〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

自学への制約

風が強い福島伊達

日差しは暖かいのに。

風は冬のままです。

今日はテスト前の解放と授業です。

既に自習の席は埋まりつつあります。

明日に向けて、

今できる最善を尽くしてください。

 

さて、学童の子たちは、

毎日勉強の時間を設けています。

遊びも大事ですが、

宿題を学童でやって、

お家ではゆっくり過ごしてほしいと思っています。

 

小学生の宿題の中に

クラスによっては自学が課せられています。

ドリルやプリント以外に

自学をしよう!ということらしいのですが、

だんだん制約が増えてきました。

中学生ならば

ノートでも効率的に勉強できるので、

ノートを多用させますが、

小学生だと、

問題文まで写したり、

非効率なところもあるため、

プリントを使っていました。

その後、プリントはダメ、

ノートにやること、と

指示されるようになりました。

 

それはそれで、困りません。

むしろ、中学生のように、

プリントを使いながら

ノートを活用するように、

計算や漢字をこなすようにし、

ノート自学が終わったら

プリントで図形や文章題を

解かせるようにしました。

 

今週になって、

ノートにやるにしても、

計算や漢字はダメ、と

指示されたと言われたそうです

担任の先生曰く

解き方を書くとか、

考えを書くような自学をしよう、と。

 

さて、どうするかな。

パズルのような問題を

一日一題解いていこうかな。

問題を作るのもいいのかな。

解き方や考え方、か。

ご家庭ではどうされるんだろう。

むずかしいなぁ。

自学への制約、やめてくれないかなぁ。

日々の反復が、

だんだん身に付いてきたんだけどな。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

志望校変更ができます

暖かな福島伊達

風がなくて春を思わせます。

 

さて、昨日福島県教育委員会から

県立高校入試の一次倍率が発表されました。

県北地区では7校13学科が1倍を超え、

中でも福島西高校普通科は

1.66倍と県内最高の倍率となります。

このままだと、

特色選抜が不合格だった受験生も

一般選抜に回りますので

1.7倍を超えていきます。

ここから15日(月)まで

志望校変更ができるのですが、

中学校では今日10日までしか受付けないと

告げられている所もあるようです。

 

変更に伴う事務も煩雑だと思うのですが、

相談し、決断する時間を

是非ともいただけないでしょうか。

 

受験生本人も

支えるご家族も

すぐには決められない場合もあるはずです。

 

今日、新教研2月号が返ってきました。

来た塾生からすぐにお返しします。

迷ったら、ご相談ください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

コロナは日常を奪う

また雪が降った福島伊達

福島市内は10センチくらいつもり、

風もあったせいで

高速道路が通行止めとなり、

4号線は渋滞してました。

ホワイトアウトは怖いですからね。

安全第一です。

 

さて、年に一度くらいですが、

帰宅途中に人を乗せることがありました。

酔っ払って電車を寝過ごした人が

歩いている時があり、

最寄りの駅に連れて行くわけです。

ただ、そういえば

この一年はないなぁ、と。

これもコロナの影響ですかね。

コロナは日常を奪います。

感染した人、その家族はもちろんのこと、

感染を予防するために休業、時短営業する人、

自分も感染予防のために

普段以上に気を使う毎日。

これも新たな日常かと思っていた矢先、

義理の祖父が亡くなりました。

高齢ですから遠からずその日が来ると

心づもりをしていました。

そしてお願いされたのは

葬式は近隣のものでやるから

県外の私と嫁は参列を遠慮するように、と。

そういうこともある、と分かっていても

残念でなりません。

コロナさえなければ、と。

 

コロナは日常を奪う。

だからこそ、ちゃんと今

感染拡大を防ぎ

医療を守る必要があると感じます。

一日も早く

日常にもどるために。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ。いきましょー♪

歴史と古典

雪が舞う福島伊達

また寒くなりました。

これから積もるようですね。

運転気を付けてください。

 

さて、昨日の大河ドラマ、

いよいよ最終回。

本能寺の変でしたね。

どんな描かれ方をするのか

楽しみでなりませんでした。

長谷川明智の決断のシーン

染谷信長の最期、

表情が素晴らしかった。

願わくば、

その後の山崎の合戦も見たかったですね。

戦国時代をはじめとする歴史や

古典からは学ぶことが多いですね。

もし自分が、明智だったら、と

感情移入しても、

冷静に客観視しても、

得られるものがあります。

 

中学生に歴史や古典を教えていて、

知識だけでなく、

学ぶ意義について話すことがあります。

温故知新、

人間の悩みの多くは変わりないわけです。

昔の人の知恵、考えに

今を生きるヒントが見つかるかもしれません。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

性差に対する古い感覚

休日の福島伊達

日曜ですがテスト前ですので、

開放しております。

3時から9時までとなります。

さて、高校生たちと雑談をする中で

公立高校の授業の話となりました。

今は母校でも家庭科があることを知りました。

私の頃、男子校時代にはありませんでした。

ふと家庭科”なんか”なかったな、

と思ってしまったのです。

”なんか”には、無意識に

男が家庭科を学ぶことに、

性による学びの区別をしてしまっている

自分がいることに、

気付いたのです。

自分だって家事を日々こなしているわけで、

男女の別はないと分かっているはずなのに。

ひょっとしたら

気付かぬうちに

性差別をしているかもしれない、

と思うと怖くなります。

 

性差別は悪である、

そう分かっているはずなのに、

 

無意識のうちに

行動に移し、言葉に出しているかもしれない。

もっと自分を省みないと。

 

性差別を無くし、

お互いが気持ちよく過ごすために、

ある評論家は

「主語や対象を大きくしない」

と話してました。

男なんだから~、

女は~、

日本人には~、

といった大きな主語ではなく

私は、あなたは、あなたには、と

限定をして考えることが肝要だと。

参考になりそうです。

 

志事すんぞ!

さぁいきましょー♪

科学映画の世界

15度近い福島伊達

防寒着を必要としないほどの陽気。

まだまだ油断はできませんが、

三寒四温というやつですかね。

さて、各県の入試問題に取り組んでいますが、

国語の説明文の文章が印象的でした。

科学映画、フィクションではなく、

科学技術を用いて

普段は見えないものを見る意義は何か、

といった内容でした。

顕微鏡のようなレンズを使えば、

微細な世界に触れることができます。

広角レンズを使うと

鳥や虫のような広い視野を体験できます。

また、時間を変えることによって

変化を感じ取ることもできます。

科学技術による違った視点を取り入れることで、

非日常を見ることが意義であると。

 

昨日、「先生、自学ほめられたよ」と

学童の子からうれしい報告がありました。

毎日積み重ねているから

普段はその成長に気付きにくいですが、

これも他の方からの違った目から見ると

変化に気づくことがあるようです。

また、毎日の積み重ねは

成長が見えにくいですが、

速さ、正確性、点数といった形で

効果が分かるようです。

そして、この違った視点からの言葉が

子どもたちのエネルギーになっていると感じました。

ただ、申し訳ないのは、

毎日頑張るせいで、

自学のノートがかさむことです。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

不安な時こそ

荒天のち晴れの福島伊達

午前中は荒れたようで、

高速道路で事故があったとか。

うってかわって午後は暖か。

すっかり雪も溶けました。

 

さて、久しぶりにうなされるほどの夢を見ました。

夢占いによると悪くない夢、らしいけど

やっぱり嫌ですね。

まぁ、占い通りに行ってくれれば

寝不足にも価値があるのかな。

もともと占いを信じる気持ちは薄いのですが、

意味のわからないものを

ハッキリさせたくなる気持ちも分かります。

少しでも不安を解消したい、

そんなところですかね。

 

受験生たちも、

高校入試を前に不安な気持ちを持つようです。

人生初の勝負ですからね。

ただ、不安だからといって

何も手につかない、というのは

別の話ですよ。

何もしなければ、

不安が無くなるということはなく、

むしろ、

何もしなかったことによる不安が

増すばかりです。

今は、問題を解き進めて、

一つでもできるようにする方が

安心するはずです。

今できないところはプラス材料。

今できる最善を尽くすことこそが

不安を紛らわせることになります。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

児童手当の削減

時々雪の福島伊達

昨日は、夢でうなされて起きました。

鮮明に覚えていたので

メモってみましたが、

よく分かりません。

ちっと調べてみっかな。

 

さて、現在通常国会が開かれていますね。

来年度の予算を決めるための

話し合いがなされています。

コロナ関連の予算が計上されていますが、

限られた予算ですから

話し合いによって削減されるものもあります。

気になったのは

年収の高い世帯への児童手当の廃止、

それを財源として

待機児童の解消を図るそうだ。

 

児童手当は世帯に出すというよりも

児童に対して出すものだとすれば

不平等だと感じますし、

そもそも年収1千万を超える世帯なんて

それほど多くないとすれば

待機児童解消に

足りるとも思えないのです。

 

税金の使い方が

国家の未来を創るとすれば、

国立大学の無償化であったり、

不妊治療の保険適用であったり、

もっと検討していただきたいことが

たくさんあります。

 

とりあえず

国会議員の定数を減らして

財源に充てるのはいかがでしょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

仕事の報酬は仕事、か

外は寒い福島伊達

また夜に雪が降るらしいですね。

暖かい日は10度近いのに、

寒い日はマイナスの世界。

寒暖差が激しいですわ。

さて、来年度の学童が今年度を超えそうです。

学童事業を始めて4年目、

まだまだ定員は空いていますが、

毎年少しずつ認知され、

活用されていって、

だんだんと増え続けてきました。

少子化の時代にあって、

本当にありがたいことです。

学童保育と教育を掛け合わせた

「学童教育」によって

地域に貢献できればと考えています。

 

最近耳にした言葉で印象深かったのは

「仕事の報酬は仕事」

仕事をする以上、

対価を受け取るわけですが、

ご満足いただけなければ、

継続はありません。

新たに入所していただいたり、

入塾していただいたり、

新たな仕事をいただけることが、

対価以上の報酬であると感じました。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

長谷川博己のシン・ゴジラ

風が強い福島伊達

立哨で体が冷えました。

足先まで冷たいです。

 

大河ドラマもクライマックス。

長谷川博己の演技が楽しみでなりません。

平蜘蛛を手にした時の演技は

グッとくるものがありました。

長谷川博己と言えば、

シン・ゴジラでも主演を務めてました。

その時も素晴らしい演技だったなぁ、

と思い久しぶりに見返しました。

 

国難にあって

国が、政治家がいかに動いたか、

フィクションではありますが、

今の状況に通じるものがあるように

思えてなりませんでした。

 

「日本は、いや世界はゴジラと共存するしかない」

映画の中のワンシーンですが、

ゴジラがコロナに変わったとしても

通用する気がしてなりません。

 

まぁ、現政権には長谷川博己のような

政治家がいるかどうかが

問題ですが。

 

この映画を高校生あたりが見たら、

仕事観が変わりそうですね。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

 

3 / 18312345...102030...最後 »

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ