〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 渡邉巖

ふれあい学校

雨から晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今日は、ふれあい学校のイベントがありました。

保原町商工会青年部と

伊達市商工会青年部の

小学生対象の広域連携事業です。

法人会様のご協力をいただき

実施することができました。

子どもたちと、綱引きをしたり

鬼ごっこをしたり、

そば打ち体験をしたり

いろいろなことをすることができました。

子どものうちに、

さまざまな体験をさせることは、

能力を高めるうえで大変有効です。

机にしがみついた勉強もありますが、

自分の体を通して学ぶことには、

また別の真実があるからです。

 

遊びを通して

やってみる、失敗する、

考える、成功する、

というサイクルを

身につけることは

単に答えを知っているのとは違います。

答えのない問題に対して

自分の力で乗り越える素地になります。

 

普段塾の中だけではできない

面白い発見をすることができました。

また来年もあるようですので、

ぜひ参加してください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

国語辞典との付き合い方③

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

日に日に寒くなってきました。

帰る頃には、すっかり寒く

シャツ一枚では風邪を引きそうです。

それでも、子どもたちがいる時間は

暖かいもので、

エネルギーの強さを感じますね。

 

さて、2回ほど、国語辞典について

お話させていただきました。

国語辞典で体験的に学ぶ意義、

そして、

スマホを使った検索が

学齢期にそぐわない理由を

ご理解いただけたと思います。

 

今日は、どんな国語辞典がいいか、

買いかえ時はいつか、について。

具体的な商品名は避けますが

購入の際、見るべきポイントをご紹介します。

 

見やすさ!読みやすさ!理解しやすさ!重視

語彙量に目がいきがちですが、

もともと調べる言葉自体は難しいものではなく

基本となる言葉ばかりです。

量よりも、理解しやすいかどうかに

重きを置いてください。

文字の大きさや色使いは見やすいか。

ルビが適切に降ってあって読みやすいか。

文章は理解しやすいか。

挿絵や例文は理解しやすいか。

子どもの普段の読書量に応じて

これらは変わってきます。

 

次に買い替え時ですが、

学年というよりは、

調べたい言葉が調べられなくなったら

買い替え時です。

この時も上のポイントを守ってください。

買い換えたからといって

古い辞典を捨てないで下さい。

そこは両方使うと

見比べられて面白いです。

 

また、辞書を買うときには

お子さんに選ばせて上げてください。

きっと学習意欲がわきますよ。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

国語辞典との付き合い方②

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

自民党総裁選は安倍首相が3選を決めました。

圧勝が予想されていましたが

石破候補が予想を上回り取ってましたね。

報道では「地方の反乱」なんて言われてましたが、

それだけギャップがあるということでしょうか。

 

さて、昨日に引き続き

国語辞典についてのお話となります。

国語辞典は調べ学習の基本。

五十音表を体験的に身につけることで、

理科や社会の用語索引も調べやすくなります。

また英語のアルファベットの順番から意味を調べる

英和辞典の仕組みも理解しやすくなります。

そういったことを昨日はお話しましたが

それでも

「英和辞典だろうが、理科社会だろうが、

スマホや電子辞書でいいじゃん」

と頑なに反論されそうです。

 

大人はそれでもいいと思ってます。

高校生は電子辞書も有用です。

ですが、

小中学生にはやはりオススメしません。

理由は「理解できないから」です。

せっかく辞書を引いても

子ども自身が理解できない辞書では

無意味だからです。

 

例えば「自然」という言葉がありますが、

それぞれの辞書によって

説明が異なります。

 

小学館「学習国語辞典」では

”①山、川、草、木など、人が作ったものでないもの”

”②ありのままのようす”

とあります。

しかもルビが振ってあります。

 

一方、同じ小学館でも「現代国語例解辞典」では

”①山、川、海、草木、動物、天候など、

人の手が加わらずに存在する物や現象”

”②Aひとりでになるさま。おのずから

Bわざとらしくないさま”

となります。

 

「学習国語辞典」は小学生が対象。

「現代国語例解辞典」は中高生対象。

対象が違えば、

説明の仕方が変わるのです。

ではweb上ではどうでしょう。

weblio辞書 自然」には

たくさんの辞書が掲載されていますが

その中の一番上部の三省堂「大辞林」によりますと、、、

ここに書ききれないくらいの説明が書いてあります。

大人であれば、理解できますが、

小学生では、難しいです。

スマホを使って検索できても

「理解できない」んです。

ですので、オススメしません。

 

お子様の言葉の力にあった辞書を

ぜひお手元においてください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

 

国語辞典との付き合い方①

快晴の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨日は食育プロジェクトメンバーと

打合せ。

8月はそれぞれの所属団体や仕事の都合から

イベントをせず、

サツマイモちゃんの生育を見守っていましたが

そろそろ、いよいよ、

収穫です。ハーベスト!

初めての土いじり。

感慨深いです。楽しみでなりません。

子どもたちにとっては

もっともっと思うところがあるんだろうな。

 

さて、小学生の国語、学童、中学生の国語に

欠かせないのが、国語辞典です。

ご家庭に国語辞典、ありますか?

何冊ありますか?

「1冊じゃだめなの?」

「スマホで調べればいいじゃん」

と言われてしまいそうですが

それ、国語力が伸びないかもしれません。

国語辞典はご存知の通り

言葉が五十音順に並んでいます。

大人ならば、五十音表が頭にあり、

すぐに調べられますが、

子どもの頭の中には、

そもそも五十音表がありません。

辞典で調べることを通して、

五十音表を体験的につかんでいくことができます。

 

スマホで調べれば、簡単に見つかるかも知れませんが

その簡単さが曲者です。

五十音表の仕組みが分からない、身についていなければ

調べ学習に要らぬ時間を割くことになります。

また、理科や社会の索引もしづらくなります。

さらに、英和辞典、和英辞典の仕組みも同じですから

英語学習にも波及します。

調べ方の基本を身につけるためにも、

国語辞典が引けるかどうかは

基礎基本になります。

勉強とは新たな知識を身につけることであるならば

単語や語彙を調べる時間は

短いほうがいいわけです。

辞書に触れる回数が多ければ多いほど

知識が増えることになります。

 

それでも

「英和辞典だろうが、理科社会だろうが、

スマホや電子辞書でいいじゃん」

と頑なに反論されそうですが、

大人はそれでもいいと思ってます。

高校生は電子辞書も有用です。

ですが、

小中学生にはやはりオススメしません。

 

その理由は明日にしましょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

北海道松前町に行ってみた

晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

週末、北海道の松前町に行ってきました。

伊達市梁川町と姉妹提携都市となっていて、

毎年梁川に来ていただいているご縁から、

商工会青年部員間でも交流を図ろうということになり

松前町の「まぐろ祭り」にあわせて

行ってきました。

ご存知の通り、

北海道でおきた大地震の影響が心配されましたが

松前町では大きな被害がなく、

電気の復旧も早かったため、

お祭りおこなうう運びとなりました。

ただ、道内ではまだ被害地域もあり、

本州からの観光客が減っているため、

集客が懸念されたようですが、

最多人数の動員となったもよう。

伊達市から持って行った、

名産品や果物も、お昼過ぎには完売。

ありがたいことです。

 

あちらの青年部員とも、交流をすることができました。

青年部がイカを使った饅頭を販売していましたが、

その開発の経緯などを学ばせてもらったり、

祭りで使用する、テントやいすなど、

入手選定の経緯も面白かったです。

「青年部員が集まればできないことはないから」と

お話されていましたが、

どこの青年部員も頼もしいなぁ、と感じました。

 

松前町は江戸時代から栄えていたこともあり、

お城があり城下町としても風情を残していました。

歴史を生かした街づくりという観点からも

大変参考になりました。

次は書道家金子鴎亭の作品も見てみたいですね。

5月のGWにはさくら祭りも行なわれるとか。

ぜひ行ってみたいです。

 

さて、今日からテスト対策です。

すでに、提出物が終わり、

塾への確認が進んでいる子もいます。

3連休を生かしてましたね。

どんどん進めましょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

【学童】 毎日の宿題から見えること

晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

梁川中では、テスト範囲が発表になりましたね。

この土日月、

もう一度言います、この土日月が、

分岐点になるでしょうね。

実はすでにテスト勉強をはじめている子がいます。

中1でも中2でも

テストの対策をはじめている子がいます。

勉強だけは、フライングありです。

先んずれば人を制す、です。

自分史上最高を目指して

がんばりましょ。

さて、学童の現場から。

学童保育と教育のハイブリッド

学童教育を目指す

はくうんかん児童クラブですが

毎日の宿題と自学を見ていて

気付くことがたくさんあります。

学年や習熟度によって

量やスピードが変わりますが、

おおむね60分から120分程度の勉強を

考えています。

宿題と自学をあわせたものですが、

クラブではしっかり勉強して、

ご家庭では家族の時間をとってほしいからです。

 

宿題を見ていると、

それまでの宿題のあらが見えてきます。

よく言うのは、

作業でしかない宿題、です。

作業でしかない宿題は、

何の意味もありません。

よくある宿題で

教科書に書いてある漢字をノートに写す、

なんてのがあります。

書けるようになることを意識する、

と思っている子よりも、

ノートに埋めればいいんだろ、ヒャッハー

と思っている子がほとんどではないでしょうか。

 

出来上がった宿題を見れば、

同じように見えますが、

頭の中身は違います。

片やしっかり覚えているのに、

片や何も覚えていないのです。

同じ時間をかけたとして、

意味のある時間になっていないのであれば

無駄であったわけです。

 

これが、積み重なっていったとしたら。

勉強をしているフリの習慣を

着実に身につけているとすれば。

大変心配です。

 

お子様の宿題、

無駄になっていませんか?

はくうんかん児童クラブでは、

宿題の成果を意識しながら

宿題自学の指導に当たっています。

 

暗記が得意な子、不得意な子

計算が速い子、遅い子

集中力が続く子、続かない子

それぞれの習熟度を考えます。

 

来月から説明会を開催します。

学童をお考えの方ご家庭

勉強にも力を入れたいご家庭

ご一考下さい。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

トラブルが起きたらシステムを見直そう

晴れ間も見える福島伊達。

代表渡邉が更新です。

ふるさと納税の返礼競争の過熱が

話題となっています。

伊達市も指導があったようですが

返礼品を見ても、

地場のものだし、換金もできないし。

総務省のHPを見ると

返礼割合3割超え、とあるけど

売価なのか、原価なのかによって

計算が変わってくるだろうなぁ。

事前に審査すればいいだけの話で、

要はシステムを改善すれば

解決しそうですけどね。

 

人が集まればトラブルはつき物です。

人数の多寡ではなく

悪意の有無とかも関係無しに

大小のトラブルは起きます。

だとすれば、

トラブルが起きないような

システム作りを図るべきだと思うのです。

例えば、塾であるのは

宿題に関するトラブル。

「家でやったんです、、、」と

言い訳をする人がいますが、

受け付けません。

宿題が未提出の場合、残ってやる。

それだけで解決です。

 

ばかも~ん

何で持ってこなかったんだ、

たるんどる!

と磯野波平ばりに怒ったとしても、

そうか、そういうこともあるよね、

といい人ぶっても、

塾生の成績が伸びることはないし、

だったら、やってなければやる、

と割り切ったシステムにすればいいだけです。

 

システムを作って実施するには、

影響を受ける人の意見を聞いて、

合意や説明も必要です。

宿題の意義、

宿題の量、

宿題の難しさ、

宿題の評価基準、

もろもろ、、、

 

ふるさと納税だろうが、

宿題だろうが、

問題の大小関係なく、

トラブルは起きます。

お家でもありますよね、

スマホやゲームの使い方とか

忘れ物とか、、、

起きたら起きたで、

感情論にならないシステム作りを図るのが

精神衛生上いいと思います。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

話を聴くと見えてくる新しい視点

晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

雨が降ってないぞ、

時間もある、

ってことで草むしり作戦実行。

梁川校の周辺に茂っていた

雑草を引っこ抜いてやりました。

ですが、慣れないので、

根っこを残して葉っぱだけ千切れるんですよね。

修行が必要です。

 

さて、昨日は商工会の会議でした。

農商工連携委員会の末席におりました。

商工会のネットワークを生かして

農業との連携を図る委員会です。

青年部長を務めていたときからの

新しい動きで、今も参画しています。

とはいえ、農業は門外漢。

一消費者ということで参加しています。

一連の報告があり、会長か意見を求められました。

素人丸出しの意見でしたが、

「若い人の意見は面白いね、そういうのがいいんだよ」

と、採ってもらえました。

 

自分たち世代はデジタルネイチャー、

つまりネット社会が普通に共存している世代です。

今までの物販の形だけでなく、

グローバルな販路がすでにあります。

また、物があふれている時代、

何らかの差別化がなければ

消費者の目にはとまりませんし、

手に持ってくれません。

だからこそ~が大事だと思います。

(~はここでは書きませんw)

みたいなことを話しました。

 

物怖じして話さなければ

そこにいないのと同じ。

いるからには

素人考えでも、

発言すれば新しい視点になりうるかもしれません。

 

塾も同じだと思いました。

自分ひとりの考えでは、

今後の白雲館はダメだと思うのです。

今すでに白雲館は自分ひとりでは

成り立ちません。

講師みんなの意見を聞いていけば、

よりよい方向に変化することができます。

大きなベクトルは

塾生の自己実現と地域貢献において、

その道筋や方法はいろいろあって良いと思っています。

むしろ、小さな塾ですから、

講師の先生方一人ひとりの個性を

生かせる場になりたいと思うのです。

いや、

していきます。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

いらぬ恐怖心と使える恐怖心

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨日はNTTのサービスについて

愚痴りましたが、

twitterにコメントをいただきました。

24時間フル稼働の工場では

保守管理のために契約しているとのこと。

必要なところには必要、ってことなんですよね。

ただ、自分のところの規模では、

自分のところのネット環境では、

必要ないということなんですよね。

月3000円が高いと感じる企業と

安いと感じる企業の差、でした。

 

さて、読書の秋ですね。

時間を見つけて本を読むようにしてますが、

今読んでる本の一冊は

小野不由美の「残穢」

映画化もされたものですが、

いやー怖い怖い。

当然映像や音はなく

字面だけですが、

目に浮かぶ情景、

聞こえてくる音、

生ぬるい感覚を

想像させます。

 

個人的には、ホラー物は好きではないのですが、

勧められたので読んでいます。

 

幽霊などをモチーフとした作品は

多々ありますが、

人間の恐怖心はどこから来るのでしょう。

生命の危機を感じるような場合、

間違えなく怖いですよね。

地震雷火事台風、といった災害もそうですし、

目の前に熊がいたら

そりゃ怖いです。

ですが、幽霊は生命の危機を感じるものではないはずです。

暗がりに”何かいる”のではないか、と

思っているだけですから。

おそらく何もいないんですよ。

ですが、怖く感じます。

 

疑心暗鬼という言葉がありますが、

想像による怖さなんですよね。

また、意味づけの怖さでもあります。

暗がりに何かいるのではないか、という

想像力。

人間ではない何かを創り上げているのです。

そして、そこに意味づけをしていきます。

この世に未練を残した人が、

成仏できず幽霊となる、みたいな

意味づけをしていくわけです。

物語を作るといってもいいです。

そんなの勝手に作り上げたものですから

いかようにもなりますよね。

いわば、無知であるがゆえに

恐怖を覚えるのです。

これはいらぬ恐怖心です。

 

娯楽として恐怖心を楽しむのは、

面白いかもしれませんが、

そんなものに悩まされる必要はないわけです。

 

ただ、この恐怖心を上手く使ってほしいとも思います。

人間には未来を描く想像力があります。

輝かしい未来を描く一方で、

描きたくないような恐怖の未来も。

受験に失敗する恐怖、

災害に見舞われる恐怖、

そういった恐怖の未来をイメージし、

避けるための行動をすることができるのも

人間です。

 

恐怖心も正しく使いたいものですね。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

そのサービスって、多くの人の役に立つの?

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

北海道の地震も台風21号も

大きな爪あとを残しましたね。

被害にあわれた皆さんが

1日も早くもとの生活に戻れますよう、

心からお祈りいたします。

 

さて、今日の出来事から考えちゃうことがあります。

大体1時くらいには塾にいるわけですが、

電話がかかってきたのです。

欠席の電話連絡かなと思ったら、

「NTT東日本のお客様窓口の~です」

「日頃フレッツ光をご利用いただきましてありがとうございます」

「何か不具合はございませんか」

ありませんよ。

「よかったです」

「この度、24時間故障に対応するサービスが始まりました」

それはいいですね。

ありがとうございますね。

確認しますけど、サービスなんですね。

「いや、オプションで、、、」

オプション?サービスじゃなく?

別の料金がかかるってこと?

「はい、月3000円で24時間いつでも対応します」

月3000円は出す必要がないな~。

ご苦労様ね。

という無駄な会話がありました。

まぁ、私も性格が悪いので、

「NTT」を名乗った時点で、

信用はしてませんが、

社会勉強のつもりで、

一応対応するんです。

 

こういう電話の嫌なところは

①「NTT東日本」を騙る

これって詐欺じゃないのかね?

②サービスと言っておきながらオプション

無料かと思わせておいて、実は有料

③社会のために何一つならない

時間も払う料金も

月で3,000円ですよ。

1年で36,000円ですよ。

10年間故障したことないので、

10年何もなければ360,000円になるんですよ。

通常の営業時間に、

故障しましたよ、って電話すれば0円。

通常の営業時間に

直しにさえ来てくれれば、0円ですよ。

 

wi-fiつけませんか、の電話より酷いわ。

天下のNTTそんなことしないだろ、

って思ったら

公式のHPにものってる新しい有料オプションなのね。

で、代理店あたりが

躍起になって契約とろうとしてるのね。

 

言いたかないけど、

それってお客様目線ですか?

ただ単に目減りしてる利益の確保なんじゃないですか?

大きな会社ならば、

そういうサービスもほしいのかな。

これこれ、待ってたんだよ~。

と言う人がいるならば、

故障しないサービスを求めるほうがいいんじゃないかな?

提供する会社にも

契約しちゃう消費者にも

疑問を持ってしまう新しいサービスでした。

 

よし、俺は志事すんぞ!

さぁ、いきましょー♪

1 / 4112345...102030...最後 »

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ