〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

志学白雲館 10年目スタート

桜が満開の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

 

更新がご無沙汰しておりました。

31日は恒例のスケート教室。

大型バスを借りて

郡山市の磐梯熱海アイスアリーナへ。

毎年、始めて滑る子もいるのですが、

終わる頃には、滑れちゃうんだから

若い子の吸収力には驚かされます。

 

1日は日曜でお休み。

今年度から、日曜祝祭日は

出来るだけお休みにしようと考えています。

ご協力のほどよろしくお願いします。

2日から新年度スタート。

志学白雲館の10年目がスタートしました。

10年か。早いもんだなぁ。

志学白雲館を立ち上げて、

梁川町中町に移転して、

保原校ができて、

いろいろあった9年間。

今年も、そしてこれからも、

新しい白雲館にならないと。

そして

いつでも塾生が戻って来れるように、

頑張り続けないと。

 

今年度もよろしくお願いいたします!

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

新教研3月号 ライバルは見えない

開花宣言福島伊達。

代表渡邉が更新です。

福島市は信夫山に桜の標本木があります。

護国神社の駐車場になるあたり。

福島のまちなみが眺められるところに

標本木があって

気象台の方が観測するそうです。

私は桜が好きです。

母校の校章にもあしらわれていますが、

一年に一度、その美しさに身を包む桜。

冬の寒さに耐え、

春の喜びに花開く受験生のような桜が。

 

さて、今日は新教研テスト3月号です。

志学白雲館では中3受験生だけでなく、

中1、中2にも年に3回受けてもらっています。

 

「受験生でもないのに受けなければならないんですか?」

とご質問を受けました。

お答えします。

受けてください!

 

中学校でも定期テストが行われます。

そこでは単元ごとの理解を確かめるわけですが、

それだけでは入試の勉強にはならないのです。

なぜなら、

入試はもっと広い範囲で出題されます。

すでにならった範囲からも

当然出るわけですから、

単元別のテストで、その時よかったからといって

十分とは言えないのです。

 

また、校内の順位がいいからといって

安心してほしくないのです。

例え上位に位置していても、

必ずしも福島県の入試を受ける受験生の

上位にいるとは限りません。

校内順位の上位25%にいても

新教研を見てみると、

県の平均50%のところにいることも。

ライバルは見えないところにいるのです。

自分の実力を確かめ、

弱点を見つける新教研。

中1・中2から是非受けてください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

明日は新教研だよ

そろそろ開花か福島伊達。

代表渡邉が更新です。

明日は新教研の3月号を実施します。

8時50分集合

3時頃までかかります。

なお、そのあとは開きませんので、

ご注意ください。

31日は恒例のスケート体験です。

今までやったことの無いことをやってみる、

大事なことだと思います。

やったことないからやらない、では

何もできません。

 

難しいかもしれないけど、挑戦してみる。

やってみてら、意外とできた。

楽しかった。

できると思ったけど、なかなかできなかった。

もう一回やってみよう。

そんな気持ちになってほしいです。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

春休みだもの

25度だぞ福島伊達。

代表渡邉が更新です。

あつい。それにしても暑い。

今日はスタートから保原校にいたので、

掃除三昧。

いろいろ掃除道具を買って、

普段できないところを

こまごまと。

終わる頃には、汗が滴ってきちゃいました。

そのぶん、気にはなっていたけど、

なかなか日常の清掃では手が出せないところを

すっきりさせることができて、

気持ちいいです。

 

さて、気付いてはいるけど普段できないところを

そのままにしてませんか?

掃除じゃなくて、勉強のお話。

基本的には、みんなまじめだから、

毎回の授業、宿題はきっちりやっている、

と思っています。

そして、以前の自分よりは、

点数も取れるようになっているはず。

大いに結構なことです。

 

でも、3ヶ月前の勉強を、

まだ覚えてますか?

半年前は?

一年前は?

意識的に復習をしなければ、

前はできていたのに、

できなくなっていることがありますよ。

 

また、普段の勉強の中で、

気付いているのに、

放置している部分もあるよね。

都道府県がうろ覚え、

理科の原子記号がなんとなく、

英単語や漢字ができない、

少数や分数の計算でミスする、

ちょっとした部分かもしれないけど、

一度しっかりやれば、

レベル上がるのに、、、

ってところ。

 

せっかくの春休みです。

気付いているけど普段できないところ

一気にやってみませんか?

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

勉強は娯楽、です

今日も暖か福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今日、天気がいいのでお散歩してたら、

ベンチに落し物が。

携帯電話!?

とりあえず、管理事務所に届けてきましたが、

無くした方の手元に届くといいな。

 

さて、勉強ってやらなければならないもの、ですか?

 

当たり前じゃん!だからやってるんでしょ。

って言いたくなるかもしれませんが、

やらなければならないもの、では無いと思うのです。

家事や育児、仕事のように

やらないと生活が困るものがあります。

今すぐ困ってしまいます。

料理をしなければ、ご飯が食べられません。

仕事をしなければ、料理の材料も買えません。

 

じゃ、勉強は?

生活が困るというわけではないですよね。

目先のことで言うと

家族に叱られる、とか

テストで点数が取れない、とか

そんなものですよね。

やらなくてもいいこと、と言えてしまいます。

わたしは勉強は娯楽の一部だと思うのです。

人生を豊かにする娯楽。

音楽も美術も、

ゲームもマンガも、

心を豊かにしてくれます。

勉強もその一つ。

しかも!

自分の能力を高めて、

世界を広げることができる

有益な娯楽、といえます。

 

やらなくてもいいこと、の中でも、

やったほうがいいもの、となるかな。

時間は有限です。

決まった時間しかないのです。

やらなければならないもの、は当然ですが、

残りの時間を何に使うか、によって

人生が変わると思うのです。

やらなくてもいいもの、だけに時間を浪費するのか、

やったほうがいいもの、に時間を投資するのか。

 

ワクワクする未来が見えるのは

どっち?

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

進度の遅れは大問題の始まり

20度超えの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今日は齋藤君とミーティング。

お昼はいつもの、、、

と思ったら貸切orz

ということでちょっと足を伸ばして、

お隣桑折町へ。

おじのSNSで気になっていた「力餅」さん。

もちの入った「力ラーメン」を。

お蕎麦屋さんなので、

カツオのきいたお出汁のスープ。

麺は細ちぢれ。

そこに柔らかいお餅がイン!

うまかった。

あんこもちとかもあるのね。

今度いってみよ。

帰りに諏訪神社に参詣して

軽く散歩。

充実の午前中でした。

 

さて、春の講習も3日目ですが、

ようやく、やっと

今日から俺の出番です。

新教研の範囲を見て、

予習をしながら思ったのは、、、

”あれ?中学校ここまでやってないんじゃね?”

 

新教研テストは、指導要領にある進度をもとに

作られています。

2年生のうちに終わるべき範囲があるわけです。

ですが、あれ?

終わってない。

中2から中3へ持ち上がる先生の場合

「来年度やればいっか」位にお考えなのかもしれません。

 

でも、これって大問題の始まりかもしれませんよ。

今遅れているということは、

最後まで遅れを取り戻せない可能性が

大いにあるわけです。

でも、高校入試は待ってくれません。

1月2月3月と、生徒の理解を無視して

教科書読むだけの授業が進められることがしばしば、

いや、結構あります。

 

学校の先生だけが悪いとは思ってません。

授業時間が足りないのに、

学校行事は入ってくる。

学級閉鎖だ休校だ、思いがけないこともあります。

 

塾生には、

”学校を頼らず、自分でも進めよう”と伝えています。

教科書を読むこと

資料集や地図帳と見比べる事は

何も学校でなくてもできますから。

更に問題集を進めて暗記をすることは、

一人の方がやりやすいかもしれません。

 

講習会では、外部の模試である

新教研の範囲を基準にしています。

それが他の中学校の進度であり、

他の同学年がすでに知っている、できる範囲だからです。

 

最初は大変かもしれませんが、

なに、いつか行く道。

大丈夫!

予習だと思って頑張りましょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

”タダ”には”タダ”ならぬ理由があるのです

昼間はあったかい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今日から、月謝袋を配付しております。

4月分月謝とともに、

年間教材費の納入もお願いしております。

よろしくお願いいたします。

 

さて、昨日から春の講習が始まりました。

3学期のまとめ、を目的にしています。

塾生、一般生ともに費用を頂戴しております。

「他の所はタダらしいよ~」と

心配してくれる塾生がおりましたが、

タダにできる所はタダにできる理由があるんです。

 

この時期、塾業界は入塾にむけて

いろんなキャンペーンをします。

大手になれば、え?そんなに?と思うほどの

割引があります。

でも、それにはできるだけの理由があるからです。

 

”損して得とれ”のことわざのように

後から、別な形で取ることができるからこそ

”タダ”にしているのです。

仙台では、A塾が割引、B塾はもっと割引、C塾はさらに、

と不毛な競争が起こり、

小さな塾は競争についていけず、

閉校するといったことも。

そうして、残った大きな塾は

地域を独占、今までの割引分を取り返すべく

高い月謝に変更する、、、。

 

企業の成長でいえば、

素晴らしい手法かもしれませんが、

地域の教育や生活を考えれば、

疑問符が付きます。

それこそ

”タダ”より高いものはない、という

ことわざが浮かんでしまいます。

 

”タダ”だから選ばれる塾ではなく

志学白雲館に来たい、行かせたい、と

言っていただけるように

精進しないと、と

襟を正して、

がんばります。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

甲子園に行く進学校、静岡高校

天気がよかった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

伊達市の霊山町に道の駅ができました。

今日はオープニングということで、

たくさんの人が押し寄せたとか。

伊達市の観光の目玉になってくれればいいなぁ。

 

さて、今日から春休みです。

白雲館では特別時間割と、春の講習となっています。

小学生は今日と明日です。

中学生は、校舎・クラスによって

来る時間曜日が変わっていますのでご注意ください。

 

春休みに入ると、春の選抜が気になって仕方ないのですが、

今日は注目校が出てきました。

静岡代表の静岡高校です。

選手に豪腕やスラッガーがいるということではなく、

甲子園に選ばれる高校でありながら、

公立の進学校であるというところです。

甲子園に行くだけでも大変なのに、

静岡高校で野球をするためには勉強もできなくてはならない!

これは結構大変なハードルです。

でも、

今日プレーをしていた選手は

それを乗り越えてきているのですから、

応援したくなります。

 

一事に徹する、ことも素晴らしいと思います。

でも、文武ともに一流であろうと努めることも

素晴らしいと感じます。

わたしは頑張る人が好きで、

応援したくなるんだな、と

改めて思いました。

 

教室では、三学期の復習に励む塾生たちがいます。

頑張って自分史上最高を目指してね。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

国立大学に行ける高校、行けない高校

風が強い福島伊達。

代表渡邉が更新です。

春の選抜が始まりましたね。

伊達市としては、聖光学院を応援したくなります。

取って取られてしましたが、

1回戦を突破。

次も頑張って欲しいですね!

 

さて、今朝の新聞を見てみると、

福島県内各高校の大学合格者数が報じられていました。

主な大学への合格者数、ですので

他の高校でも、合格者はいると思われますが、

国立大学に進学できる高校がはっきりわかります。

高校に行けば、大学に行ける

勘違いされている方もいるかと思いますが、

高校によって行ける大学、行けない大学が変わってきます。

東京大学、京都大学、医学に行ける高校

旧帝国大学はじめ難関国立に行ける高校

国立大学に受験をしていける高校

推薦をもらわないと国立大学にいけない高校

国立大学にはいけない高校

それぞれあるのです。

 

自分の進路を考えた高校選択のためにも

どういった大学に進学しているか

情報を気にして見ていってください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

公務員の副業、ありだな

雨が冷たい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨日は雪が降りましたね。

タイヤ交換はまだ先のようです。

 

さて、先日、伊達市の職員さんの送別会がありました。

国の機関から伊達市のために来てくれた職員さん。

本当にお世話になりました。

いや、これから国に帰っても

伊達市のことを、地方のことを

想った政策を打ち出してくれるものと

信じております。

 

その、会の中で、市の職員さんや

市議会議員さんや、民間の経営者さんや、

農家さんとたくさん話すことができました。

みんないろいろ考えてるんだな、と感じることばかり。

中でも

公務員に副業を認める条例を作る、というアイデアを

話していた方がいました。

有りですよね。

副業を認めようと、公的機関が考えているんだから、

率先して市役所職員がするのはいいことだと思うのです。

有償ボランティアのような

市のためになる仕事であれば、

認めやすいのではないでしょうか。

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ