〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

2019夏期講習3日目

学童の子どもたちを午前中からお預かりする夏休み。

勉強をする学童とはいえ、

朝から晩まで机に向かわせるつもりはないし、

むしろ体験的な活動や遊びを通して、

得るものもあると思い、

いろいろ取り組ませようと思っています。

やっぱり外遊びもさせたいな、ということで

子どもたちと「パレオパークやながわ」に

行ってきました。

初めて入りましたが、

屋内遊技場だけでなく、

フットサルのコートがあったので

子どもたちとサッカーをしてみました。

久しぶりにボールを蹴ってみました。

右の蹴り足よりも、

体を支える左足の太もも裏が痛いです。

A先生には「歳を考えてください」と

たしなめられる始末。

うん、確かにw

 

体が慣れるまでは、

いろんなことがおきます。

講習も同じです。

今、課題に取り組んでいる子どもたち。

最初は、時間もかかるでしょうし、

終わらせることだけでも大変です。

 

ですが、慣れは怖いもので、

たくさんやることに慣れていきます。

3時間の自学、に慣れてくると、

もう少しやろう、

今以上できることはないかな、

主体的に動けるようになります。

 

塾などで、夏休みの時間を過ごす人には、

ある程度の負荷がかけられます。

自分で負荷をかけられる人、

調整しながら、上げていける人は

そう多くはありません。

さらに個人でがんばるのではなく、

仲間がいる中で、

お互いを伸ばすことができます。

 

塾生たちが、

どんどん慣れていって

ぐんぐん伸びてくれることに期待してます。

2019夏期講習2日目

夏期講習会2日目ですが、

まだ、塾生は来てません。

さぼり?

いやいや、今日は中体連の県大会。

さらには、県立高校の体験入学ですから、

午後スタートなのです。

ちなみに体験入学の日程は

23日(火) 福島北

24日(水) 福島

25日(木) 橘、福島工業、梁川

26日(金) 福島明成、福島東、保原

30日(火) 福島商業、福島南

31日(水) 福島西

となっています。

 

さて、夏期講習の受講生には、

毎日課題が出されます。

1教科あたり、30分程度と考えていますが、

時間がかかる教科もあるかもしれません。

 

中1からの復習です。

簡単だという人もいるでしょうね。

既につまずいている人もいるでしょう。

意外とできてなかったということも。

 

塾生に話したのは、

誠実に行うこと。

課題をやるのは簡単です。

答えを写して書いても、

課題をやったことにはなりますから。

ですが、

課題を写しても決して能力は上がりません。

塾生は、それを知っています。

知っていても、

弱さから間違いをすることもあります。

 

人は誰しも弱い部分がある。

この講習を通して、

少しでも

乗り越えられるようになれれば。

 

 

2019夏期講習初日

昨日は参議院議員選挙。

早く寝ないとと思いつつ

どうしても気になって

しばらくテレビを見てしまった。

それにしても投票率が低い。

どうしたって行けない人もいるだろう。

それでも低過ぎる。

どうやったら投票率は上がるのだろう。

個人的に応援してた候補者は当確だった。

ほっと一安心して寝れました。

今日から夏期講習会です。

それほど暑くない初日を迎えました。

そして、参加者が少ない。

実は今日から県大会。

まだ部活を引退していない、

勝負の生徒達もいます。

部活を待って講習をするのも一案ですが、

私はそれはしません。

 

やはり、志学白雲館は塾です。

志望校合格に向けて勉強をし、

自分を高めていく塾です。

勉強で一番貴重な資源は時間です。

できるだけ多くの時間を確保するために、

なるべく早く始めようと思っています。

 

今年もまた、ドラマティックな夏が始まります。

どんな困難があるでしょうか。

どんな風に乗り越えていけるでしょうか。

楽しみでなりません。

明日から中3講習会

いよいよ明日から講習会がスタートします。

明日の準備をしていました。

今年も始まるんだな、と。

 

例年、HPでもアナウンスするのですが、

今年は塾生だけでほぼ満席でしたので、

塾生からのご紹介に留めました。

すでに中3生は満席です。

お断りした方も多数出ました。

大変申し訳ありませんでした。

なお、中1中2は席があるクラスもあります。

 

さて、

16日間96時間の講習会。

5760分間の講習会。

さらに課題の自学の時間がプラスされます。

毎日3時間程度かな。

休みの日にも課題があります。

54時間、3240分間。

 

こう見ると、

長いように感じますが、

あっという間です。

あっという間に終わります。

いい加減に取り組めば、

何も残りません。

ですが、

自分を変えようと、

がんばった人には、

大きな財産が残るはずです。

 

点数?偏差値?

それもありますが

「頑張った経験」です。

卒業した塾生たちが言います。

「あの夏期講習会を思い出す」

「あれを乗り越えたから大学受験も頑張れた」

 

「頑張った経験」は自信になります。

自信を育む夏にします!

選挙に行こう

今日から夏休みということで、

両校舎ともに、特別時間割となっています。

今日明日は、中3の振替授業を、

午後から5時まで行ないます。

通常の土曜日の授業はありません。

塾生にはすでにプリントで

日程を記して配布しております。

ご確認下さい。

 

選挙に行こう。

今週末、参議院議員選挙が行なわれます。

私はすでに期日前投票に行ってきました。

 

選挙に行かない、というだけで

自分にとって数百万の損失になるという試算があります。

特に若い人が選挙に行かない傾向にあるようですが、

行かなければ行かないだけ、

若い人のための政策が取られなくなります。

 

誰に入れていいか分からない、という人もいます。

誰がいいですか、と高校生に言われることもあります。

教育者の立場として、

どれがいいとか、

何が正しいとか、

伝えることは避けています。

教える立場が持つ力は強いので、

偏向的にならないようにするためです。

 

私が、高校生に伝えるのは、

それぞれの立場で

大事だと思う一つの政策から選んでみては、

ということです。

私は零細企業の経営者だから、

中小零細企業を支えようとする候補者にしました。

子育て世代であれば、

教育に力を入れている候補者に。

女性の人権がないがしろにされてる、と感じるなら

女性の地位向上を訴える候補者に。

大学に行きたいと思ったら、

高等教育無償化を叫ぶ候補者に。

 

あなたと同じ考えの候補者はきっといます。

自主性から、主体性へ

昨日までの研修で、

学童保育のさまざまな学びをさせていただいたが、

改めて考えさせられたことがあった。

 

「子どもたちの主体性を育む、とあるが

主体性は自主性とどう違うのか」

という問いがされたためだ。

自主性と主体性、何が違うだろう。

自主学習はあっても、

主体学習なんて言わない。

はて、その違いとは。

 

先生がおっしゃるには、

やるべきことを自分から行動するのが自主性。

何もないところから自分で考え行動するのが主体性。

だと。

 

ある程度枠組みがあり、

それを自分で気づいて行動できるのが自主性。

一方、

こうしたらもっと良いのではないか、

今ないところから、自分の責任の範囲で、

新たな行動をするのが主体性。

 

掃除でも、

決められたことや

目の前の汚れに対して、

誰かに指示される前に動くことが自主性。

よく見てみると、

汚れがひどいところがあるから、

キレイにしようか、と動ければ主体性。

 

勉強だと、

教科と取り組むページや問題が決められているのは

宿題とか課題になるかな。

教科等は決められていないものの、

時間やページ数が示されていれば自主勉強。

誰からも強いられることなく、

自分にとって必要な学びができると

主体的な学び、になりそうですね。

 

そう考えると

勉強でも、遊びでも、仕事でも、

自主性が出てくると半人前、

主体性があってようやくスタートだと思えます。

 

受験生は後半になると、

主体的に動いて

何をやるか、どのくらいやるか、

自分で決めて乗り越えていきます。

まぁ、受験という縛りはありますが、

それでも

主体的に動く受験生ほど、

伸びていくように感じます。

 

いきなり主体的に学ぶことはできません。

課題をやる力も

自主的に勉強する力もあって、

ようやく自分の至らなさに

気づけるようになるのだと思うのです。

 

今の職業の半分がなくなるといわれる時代。

変化の対応するためにも、

主体性が強く求められると思います。

 

研修に行ったり、人に会う目的

昨日と今日、放課後児童支援員の

研修会に参加してきた。

はくうんかん児童クラブでは、

宿題をみることも活動に入っているので、

学童教育と名づけているが、

世間一般では学童保育と呼ばれる事業だ。

就労している保護者の代わりに

放課後の時間に、

児童の安全と生活を守ることが主たる目的で、

遊びなどを通して、社会性を育むといったことも、

事業の内容になる。

行政では、放課後児童健全育成事業と呼ばれる。

学童で指導する大人は、

学校の先生とかではなく、

保育経験のある方や

子育て経験のある方が多い。

中には、男性もいるが、

その割合は低い。

今までは、学童で指導するための資格は

なかったのだが、

より専門性が求められるということで、

放課後児童支援員という資格が作られ、

取得が望まれている。

 

今日はその資格者のための研修で、

事例などを交えて

講義が行なわれた。

 

研修では、子どもや保護者とどう接するか、

学校との連携、安全管理といった話しを

グループワークをしながら学んだ。

 

研修に行ったり、人と会ったりする目的は

自分の経験を増やすことだ。

文字から学び取ることもあるが、

学童と言っても、形態や運営方法は様々。

その地域の即したやり方がある。

そういった違いを聞けるということは、

それぞれの体験が事例をとなった

ケースメソッドとして自分のものになる。

 

自分たちの活動には、

まだまだ至らないことが多い。

より良いものに近づけるために、

話を聞ける経験はでかい。

 

人に会うのも同様。

学ぶことがたくさんありすぎる。

塾生と一緒に地域を盛り上げられる喜び

地域の塾として10年以上の年月が経つ。

梁川に塾を出して5年目に

夏祭りを手伝うようになった。

個人事業所の5年生存率は

25%だそうだ。

5年地域の方によって

生かされた。

今度は少しでも地域に恩返ししていかないと、

と考えたからだ。

夏祭りに参加して、

知り合いがたくさんできた。

お手伝いから、

実行委員会にまで参加するようになった。

ありがたいことだ。

 

昨日、地元で仕事をしている塾生が

訪ねてきた。

「夏祭りの相談が」と。

私も実行委の一人、

そして彼もまた地元で太鼓の団体に

所属し、地域で活動している。

 

夏祭りを盛り上げるために、

考えた企画があるそうで、

事前に相談に来てくれたわけだ。

 

彼が塾を出て、7年くらい経ったが、

こうして教え子とまた地域貢献で繋がれる。

講師と塾生という関係から、

同じ地域を大事にする人としての付き合い。

これほどうれしいことはない。

 

勉強ができるようになるだけでなく、

培った力が、

社会に生かされるようになってほしいと

願っている。

彼が、それを見せてくれていると思うと。

 

まだまだ頑張らないと。

Twitterから学ぶこと

Twitterを見ていると

さまざまな情報が目に入ってくる。

ニュースもそうだし、

地域のイベントなどもあるし。

勉強の仕方や、

ビジネスの考え方も参考にしている。

同業者のツイートも

情報収集だけでなく、

自分の考えを省みるためにも、

大変役に立っている。

先日目にしたもので気になったのは、

モチベーションアップの方法だ。

 

目をつむって、30秒声に出して数えながら、

片足立ちをすると、頭がすっきりする。

なるほど。

 

また別なツイートでは、

とりあえず、思いついたことから、

作業に取り掛かる。

なるほど。なるほど。

 

一つずつ試したが、

たしかにその通りだ。

 

どうやら

「行動をする」

ということが大事なようだ。

 

計画を立てて実行する、のは

大きな事業では、必要だと思う。

しかし、

日々の活動では、いちいち計画を立てるよりも

気になったことから行動を移して、

タスクを減らすほうが、

速く終わる。

 

役に立ちそうなツイートを見たら、

自分に当てはめて、

やってみる。試してみる。

よければ継続すればいいんだし。

今は、いろんな情報を

得ることができるんだから

ありがたいですね。

大人が介入すべきこと、すべきでないこと

学童の小学生を毎日見ていると、

いろんなことが起きます。

子ども同士いろいろなトラブルも起きます。

大人から見て小さなことでも、

本人にとっては初めて体験することも。

善悪なら介入も考えます。

しかし時には待たなければならないこともあります。

たとえば、本人の気持ちの問題、感じ方の問題。

自分にとって気に入らないことがあった、から

ないているなんて言う場合です。

自分の思い通りに行かないことで、

感情のコントロールがうまくいかず、

泣いてしまう。

そういうこともあります。

泣いてるから助ける、わけでもない。

泣かせたほうが、必ずしも悪いわけでもない。

 

善悪ではなく、

個人の感じ方の問題のときに、

どちらかの立場に付くような介入は

しないほうがいいと思うのです。

子どもは学びますから。

泣けば、思い通りになる、と。

 

遊びのルールを決めるときも

「みんなで決めろ~」としています。

自分に有利なルールにしようとしても、

みんな賛同してくれません(笑)

みんなが納得するルールにするため、

話し合わなければなりません。

伝えなければなりません。

ここで間に入ったら、

自分たちで協調することができなくなります。

 

一方で介入するものもあります。

勉強する学童ですから、

子どもたちは時間になったら宿題をしたり、

自学をしたりします。

勉強をする、といっても

机でテキストを進めることだけを

指しているつもりはありません。

小学生は音読の仕方や

筆順に運筆、

ペンの持ち方や姿勢も

時に諭さなければなりません。

 

おそらく学校でも、

ご家庭でも注意を受けているはず。

これは、

子どもが1人で

いつの間にかできる類のものでもありません。

 

自分を客観視しにくいこと、

自分に甘くしてしまいがちなこと、には

何度も諭していきます。

 

介入する、しないに

先生方個人の考えも出てしまうかもしれない。

それが悪いわけでもない。

いろんな考えに触れることも学びだから。

なんにせよ、

子どもをちゃんと観ること。

成長と自律のために

考えて行動していこうとすることが大事。

 

よし、志事すんぞ!

3 / 13412345...102030...最後 »

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ