〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

久しぶり!

気温は寒いが天気のいい福島伊達。

今日は、小学校の登校日。

ランドセルの小学生が

列を作って学校に向かう

当たり前の風景が

何よりありがたいと思ってしまいます。

オリンピックは延期が決まりましたが、

学校再開に向け動いているようです。

私どもも昨日から

学習塾事業を再開することができました。

感染症予防に努めながら

勉強していきましょうね。

 

小学生は1m以上の間隔をあけて

学校から配布された宿題をやったり、

自分で準備したドリルに取り組んだり、

塾のテキストを進めたり、

それぞれの課題に取り組んでいます。

現小6は中学校の予習を進めてもらっています。

みんなが揃うと

やっぱり楽しいですね。

 

中学生は春期講習がスタート。

月末に行われるもぎ試験の対策が

メインと考えていましたが、

どうやらリハビリが中心となりそうです。

学校の休校、塾の休校によって、

思った以上にできなくなっています。

懸念はされていましたが、

現実として見せられてしまうと、

少なからず不安を覚えます。

ということは、

塾に通っていない子たちは、

もっと大変だろうな。

 

高校生も来ています。

学校からの課題をメインに取り組んできますが、

できるだけ早くやり終えて、

予習に入りたいですね。

自分でできることならば、

どんどん先に進めて

貯金が作れるといいですね。

 

それにしても、

久しぶりです。

これだけ子どもたちが塾にいるというのは。

それがどれほどありがたいことか、

再確認した一日でした。

今日も、学童から、

小学生、中学生、高校生と勉強ができる。

がんばらないと。

春休み中の塾、児童クラブについて

23日までの公立学校休校措置を受けて

塾でも休校としておりました。

ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ありませんでした。

本日24日より、

塾も再開の運びとなります。

詳細は3月4日、16日に郵送したしました

書面をご確認ください。

 

【全学年共通】

◆熱や風邪の症状がある方は

参加をご遠慮ください。

◆咳エチケットを守ってください。

◆手洗い、マスク着用にご協力ください。

3月31日

塾は休校となります。

児童クラブは開所します。

 

【小学生】

24日、25日

特別時間割にて勉強再開。

4月1日から

新時間割

曜日、時間をご確認ください。

 

【中学生】

24日~29日

春期講習会

30日

新教研もぎテスト(全員受験)

4月1日から

新時間割

クラス、曜日、時間をご確認ください。

 

【高校生】

24日から自学利用可

時間はご確認ください。

休校中の勉強法9

朝方雪が降っていた福島伊達。

今年は冬タイヤにしなくてもよかったかな、

なんて思っていると

春先の、この雪ですから、

やっぱり勇断は禁物だと感じます。

 

本日24日から塾も再開の運びとなります。

もちろん、手洗いと換気の徹底を図りながら

感染症予防に努めていきます。

さて、休校中の勉強法も9回目。

今日は「観察をしよう」がテーマです。

学童の子どもたちと

散歩に行くことがあります。

車移動が多いので

普段は見逃してしまうようなものが目に留まります。

 

歩いて地域を観察すると、

たくさんのことに気づきます。

例えば、

地域の神社仏閣の小さな情報。

梁川町は伊達氏、上杉氏、徳川氏によって

治められた地域でした。

そうすると寄進した神社やお寺には

それぞれの家紋が残っていたりします。

例えば、

鳥や植物の観察ができます。

春の花といえば梅や桜ですが、

咲く時期は微妙にずれます。

肌感覚で、春に触れることができます。

例えば、

小さな路地を歩くこともあります。

普段行かない小さな路地、

行き止まりなんかもあります。

この道はどこにつながっているのだろう、

空間認識も高くなります。

また、

防犯防災の観点から

危険箇所の確認であったり、

児童の避難場所の確認もできます。

 

さらに、

子どもたちの興味関心を広げることもできます。

物事を知っているようで知らないのが

子どもたち。

「先生、あれって何ですか」

「あれは変電所だよ」

「変電所って何ですか」

そんな質問も一緒に外に出るから

受けられます。

 

運動不足の解消にも有効です。

 

勉強法で分からないことがあれば、

いつでもご連絡ください。

ご卒業おめでとうございます

今日も快晴の福島伊達。

学童スタートです。

出勤中に小学生たちが歩いていました。

今日は卒業式ですものね。

久しぶりにお友達に会えるのが

うれしいんでしょうね。

笑顔の子どもたちに

癒されます。

ご卒業おめでとうございます。

6年間でたくさんのことを学び

成長したことと思います。

保護者の皆様におかれましても

節目を迎えられ

お喜びのことと思います。

学校の先生方も

たくさんの配慮の中

式の開催にあたりご尽力いただきましたこと

心より感謝いたします。

 

小学校を卒業し

これから中学生になりますが、

今までとは違う生活に

とまどうこともあろうかと思います。

勉強だけでなく、

部活動や、新しい人間関係に、

悩み迷うこともあるかもしれません。

ですが、

大丈夫です。

それら、すべてが

あなたの成長にとって

通るべき道だからです。

あなたが成長するために

必要な出会いだからです。

 

「全てのものは師である」

あなたが目にするもの

手に取るもの

出会うもの

感じるもの

全てが師です。

それらは時に

苦労という形で

あなたの前に現れるかもしれません。

その苦労を乗り越えたとき

乗り越えられた新しい自分に

成長していきます。

大丈夫。

あなたは乗り越えられます。

 

皆さんの新たな門出を祝すとともに、

さらなる成長をお祈りしています。

休校中の勉強法8

今日は20度近くまで気温が上がる

春の陽気の福島伊達。

少し前には雪が降ったのに、

今日は5月上旬の陽気ですか。

体がやられそうですが、

あったかいのはありがたいかな。

休校中の勉強法も8回目となりました。

ここで書いていることは、

別に休校中に限ったことではありません。

長期休暇の時も使えますし、

普段の勉強にだって役立てられるはずです。

言ってしまえば、

当たり前の勉強法なんです。

何かしら意識をした勉強ができれば

より効果的で、効率的だと

理解してください。

 

さて、昨日は「段階を上げる」をテーマに書きました。

より難しいことに挑戦する、

小学生は中学生のように、

中学生は高校生のように、

立場を上げて物事にあたることで

今以上を目指してもらいました。

今日はその逆です。

 

今日のテーマは

「土台を固める、そして広げる」

思ったよりもできていないのが基礎基本です。

漢字なり、計算なり、英単語なり、

基礎基本という土台がしっかりしてなければ

大きな伸びはあり得ません。

できることが増えれば増えるほど、

その上に積み上げるものも大きくなります。

 

学年を下げて、問題に挑戦してみましょう。

もちろん、ただやるのではなく

ミスを見つけたらラッキー、

できるようにれんしゅうをすること。

スピードを意識して

より速く、正確に。

忘れているところができるようになったら

今気づいてよかった、と考えて。

 

できれば、

文章題や英作文にも挑戦してほしいですね。

その時できなかったものでも、

今のあなたなら

「あれ、なんか分かるかも」

「意外と簡単だな」

と思うことがあるはずです。

 

具体的には2学年下の勉強がやりやすいです。

2学年下の勉強なら、

忘れていることがあったとしても

思い出しやすく、

できなかった分野でも理解しやすくなるはずです。

中3ならば、中1の英作文を、とか

中1ならば、小5小6の漢字を、とか

小6ならば、小4以降の文章題や図形の問題、とか

 

クリスマス時期、受験生たちに

何が一番欲しいか、を聞くと

「時間」という答えが聞かれます。

余裕のある時は時間の大切さは気づけません。

もし、今が受験の一か月前だったら、

どんな過ごし方をするでしょうか。

 

そんなことを考えながら今日もがんばってください。

 

勉強法で分からないことがあれば

質問してくださいね。

休校中の勉強法7

夜中の雨に驚かされて

寝不足気味です。

朝にはすっかり雨も上がりましたが、

少し風のある福島伊達です。

県立高校の後期選抜の定員が発表となりました。

後期選抜は、

前期選抜で定員に満たなかった高校・学科で

実施されます。

必ず行われるものではありません。

今回の特徴として挙げられるのは、

倍率にかかわらず、

不合格になる人が少なからずいる、

ということです。

たとえば県北では、

福島南高校の文理科

前期選抜倍率は1.00でした。

本来ならば、全員が合格となるはずです。

しかし、後期選抜では5人の募集となりました。

当日受けなかった人がいたのか、

特色選抜の影響なのか、

学力試験の結果が悪すぎたのか、

理由については憶測の域を出ませんが、

倍率が低いからといって

全員が合格するわけではない、

と言えます。

どうしてこれほど後期募集が増えたか、

県教委の説明を待ちたいと思います。

 

さて、休校中の勉強法7にいきます。

今日のテーマは

「段階を上げる」です。

今やっていることよりも難しいこと、

大変なことに挑戦してみませんか。

先日、実技の勉強もしようということで

お手伝いを推奨しました。

お掃除や料理をやってみよう、と

お話ししましたが、

家事って、大人ならばできて当然、

やらなければいけないことです。

もし自分が一人暮らしの大人だったら、

と考えて段階を上げてほしいのです。

 

勉強でも段階を上げることはできます。

小学5年生だから

小学5年生の勉強をしなければならないわけではなく、

6年生の勉強や中学生の内容に入ってもいいはずです。

中学生もこれから習う内容を先取りしてもいいでしょう、

高校生が自分の進路に関する分野の

専門書に触れるのもいいですね。

 

自分で限界を決める必要はありません。

特に、好きな分野得意な分野ならば、

どんどん進んでいいんじゃないでしょうか。

 

歴史マンガを読みあきた人は

歴史雑誌や歴史小説を見てみる。

理科が好きな人は

専門の学者さんが書いた著作や

監修した映像を見る。

自分で「段階を上げる」ことで

よりたくさんのことが

吸収できると思いますよ。

私は中学生のころ歴史が好きでしたから、

三国志について本を読んだり、

幕末の志士についての本を読んだり、

論語を読んだり、

興味に従って読んでいきました。

今思えば、

楽しみながら、

いつのまにか勉強になっていたと思います。

 

どんな勉強していいかわからないときは

相談してくださいね。

合格発表を終えて

寒の戻りでしょうか

今まで温かっただけに

ストーブの前から離れられません。

昨日は県立高校の合格発表でした。

志学白雲館、残念ながら

全員合格とはいきませんでした。

新教研の判定では合格圏にいた子が

まさかの結果に、

一発勝負の怖さをあらためて感じました。

自分たちの力不足。

反省です。

 

残念だった塾生へ

悔しいね。

頑張った姿を見てきただけに

信じられません。

ですが、

何かが足りなかったんだね。

この悔しい気持ちを忘れないでください。

まだまだ続くあなたの成長の糧にしてください。

これからの日々が

次の3年後の笑顔になることを

心から祈っています。

 

合格をした人へ

おめでとう。

次のスタートを切ってください。

ここで終わりではないはずです。

大学進学や、就職に向けて

自分でできる最善を

今から始めてください。

ここで喜んで何もしなければ、

成長は止まります。

勝って兜の緒を締めよ。

次のゴールをイメージして動いてください。

 

人間万事塞翁が馬

良いと思ったことが

良い結果を招くとは限りません。

反対に

良くないと思ったことが

良くない結果を生むわけではありません。

合格に慢心すれば、

次の夢はかないません。

悔しい気持ちをバネにすることで

次の夢を叶えた人はたくさんいます。

 

結果は結果。

そこからの得られた

たくさんの学びを

受け入れて活かしてください。

 

全ての塾生の成長を

期待しています。

受験、お疲れさま。

また、頑張る姿を見せてください。

 

【速報】令和2年度入試結果【2020】

3月16日、令和2年度福島県立高校入試の合格発表が行われました。

情報公開の一環として

志学白雲館の結果を掲載します。

また、あわせて高校部の大学入試結果も掲載します。

【中学部】

~県立高校~ 前期選抜

福島高校  1   橘高校   1   福島東高校 4

福島西高校  普通科  6  デザイン  1

福島南高校  文理科  1  国際文化  1

福島商業高校 情報ビジネス 3 経営ビジネス 7 会計ビジネス 3

福島工業高校 機械   1  建築  1

福島明成高校 生物生産 1  食品化学  1

保原高校   普通科 11  商業  2

 

~私立高校~

福島成蹊 文理  12  普通科  6

桜の聖母 特進   3  総合   1

福島東稜 キャリア 2  看護 1 食物文化 1

聖光学院 進学  4  情電 2 機械 2  電気 1

 

【高校部】

秋田大学   理工学部

福島大学   人文社会学部 経済経営学類

白鷗大学   法学部

白鷗大学   経営学部

神奈川大学  経済学部

 

※講習会のみ受講した生徒および新教研テストのみ受験した生徒は含みません

※大学入試と私立高校の人数には合格者数のすべてを含みます

なお、過去の結果は以下のリンクを参照ください。

平成31年度入試結果

平成30年度入試結果

休校中の勉強法6

おはようございます。

今日は合格発表です。

お昼から県教委のHPで確認ができます。

発表の時は混雑が予想されますので、

事前にブックマークをしておくことを

お勧めします。

 

さて、休校中の勉強法も6回目となりました。

福島県の多くの小中高校は、

まだまだ休校を続けています。

他県では、再開予定の地域もありますが、

佐賀では感染者が出たことで

休校の再開を中止に。

依然として出口が見えません。

それだけに家庭での過ごし方が問われます。

塾でも、早期再開の要望が聞かれます。

私としても、早くみんなに会いたいのですが、

今しばらくお待ちください。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

今日は実技4教科と行きましょう。

主要5教科の勉強は大事ですが、

実技4教科のほうはどうでしょうか。

入試に関係ないから、と

手を付けていない人がほとんどだと思います。

ですが、美術や音楽、技術家庭、保健体育こそ、

実生活を豊かにしてくれる教科だと思うのです。

 

①図画工作、美術

何かを作り上げることに没頭する時間は

楽しいものです。

今学童ではペーパークラフトにはまっていますが、

その他にも、

トレースできる紙を使って、

サインペンで点描をしてみたり、

静物を描いてみたり、

ちぎり絵なんかも面白いですよね。

世界の名画を模写する、なんていうのも

楽しそうです。

 

②音楽

あるピアノの先生は

「音楽は心のビタミン」とお話しされていました。

音楽があることで

生活に潤いが与えられます。

クラッシックに触れてみるのもいいですね。

個人的にはビバルディの冬が好きですが、

クラッシックを聞きながら

どんな場面で聞きたいかを

考えてみるのも面白いですよ。

普段聞いている音楽の

詞に着目してみるのもアリですよね。

不思議な言い回しを見つけてみたり、

英語の歌詞を日本語にしてみたり。

ワンオクロックあたりは

聞きやすいし、訳してみると面白いと思います。

 

③技術家庭

技術家庭こそ、

この期間中にやっていただきたいことです。

掃除洗濯に炊事といった

家事労働を毎日やり続けることで

生活する力が付きます。

最初は失敗することもあるでしょうけど、

それも学びです。

家事労働ができる、ということ以外に

マネジメント力がついてくれればと思います。

洗濯をしている間に、

掃除をしよう、とか。

おかずを作っている間に

炊飯をすればよかった、とか。

やってみなければ、

分からないことだらけです。

 

④保健体育

どちらかといえば保健ですよね。

感染症予防には何が有効か

科学的な知見、

そして非科学的なデマを

見分ける目を身に付けてほしいです。

 

体験をするということが、

何よりも学びになると考えています。

教科の学習というよりは、

お手伝いの感覚、

楽しむ感覚から、

実技教科に触れてみてはいかがでしょう。

 

休校中の勉強法5

昨日もお問い合わせをいただきました。

ありがとうございます!

また学童の入所へもお申込みいただきました。

ありがとうございます!

手指用消毒液がそろそろ底をつくなぁ。

まだ手に入るのは先かなぁ。

と考えていたら友人から電話が。

「消毒液、手に入ったから

子ども達いるとこ優先で回すよ」と。

ありがとうございます!

感謝しきれない一日でした。

さて、勉強法も5回目です。

テキストを使った勉強、

図鑑や資料を使った勉強、

暗記もして、

体も使って、

今日は読書をお勧めします。

 

ゆっくり読書ができる、なんて

贅沢な時間です。

まともに一冊の本も読んだことがない人も

いるかもしれませんね。

短編でも構いません。

読み進めていってほしいと思います。

 

何か1冊と言われると、

困ってしましますが、

興味に従って手に取ってほしいと思います。

たとえば、

①ドラマ化や映画化された小説を読んでみる

ハリーポッター

プリンセストヨトミ

 

②偉人などの伝記を読んでみる

歴史上の人物や科学者

スポーツ選手や芸能人の本

 

③雑学や歴史、科学の本

物語よりも勉強になる本が多い

 

④入試問題に出題された本

原田マハやあさのあつこ

宮下奈緒、まはら三桃あたりはどうでしょう。

 

学年や興味によって

一人ひとりお勧めしたい本は違います。

ですが、本は出会いの妙。

手に取った一冊が

最良の出会いになるかもしれません。

 

勉強法で分からないことがあれば

ご質問ください。

2 / 15312345...102030...最後 »

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ