい

子どもと接する時間だけで過ごしたい

そんな気持ちが本心ですが、

なかなかそうはいきません。

塾を守るための宿題がたくさんあります。

経営に関することや

衛生管理に関することや

これからに関することとか

いろいろ。

子どもに課題や宿題を課す立場とすれば、

やらなきゃですよね。

 

子どもたちのおかげで

自分は成長させてもらっています。

自分の弱さを克服できるのは、

子どもたちがいるからだなぁ、と

思えてなりません。

 

さて、9時まで頑張りますか!

志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

 

 

 

共通テスト

穏やかな福島伊達

昨日の帰り道は時折強風もあり、

路面は凍結してるはで大変でしたが、

今日は悪くない天気です。

福島での共通テストも

順調に進んでくれることを願います。

というのも、都内で起きた事件ですよね。

共通テストの会場での刺傷事件。

巻き込まれた被害者も、

偶然居合わせてしまった多くの方にとっても、

災難であったろうと思います。

何があるかわからない、

そう口にしてはいても、

犯罪なんて考えもつきませんからね。

こういう時の救済措置は機能してほしいです。

 

さて、マークシートとはいえ、

なかなか難しいのが共通テスト。

昔は共通一次やセンター試験と言われたものです。

記述式へ移行するという話もありましたが、

採点ができないということで

見送られました。

それでもリスニングが課せられるようになり、

来年度からは新たに情報という教科も加えられます。

受験生への負担はどんどん重くなっている気がします。

 

個人的には5教科の6科目なり7科目なりで

マークシートを利用するのがいいと思います。

あくまで1次試験ですし。

2次試験で、より専門性を問う課題にして、

大学側が判断するのがいいんじゃないかな。

わざわざ新たな教科を加えても

学びを深める時間がなければ、

高校生の成長は望めないんじゃないかな。

逆に情報1科目選択で入れる大学があってもいい。

とんがった人材が集まりそうだし。

 

共通テストは

一番多くの高校生が受けるテスト。

それだけに、

一番大事なテストだと思います。

日本の将来を知識や知的好奇心で

引っ張って、支えて、伸ばしていく、

一翼となる人を育てるためのテスト。

だとすれば、

より良質な問題、

より良質な受験環境を

たゆまぬ努力によって提供していってほしいです。

 

なんて、大きなことを書いてますが、

うちの子たちがちゃんと受験できてるか、

もう、気が気じゃないんですorz

全力で。後悔なく。

がんばれい!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ