〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

三者懇談実施中

風が強い福島伊達。

代表渡邉が更新です。

たまに吹く強い風。

建物が揺れます。

天気悪くなるんでしょうか。

どうか明日からの受験にむけて

落ち着いてくれるといいんですが。

 

さて、塾では小学生、中1、中2生と保護者を交えて

三者懇談を実施いています。

普段なかなかお会いすることができない

保護者様とともに

塾生のさまざまな話をします。

塾での様子、

ご家庭での様子、

テストのお話や

今後のお話

 

先々を見据えて

今何をすべきか、

未来を想像するための

懇談です。

 

明日も各校舎にて行われます。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

できるはずの問題を落とさない

今日も暖か福島伊達。

代表渡邉が更新です。

オリンピック、カーリング女子の使う

北海道弁「そだね~」が話題に。

ですが

公共放送で北海道弁を流すな、

子供が真似する、

と苦情を入れた人がいるとか。

方言に良いも悪いもあるはずはないし、

むしろ

日本と言う小さな国の中に

豊かな言語文化がある象徴だと思うのですが。

さて、福島県立高校のⅡ期選抜

最終倍率が発表されました。

 

倍率の高い低いはそれぞれありますが、

1倍を切っていても、

落とされることはあります。

当日の点数が低かったり、

出席日数が少なかったりすると

高校側でNOを突きつけられます。

 

今できることは、

点数を取るための勉強を怠らないこと。

 

点数を取るといっても、

新しいことをするというよりは、

今までやったことを復習し、

持てる力の全てを発揮できるようにするのが

近道だと思うのです。

 

一番怖いのはミスをすること。

間違っていけないのではありません。

できるはずの問題を

落とすことがミスです。

 

オリンピックでも上位に食い込む人は

ノーミスでプレイしますよね。

 

覚えたはずの用語、

できるはずの計算、

書けるはずの単語や漢字、

軽んじているところにこそ、

穴があります。

 

難しい問題は見なかったことにして、

簡単な問題を落とさないように

復習をしっかりやりましょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

【倍率確定】県立高校Ⅱ期選抜最終倍率発表

今日も暖かな福島伊達。

代表渡邉が更新です。

名わき役がなくなりました。

主役は目立たせますから

いやでも目に入ってきます。

脇役の方は目立つことはありません。

でも、光るんですよね。

気になるんですよね。

そんな俳優さんでした。

合掌

 

さて、福島県立高校入試の

Ⅱ期選抜試験最終倍率が発表となりました。

 

県北地区で言うと、

福島西高校の普通科、福島工業高校の情報電子科が

高倍率となっています。

今回の倍率を見ると

偏っている感じがあります。

福島市内の高校にいきたい!と

考えるならば、

入念が準備が必要となります。

中1・中2のみなさんは

今から準備を。

 

サービスの質と対価のバランス

こんな陽気が続けばいいのに福島伊達。

代表渡邉が更新です。

女子のフィギュアが始まりました。

いや、綺麗ですね。

見とれてしまいます。

SPは上位に食い込みました。

FPでの巻き返しで

メダル奪取して欲しいですね。

 

リアルタイムでテレビを見ることはほとんどなく、

録画した番組を順繰り、

ちょっと早送りでいつも見てます。

昨夜は、人気MCがいろいろな趣味の世界の話題を

提供する番組を見てみました。

親子丼の特集。

夜中に見ても、お腹が空いてしまいます。

 

有名チェーン店だと、400円以下で出しちゃうんですね。

これを家で作ろうと思ったら、

手間隙を考えるとその値段ではできそうにありません。

 

今巷に出回るサービスの全ては

正当な対価を得ているのか、と考えてしまいました。

 

たとえば、保育士の給料がなかなか上がらない、

といった問題から、

保育士不足が社会問題となっています。

待機児童解消に向けて

保育園を作ろうとしても、

そこで働く保育士さんが確保できない。

資格者がいないのではなく、

保育士になる人がいない。

 

補助金や助成金で不足分を補っても

保育士さんまで届いていない。

では、保育料を値上げできるか、

保育士さんが満足する給料になるように

保育料を上げることができるのか、

というと

難しいです。

配置基準から考えると、

4・5歳児だと保育士1人につき30人ですが

0歳児だと保育士1人につき3人です。

では4・5歳児は保育料を1人1万円に、

0歳児だったら1人10万円にすれば

保育士は確保できるのでしょうか。

今度は、保育を頼りにするご家庭が払えなくなります。

むずかしい。

 

サービスの質とその対価

いつも考えさせられます。

正解は一つではないですから、

多様な形を準備することで

淘汰されていくのが自然なのかと思います。

 

私自身も答えが出せません。

今度、青年部の仲間や

友人と話してみたいですね。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

勇気じゃない、「覚悟」だ

今日も暖かい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

裁量労働制のデータへの

信ぴょう性が問われています。

働き方改革によって

より良くしていこうというのは

分かりますが、

示されるデータに不備不足

そもそもデタラメだったりすると

ん?大丈夫なん?と思ってしまいます。

生産性を上げて

より充実した働き方ができるようにしょうというのは、

悪いことではないので、

実現してほしいと思うのですが。

 

さて、昨日はⅡ期選抜試験の倍率発表。

昨日来た塾生には、

出願先の確認や変更の希望などを聞き取りました。

 

やはり不安に思っている塾生がいます。

 

なにをもって志望校を変えるか。

倍率が高いから、

成績が足りなそうだから、

私立を受けてないから、

色々な理由はあります。

ですが

いちばんは「覚悟」だと思います。

受ける「覚悟」

それは

落ちてしまっても後悔はないという「覚悟」

 

絶対に受かりたいんだ

その「覚悟」が

逆転を生むのも見てきています。

 

だけど

テスト本番で、

吐きたくなるような緊張感の中で、

”下げればよかった”と

思ってしまいそうならば、

志望校を変えることは、

決して悪いことではありません。

 

明日明後日まで、

変更はきくはずです。

(”はず”というのは

学校によっては受け付けないと

言い張るところもあるので、、、)

 

心配になったら、

相談してください。

【倍率発表】福島県立高校入試Ⅱ期選抜、第一次

暖かい一日の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

二つ目の金メダルを獲得した

オリンピック。

これで、歴代トップタイの成績。

いや、すごいですね。

 

さて、本日夕方

福島県教育委員会から

Ⅱ期選抜の1次倍率が発表されました。

福島西高校の普通科で1.85と

高くなっています。

 

明日から22日まで

志望校先の変更が一度だけ可能です。

受験生はみんな不安だと思いますが、

どうしようか、迷ったら相談してください。

定期テストというハードル

雪が降り出した福島伊達。

代表渡邉が更新です。

アイススケートで、

金銀メダルを日本が獲得したそうですね。

羽生選手の力はすごいなぁ、と

感心してしまいます。

怪我を乗り越えての金メダル。

本当におめでとうございます。

そして、宇野選手も銀メダル、

おめでとうございます。

 

さて、昨日は中2生との授業。

昨年末から担当し、

今回が初めてのテスト。

「前回よかったよ♪」と

嬉しそうに報告してくれました。

こちらもほっと一安心。

 

ですが、もっともっとできたはず。

こうすれば良かった、

ああすれば良かった、

いろんな反省点が出てくる。

 

次のテストでは、

その反省点を克服していかないとね。

定期テストは、ちょうどハードルのようなもの。

1回1回のテストで

自分を成長させていくことが

求められます。

前回と同じではイカンのです。

 

中1ならばあと10回

中2ならばあと5回

自分の中の課題を飛び越えていきましょ!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

交通安全をこころから願います

今日も暖かな福島伊達。

代表渡邉が更新です。

アイススケートで

羽生選手が出ましたね。

出ただけでなく、結果も出しましたね。

いや、すごいわ。圧巻。

メダルに期待はしますが、

とにかく

からだにだけは気をつけてほしいものです。

 

さて、今日2月16日は

忘れられない日、忘れてはいけない日です。

塾生が通塾の途中で事故に遭い

命を落としてしまいました。

 

6年が経ちましたが、

けっして忘れることはできないです。

なんでもない日々が、

とても幸せであるということに、

なかなか気付くことはできません。

 

あなたがいる

それが

どれだけ幸せなことか、

失って初めて

気付いてしまうのです。

 

飲酒運転が厳しく取り締まられるようになり

あおり運転についても厳しい目が向けられ、

自動車会社も、

急発進抑制装置や、追突防止機能といった

テクノロジーを進歩させています。

昨年はここ最近で最も死亡事故が少なかったそうです。

 

ですが、

安全な社会を作るには、

一人ひとりが

注意していかなければ成すことはできません。

 

どうか、

歩くときにも、自転車に乗るときにも、

自動車に乗るときにも、

ご安全でありますように、

こころから願っております。

Ⅰ期選抜結果がでました

暖かい一日の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

すっかり雪も溶けました。

オリンピックでは

ハーフパイプの決勝が行なわれましたね。

ちょうどリアルタイムで見ることができましたが、

何なんでしょうね、あの動きは。

頭がグワングワンしそうな

素人目にはどうなってるのかさっぱり解からない

複雑な動きでした。

とにかくメダル獲得おめでとう!

 

さて、昨日やっとⅠ期選抜の結果が発表となりました。

塾内でも多くの子が挑戦し、

内定を勝ち取りましたが、

残念だった子もいますし、

Ⅱ期選抜だけ挑戦の人もいます。

福島県の入試では、

Ⅰ期選抜の枠があらかじめ決められていて、

志望者が多い場合は、

5%まで上げることができます。

進学校は最初の枠のままであることがほとんどです。

職業校は、枠を広げることが多いように感じられます。

 

どんな子が内定を勝ち取るのか、

正直、これと基準を定めることは

難しいです。

通信簿の評定平均の高さ

部活動などの評価

当日の小論文や面接の出来

そして

高校側の望む生徒像

それらが複雑に絡んで合否が決められます。

 

ですが、

確実に言えることがあります。

あまりにも評定が低い

あまりにも欠席が多い

と内定は取れません。

 

評定も健康管理も日頃からの積み重ねです。

中1中2から意識をしていってください。

まずは、

健康に気をつけること。

提出物や授業態度悪くしないこと。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー

 

冬の陣と竹明かり

雪が降った福島伊達。

代表渡邉が更新です。

福島市内は雪が降ったため、

道路に圧雪が見られました。

雪かきをしてるときに

太陽が出てくれて

なんとかとりはらうことことができました。

お願いです。

松岡修造さん、日本にお戻り下さい。

 

さて、昨日はお休みでしたので、

米沢に。

Twitterに流れていた

地域の戦国武将隊が集まる

「冬の陣」を拝見してきました。

伊達市内のお祭を盛り上げてくれる

武将隊、おもてなし隊がいます。

個人的に愛姫がかわいいくて追っかけてる

ということではないのですが、

伊達市以外ではどんな活動をしているのか、

また他の武将隊とどう関わっているのか、

他の地域のお祭から見てみたかったのです。

 

当日は、遠くは熊本の武将隊や

埼玉県行田市の武将隊も来ていました。

福島からは伊達市と、

武将ではないですが二本松の少年隊も

来ていました。

 

その地域の歴史を広く伝えるために

それぞれの隊が

趣向を凝らしたステージをしていました。

刀や槍を掲げた演舞であったり、

観衆も参加できるダンスだったり、

お笑い芸人のような面白いトークも見れました。

また、

他の地域にいるため、

集客の意味合いも強くありました。

行ってみたいな、と思ったのは

行田市です。

映画にもなった「のうぼうの城」の舞台で、

興味をひかれました。

 

また、竹の筒を細工して、

明かりをともしていました。

これ、伊達市内でもできるんじゃないかな、と。

外のお祭には刺激がたくさんありました。

 

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ