〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 渡邉巖

2017 Ⅱ期対策 2日目

大きな揺れに見舞われた福島伊達。

久々の大きく長い揺れに

ちょっとビビりました。

子ども達は自学をしていましたが、

やはり怖かった思い出があるようで

緊張が走りました。

「備えよ常に」

物心両面で準備が必要ですね。

 

さて、対策も二日目ですが、

連続した授業の面白さは、

昨日の振り返りもできてしまうこと。

つまり、定着が良くなるということです。

 

やはり復習は勉強の王道だと言わざるを得ません。

 

これやった!

なんだっけ~?!

頭の中に言葉を入れていった後に、

引き出す作業があることで、

より確かな力になるのを実感します。

 

明日も対策です。

中1中2は自学に来てください!

2017Ⅱ期対策 初日

今日からⅡ期選抜試験の対策講座となっています。

3月7日まで小学生、中1、中2生の授業はございません。

ただし、授業のある曜日には自学に来てください。

また、授業がない日の自学も大丈夫です。

 

さて、Ⅱ期選抜試験まで9日を残すのみ。

カウントダウンですね。

ここにきて「もうやったって上がらないからいいや。」

なんていう人は、もともと勉強していない人です。

自己保身のためでしょうか

落ちても「おれ勉強してないから~」と。

口惜しさを押し殺して遠吠えるしかないのでしょうね。

 

直前の講習で大事なのはいかに間違うか。

間違えがないのは望ましいのですが、

むしろ、

本番に生かすためには間違えてほしいくらいです。

ちょっとした覚え違い、

ちょっとした答え方のミス、

ちょっとした勘違い、

これらを修正するだけで伸びていきますから。

 

まだまだ伸びます。

直前まで伸びます。

最後の最後まで伸びます。

 

それが高校入試を通した成長です。

 

楽しみでなりません。

 

明日も頑張ろうな。

渡邉 倍率発表、やり抜こう

寒の戻りの福島伊達。

雪はないものの、まだ春は遠いなぁ、と。

福島県立高校の入試改革の概要が発表されましたね。

一歩前進という所でしょうか。

まだまだ、注視していかないといけません。

確かな学力を伴った公正な合格であるように。

 

さて、福島県立高校入試の

Ⅱ期選抜試験の倍率が確定しました。

 

さほど大きな変動はなかったもの、

地元高校の倍率の低さは、

統廃合を予感させます。

 

さぁ、あとは自分との闘いです。

今やるべきことに集中してください。

今やらなくてもいいことは削ぎ落してください。

 

最後まであなたは伸びます。

走り抜けてください。

渡邉 福島県立高校入試Ⅱ期選抜1次倍率発表

日差しは暖かい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

 

昨日、福島県立高校入試の

Ⅱ期選抜試験1次倍率が発表となりました。

県北地区とすれば、

福島市内の人気が高く、

周辺地域の高校の倍率は低い傾向にありました。

 

気になるのは福島高校の倍率の低さです。

安定志向なのか、経済状況の影響なのか、

トップ校への挑戦者が減るというのは、

将来的に見てプラスとはいえません。

少しでも、力ある学生を育まなければと思う所です。

 

ここから、志望校変更が一度だけできます。

高倍率の福島南高校や進学校では

倍率の低下が予想されますが、

安易な希望は持たず、

自分自身と向き合い

最後まであきらめずに戦い抜いてください。

 

どうしても、不安だと思う人は、

遠慮なく志望校を変えてください。

高校に受かること以上に、

受かってから頑張ることの方が大事なわけで、

今第一志望に行けない事が、

人生すべての否定ではないのですから。

 

迷っている人は、遠慮なく面談をお申し付けください。

 

ただ、中学校によっては

今日中に変更を申し出なければならないといった

変な措置がとられているようです。

土日ゆっくり迷うことや、

家族と話し合うことも大事だと思うのですが。

受験生には志望校を変える権利があります。

中学校の一存でやっていただけない時は、

地域の教育委員会にご相談ください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

渡邉 心から交通安全を願う

暖かな陽気だった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

春を思わせる心地よさでしたね。

まもなく、心躍る春です。

 

さて、今日は志学白雲館にとって大事な日です。

創立記念日なんかより、

もっともっと大事にしなければならない日です。

 

5年前の今日、

大事な塾生が交通事故によって亡くなりました。

塾に向かう途中の事故。

医大に運ばれ、

治療を受けたものの、

意識を戻すことなく亡くなりました。

 

お葬式ではずっと下を向いていました。

 

(自分の塾のせいで・・・)

今もまだ、悲しい気持ちになります。

 

ご家族のお気持ちを考えると、

自分の存在を消し去りたくなるくらい

落ち込みます。

 

厚顔無恥にも塾を続けさせていただいているのは、

ご家族様の言葉のおかげ様です。

「塾が大好きな子でした。」

 

その言葉がなければ

塾を閉めていたかもしれません。

 

彼がいつでも帰ってこれる場を残さなければならない。

今は、その気持ちでやり続けようと思っています。

 

お願いです。

どうか安全運転で。

お願いです。

どうか交通マナーを守って。

お願いです。

 

今日もお墓参りに行きました。

彼は、イチゴ牛乳が大好きな子でした。

でも、

来てくれる同級生たちの成長に合わせて

少しずつ変わってきます。

コーヒーになり、

エナジードリンクになり、

そして今日は

ビールが供えられていました。

 

飲める歳だもんな。

そっちに行ったら、一緒に飲もうな。

合掌。

渡邉 Ⅰ期選抜を終えて

暖かな週の始まり福島伊達。

代表渡邉が更新です。

山陰地方では大雪に見舞われているようですが、

大きな事故にならないように祈っております。

数年前に自分たちも経験しました。

動けない辛さを思い出します。

 

さて、前回の更新から時間が経ってしましましたが、

福島県の公立高校入試のⅠ期選抜試験が行われました。

内定を勝ち取った人、おめでとう。

3年間の頑張りの評価です。

あなたは頑張れる人であることを評価されたわけです。

すぐさま、高校に入ることを考えて、動いてください。

残念ながら内定を取れなかった人、

あくまでも高校側が評価する部分において、

合わなかったということです。

能力がないわけでも、意欲がないわけでもありません。

志望校合格に向け、

今一度走り出してください。

 

2020年のセンター試験改革を受けてか、

Ⅰ期選抜の在り様を変える運びとなっていることは

ご存じだと思います。

一定の学力を測る方向で県教委も動いています。

今回のⅠ期選抜でも、

その前哨戦というべきでしょうか、

一部の高校では学力試験に準じた試験となったようです。

 

内申書と、面接と小論文(作文)だけではなく

読解問題や理科社会の記述など、

学力を測るための問題もあったことは

今後の指導にも影響しそうです。

 

今までは部活動の成績が良ければ

それだけで高く評価されていたわけですが、

高校側が求める学力に足りなければ

内定を出していかないという意志表示です。

 

それだけに

中1、中2からの積み上げに

手を抜けなくなることが予想されます。

 

テスト対策を生かして

しっかり頑張っていきましょう!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

渡邉 凝り性な部分

今夜は雪の予報が出てる福島伊達。

代表渡邉が更新です。

また雪になるらしいです。

積もらないといいなぁ、と思うばかり。

道路が圧雪でつるつるになるのが嫌なんですよねぇ。

 

さて、自分の性分の中に凝り性な部分がある。

悪い意味でこだわりであるし、

ルーティンを崩せない融通の利かない部分がある。

 

自覚しているため、

ほったらかしにするときは一切気にしない事にしている。

気にし始めたらとことんだからだ。

 

最近時間ができたせいか、

また掃除にこだわりだしてきた。

悪いことではないんだけど、

汚すのが許せなくなるので、

それもまたイカンのですが。

 

掃除って、気になり始めるときりがないですよね。

ホコリはためたくないし、

金属は光らせたいし、

清潔にしたくなるものです。

 

時間ができたら、もっと徹底して掃除したいものです。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

渡邉 テスト対策勉強会 全力を旨とせよ

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

暖かいんですね。雨ってことは。

これで寒気がぶつかると大雪だったりしますから、

雨の方がありがたいです。

 

さて、今週来週の日曜日は

テスト対策勉強会です!

テスト2週間前から前日まで

勉強にだけ集中する環境で

最大限の勉強時間をすることを目的とした

勉強会を行っています。

 

保護者様の協力を得て、

勉強会が続けられますことにあらためて感謝です。

 

テスト10日目ですが、

すでに提出物の8割を終えている子も。

いいですよね。

この後は、塾のテキストをやったり、

もう一度、

これが大事ですが、もう一度提出物を繰り返したりします。

 

特別なプリントや、授業は本来必要ではありません。

与えられた課題を繰り返す解くことや

理解することに時間をかけることが大事です。

 

ただ、1年生の出席率はだいぶ高いのですが、

2年生の足が重い。

部活や家族を言い訳に休むのは、

自分の成長を止めているにすぎませんよ。

 

また受験生にしても、

塾が開くチャンスを生かせていないのは、

勿体ないとしか言えません。

ちょっと考え物です。

 

全力で立ち向かうことを志学白雲館では旨としています。

ご理解のほどよろしくお願いします。

 

渡邉 福島県立高校入試予想テストと反省

朝から暖かい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

”狂犬”とも”戦う修道士”とも言われるマティス氏が来日。

通名が格好良すぎです。

トランプ大統領に対する不安はありますが、

実務能力と経験にたけたマティス氏が

日本に対して、アジアに対してどう考えるかによって

今後に大きく影響しそうですね。

 

さて、今日は新教研テストによる

福島県立高校入試予想テストです。

最後のテストとなるわけですが、

すでに反省です。

 

と言いますのも、

恥ずかしい話ですが、

最後のテストに対する意識の低すぎる幾人かの塾生がいるからです。

 

私立高校の合格、Ⅰ期試験が終わり、

倍率の低さからすでに内定気分の塾生がいます。

中学校の中が遊びモードの雰囲気であることは容易に想像できます。

 

1期が終わっても、安心慢心してはいけない、と

言い続けてきたはずなのに、

伝えきれていなかったことが、残念で、恥ずかしくて。

 

今日の結果が出ているわけではないですが、

もう反省モードです。

 

もちろん、Ⅱ期に向けて一生懸命頑張る塾生がほとんどです。

今目の前のテストに最善を尽くす塾生と

最後まであきらめずに頑張ります!

よし、今日も志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

渡邉 Ⅰ期選抜試験の変化

時折吹雪く福島伊達。

代表渡邉が更新です。

大学時代の旧友に会いました。

馬鹿騒ぎしてたあの頃とは違い、

お互いがもう経営者。

酒と映画とマンガと、

とにかく楽しいことが話題だったあの頃とは違い、

福島の未来や、経営の悩みなどを語りあうようになり、

年とったなぁ、と感じました。

 

さて、今日は1期選抜試験。

天候が心配でしたが、

大きな混乱もなく終われたようです。

600字の小論文を練習してきましたが、

400字で書かせるところが増えましたね。

その代わり、国語形式の問題もあるといった変更が。

 

Ⅰ期選抜の問題点でもあった、

Ⅱ期選抜合格者との学力差に対する

一つの答えだといえます。

 

Ⅰ期選抜に内定すればいいのではないのだよ。

内定した後、

高校生活を有意義に過ごし、

3年後に、目標を果たしてほしいのだよ。

ということです。

 

明日も面接が行われる高校があります。

しっかり練習しましょう。

内定発表は2月7日、夕方です。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ