〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

新教研7月号

曇り空の福島伊達

 

今日は新教研7月号を実施しております。

いよいよ、受験が始まったと

実感するところです。

現段階での力を測るためのテスト、

まだまだ実力不足もあるはずです。

志望校と実力の差を埋めるために、

己を知るところから始めましょう。

 

自己採点までするので、

15時あたりに終了となります。

力による現状変更は

また暑い福島伊達

午前中は涼やかだったのに、

午後から日が差して

暑くなってきました。

さて、暴力、とはまさにこのことか。

首相経験者が凶弾に倒れるとは。

主義主張の違いがあっても、

話し合いで解決を図るのが

民主主義のはず。

 

自分の意に添わねば

暴力もいとわない、

そんな前時代的な蛮行が

またも繰り返されるとは。

 

右だろうが左だろうが中道だろうが、

暴力によって世の中を変えようなんてのは、

まともなもんじゃない。

ただ、

暴力がまかり通ることを許せば

それこそ動物の世界にも劣る世の中です。

 

小中学生もすでにこの報道を知ってました。

子どもたちには

この出来事がどのように映っているのでしょうか。

力による現状変更は

この国にもある。

他人の努力を笑うな

曇り空の福島伊達

なんだか雨が降りそうな空模様です。

涼しいのはありがたいんですが、

大雨は心配されます。

 

さて、某就職サイトが炎上しております。

Fラン大学の特集やら、

底辺職業と銘打った職種の紹介やら、

どうして、こんなくだらない記事が書けるのか、

公表に至ることができるのか、

ライターの人間性と企業の理念に

差別意識があるのではないかと

疑問を持ってしまいます。

現に、広告協賛企業も撤退を決めるなど

影響は小さくないようです。

高度な学びを必要とする仕事は

素晴らしいと思います。

ですが、汗水流して働く仕事も

尊い仕事であると思います。

全ての仕事が補い合って

社会を支えているわけで、

それこそ、貴賎はないものです。

 

大学のランキングとて、

大学に入る目安として偏差値が活用されますが、

一発勝負の入試では

うまくいくことも、そうではないことも

きっとあるでしょう。

また、様々な理由で

選べる大学に制限がある場合だってあります。

難関と言われる大学に入学するための努力は

素晴らしいものであったと思いますが、

学歴で測れる能力は一端であり、

人間性とは別問題です。

大事なのは与えられた環境で、

自分の学びを深めることです。

 

高校入試でも偏差値は活用されます。

偏差値が高いから素晴らしく、

偏差値が低いからダメだ、といった価値観で

塾生に接したくはありません。

それぞれの子が、

それぞれに必要な努力をして、

目指す高校に入るための力を

自分で身につけてほしいのです。

勉強が得意な子が

さらに深い学びに挑戦してくれたら、

勉強が苦手な子が、

今までにない伸びを見せてくれたら、

どちらも勉強してよかったと経験してくれるはずです。

そして、

学びの経験はその先の人生の自信になります。

 

部活動でも

それぞれの目標があって、

上手になりたい、だって

レギュラーになりたい、だって、

1回戦突破だって、

優勝したい、だって

それぞれの努力は尊いはずです。

 

子どもたちには

他人の努力を笑うような人間には

なってほしくないと願うばかりです。

 

志事すんぞ!

 

 

 

最後の夏は誰のもの

涼しい福島伊達

雨が降ったおかげか、

過ごしやすいですね。

ありがたいことです。

さて、コロナの感染者がまた増えてきました。

第七波の到来とも考えられています。

あまり増えていかないといいのですが。

今週末から高校野球が始まります。

何とか試合ができることを望んでいます。

球児にとっては最後の夏、

3年間の集大成ですから、

せめて、

全身全霊で試合をしてほしいのです。

 

ただ、最後の夏という気持ちは、

高校球児にだけあるものではありません。

スタンドで球児を鼓舞する、

応援団やブラスバンドにとっても

最後の夏、なのです。

 

野球ができる、

それはそれで喜ばしいことです。

ですが、

応援団は、

声を出すことができないかもしれません。

ブラスバンドは、

音を出せないかもしれません。

同じ3年間を

同じゴールを目指してきた

応援団、ブラスバンドは

最後の舞台に立つことを許されないのでしょうか。

 

どうか、主催者の皆様には

野球文化とともにある

応援団、ブラスバンド、チアリーダーにも

最後の夏を与えていただけないでしょうか。

 

応援団やブラバンは

3年間、夏の応援の機会が与えらていません。

応援歌講習も、春の大会も、

野球の試合が行われても、

応援団は、できていません。

どうか、ご一考を。

現役の団員が不憫でなりません。

自学ノートを見てみると

突然の雨が降った福島伊達

季節柄、この時間帯に

強い雨が降りやすくなっていますね。

空梅雨でしたので、

恵みの雨となりそうです。

さて、テストが終わっても、

学校では漢字や単語のテストがあります。

小テストと馬鹿にせず、

常に満点を目指してほしいところです。

満点を取るためには

自学の質を上げていくことが

求められるのですが、

自学のノートを見ると、

質の善し悪しが分かります。

 

たとえば、

漢字読み書き100問のテストがあるとして、

自学のノートに

問題番号、問題、下線やかっこ、あたりを

きれいにすべて書いている子がいます。

間違えた問題は

赤や青で書き直されていて、

丁寧に青で丸が付けてある。

こういう自学のノートをとる子は、

まじめですが、

質が高いとは言えません。

 

一見すると、

”ちゃんと”勉強しているように見えます。

ですが、

出来るようになるという視点に欠けているからです。

ページ数はかさみますが、

問題数を数えてみると、

意外と少ないのです。

 

効率よく勉強する人は、

問題番号は最低限だけ、

解答が聞かれている部分だけ書く、

出来なかった所に印をつける、

間違えを練習し、

再テストをする。

隙間はあまりなく、

びっしりと書き込まれ

色はあまりない傾向にあります。

1ページのノートでも、

100問、200問、と

問題数がたくさんこなされています。

 

最終的に、出来たら終わり、

できるまでやる、

出来たものを速くやる、

そういった視点で自学ノートを使っています。

 

今一度自学のノートを見返して

できるためのノートになっているか

考えてみてください。

自分よりも、勉強ができる人のノートを

見せてもらうと参考になるはずです。

 

志事すんぞ!

週末雑感

真夏日の福島伊達

猛暑日は脱したため、

ちょっと涼しいんじゃね?と

勘違いしてしましますが、

しっかり暑いです。

水分補給をお忘れなく。

さて、土日はお休み、少し仕事で過ごしました。

週末の雑感を。

①久しぶりのイベント参加

午前中の設営と開催準備でしたが、

他人の運営を見て、、、、

自分に活かそうと思います。

仲間と過ごす時間、旧知の仲間に会えたこと、

プライスレス。

②テスト対策

テストがあるのは数名ですが、

テストがないのに自学に来る塾生。

Goodです。

③節電対策なるもの

節電するとポイントがもらえるらしいけど、

電気料金が上がれば、自然と節電する。

暑さ対策は役場や公民館などの

公共施設を開放するなどできるのでは?

④電波障害

電波障害によって連絡が取れない方が出る。

電波インフラは生活必需品だわ。

コンサートの電子チケットとか

見られない人が出るのかわいそう。

アナログの良さもあるんだな。

⑤選挙の世論調査

仕事中に世論調査の電話があった。

今回、2度目。

政府与党系が過半数を取ると予想されているが、

固定電話を持つ層って、

年寄りが多いからではないか。

インスタやtiktokでやったら、

まったく違う結果になりそうだが。

⑥家事労働

週末の家事は自分が担当。

洗濯3回転。乾くの速い。

⑦読書

草彅剛が主演した「MIDNIGHT SWAN」

見れてないけど、気になっていました。

そこで、内田英治の小説読了。

LGBTQ、自分は全然理解できていない。

課題は多いし、差別解消にはまだまだ遠い。

⑧物価高

1週間分の食料品の買い出し。

こんなに食費高かったっけ?

あれもこれも値上がりしてる。

⑨選挙特番が見たい

選挙当日の特番よりも、

その前に投票行動に寄与するような

選挙特番をやってほしいな。

 

今週も志事すんぞ!

二人の自分

今日も暑い福島伊達

午前中、岳温泉に行ってきました。

イベントのお手伝いで、

久々に商工会青年部で男串を販売。

2年間イベントしなかっただけで、

手際が悪い悪い。

今日はお休みなのですが、

テスト前ということで開放中です。

さて、授業の始まりに小テストを実施していますが

スピードも正答率もばっちりの子もいれば、

遅いし、当たりもしない子もいます。

その違いは

前回の授業の後に、どんな時間を過ごしてきたか、

その差でしかありません。

テストが終わった後に、

「二人の自分」の話をします。

 

一人目の自分は

理想的に過ごしてきた自分、です。

出された課題をやるだけでなく、

出来るようになるまで繰り返し、

次の授業に臨んだ自分。

もう一人の自分は

何もしてこなかった自分、です。

課題をやらずに、

復習すらせず、

授業だから体を塾に移動させただけの自分。

たった1週間ですが、

かなりの差がついているはずです。

これを、数回繰り返すだけで、

まったく違う二人の自分になっているはずです。

 

何もしない自分、というのもなかなか難しいですが

理想的に過ごす自分、も簡単ではありません。

理想的でありたいと誰しも望んでいます。

ですが、出来ない人が多い。

だったら100%とはいかなくても、

近づく努力をすることから

始めてみてください。

0でさえなければ、

変わっていくはずですから。

 

1週間後が楽しみです。

志事すんぞ!

満員御礼

酷暑の福島伊達

朝から暑いです。

外に出たくないです。

まぁ、来週は雨も降るようなので

水不足も解消できるでしょうか。

ん?梅雨ってあけたんだよね。

さて、5年目を迎えました、

はくうんかん児童クラブ。

地域の公設学童が定員を超えてしまったため

受け入れられないという課題を知り、

私どもの強みである学習に特化し、

勉強する学童を目指し、開所いたしました。

このたび、ようやく

定員数に至り、満員御礼と相成りました。

利用していただいているご家庭、

日々指導にあたる指導員、

皆々様に感謝申し上げます。

 

開設にあたり

経営革新計画を立てて、

知事からの承認を受けた事業です。

「学童保育」に「教育」を組み込む

「学童教育」を目指しています。

ですが、

最初から集まったわけではありません。

1人、たった1人、からのスタートでした。

5年かけて、ようやく定員に至り、

ほっとするところです。

 

いや、ほっとしちゃダメですよね。

これからです。

地域のご家庭からの期待に応えなくちゃです。

安心して預けられる環境を守ること

毎日の学習を通して基礎学力の定着を図ること

それぞれの学習課題に応じて能力を伸ばすこと

がんばるべ

 

志事すんぞ!

7月のお知らせ 新教研 夏期講習

新教研もぎテスト(7月号)

7月9日(土) 8:50~15:30

中3受験生対象

会場 志学白雲館 各校舎

制服・マスク着用、弁当持参

体調が悪い場合は参加をご遠慮ください

 

夏期講習会

7月21日(木)から8月8日(月)に

夏期講習会を実施します。

詳細なお知らせは塾生を通してお配りしました。

塾外生の募集もいたします。

詳しくはお問い合わせください。

保原校 中3は定員となりました。

 

 

体験授業受付中

「みんな勉強してるのに、うちの子は、、、」

「塾を検討しているけど、合わなかったらどうしよう」

塾選びで迷っている場合は、ぜひ体験授業を受講してみてください。

外から見えない塾の雰囲気を実際に感じていただければと思います。

(クラスによっては満席のクラスもありますので、

体験をお断りする場合がございます。)

詳しくは志学白雲館まで、お問い合わせください

梁川校 福島信用金庫梁川支店向かい

福島県伊達市梁川町中町42-3

024-577-2292

保原校 福島民友サービスセンター2F

福島県伊達市保原町1丁目14

024-572-4355

振り返り

猛暑日なるか福島伊達

すでに34度ほどあるようです。

今日は外に出たくないですね。

 

さて、今日は6月30日。

半年がたちました。

早いですね。あっという間です。

新たな学年がはじまって3ヶ月です。

そろそろ振り返りの時期となります。

テストの結果が良くなかった、という人は、

そもそも勉強する時間は十分に取れているのか。

取れていないとすれば、

何を削ることが自分のためになるのか。

勉強の質の面では、

1回1回の学習を出来るまでやれていたか。

そのあと、繰り返すことができていたか。

省みてください。

 

テストの結果が順調だった、という人は、

忘れている単元はないか。

次のテストのために

何をするのが効果的か。

今以上の伸びを図るために、

他の人はしないけど自分だけはしようと思う

取り組みは何か。

作戦を立ててください。

 

どちらにせよ、

結局は実践することです。

実行に移すことです。

知行合一です。

 

だいたい、悪いことも分かっているし、

やった方がいいことも分かっているはずです。

ただ、人間、なかなかそれができない。

だから、実践、実行した人だけが

変われるんです。

 

あなたならきっとできますよ。

志事すんぞ!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ