〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

【数学】 同じ問題を解き続ける効果

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

増税、ですか。

必要ならば仕方ないことだと思います。

格差是正のためにも、

財源の確保は取れるところからするのが

セオリーですから。

ですが

歳出削減が社会保障からでは

素直に首を縦にふれません。

税制は国の基。

使われる税金が

国民に資するものであってほしいです。

 

さて、昨日は数学の授業。

最近クラス分けを行って新設されました。

新たに入塾した子が集まり、

数学に苦手意識を持っています。

 

久しぶりの数学の授業。

楽しくて仕方ありません。

国語や社会は、

自分が話すことのほうが多いのですが、

数学のときはもくもくと問題を解き進めます。

 

苦手なこの多くは練習不足のせいです。

自主学習で練習するにしても、

間違った手順で行っていることが多く、

それがますます数学を嫌いにさせます。

私は初日にやった問題を2回目の授業でテストします。

まったく同じ問題です。

目安は30分。

8~9割以上できています。

(このときのそれ以下の場合は

別な手だてが必要です。)

前回90分かけた内容を30分でやりきる。

そこそこ点数も取れている。

子どもたちは自信がつきます。

2回目の授業、内容は先に進みます。

当然3回目の授業でテストをします。

1回目から2回目の内容です。

これも、テストは授業でやったまったく同じ問題。

大体150分程度の内容です。

これも30分でやります。

8~9割以上解けてきます。

子どもたちは自信を深めます。

 

同じ問題だもん、できて当たり前!

そうなんです。そうなんですけど。

90分の内容を30分でやったということは

3倍できるようになってます。

150分の内容を30分でやったら、

5倍できるようになってます。

2週間前より5倍成長していることになります!

 

これを続けると、

答えを覚えているかのように、

スラスラ進められるようになります。

そこまできたら

新しい初見の問題に挑戦します。

同じ考え方をする

別な問題に。

 

次々に新しい問題を解き続けて、

正答率を高められる子もいますが

苦手な子は、計算や考え方が

固まっていないことが多いので、

まずは

同じ問題を解き続け

速く、正確に

自然にできるまで身に付けること!

が先決です。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

キレると気持ちいいのだよ

寒さが厳しい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

東北塾長会の仲間からお歳暮を頂戴しました。

ありがたいことです。

志と発展の意識を持つ東北の若手塾経営者と

教材会社を通して交流を持つようになって

数年が経ちました。

経営面の悩み、

教務の向上、

その時々に持つお互いの情報を共有し

ともに歩んできました。

そんな仲間を得ることができたことが

いちばんの意義です。

来年度も、切磋琢磨していきましょう。

 

さて、国語の問題を解いていると

作成者の意図が見えてくることがしばしばあります。

偉い先生から言わせると

意図を考えながら解いていけ!なんて言われますが

生徒視点からすると、

なかなかどうして。

 

主観の入り込みすぎた深読みではなく

文章から、かろうじて、導くことができうる考察が

出来てくるときがあります。

個人的には、キレてる状態と呼んでいますが、

難関国立二次試験クラスの国語を解いていると、

キレていないと満足いく答えが導けないのです。

 

登場人物の性格だけでなく

会話や状況、時代背景から

そこには書かれていないけれど

必要な言葉をつむぎだすことができたとき

日本刀で竹を割ったときのような気持ちになるのです。

 

あ、日本刀なんて触ったこともないですが。

 

塾生と勉強していて、

時々、切れ味鋭い解答を見ると、

この気持ちよさを共有できてうれしくなります。

 

あと数ヶ月。

この気持ちの良い瞬間を

いったい幾度味わうことができるだろう。

そう考えると、

時間が止まらないかなぁ、なんて

思ってしまいます。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

「雪が降ったよ」

雪が舞う福島伊達。

代表渡邉が更新です。

日本海側は大雪となっていますね。

福島でも雪が降り、

本格的な冬の到来を感じます。

何度も同じご連絡で恐縮ですが、

志学白雲館では

【警報が出たら休校】としています。

塾生、送迎の保護者、講師の安全を第一とするためです。

今後、大雪警報などが出ることがありましたら

休校となります。

休校の際は、このHPやtwitter、facebookで

ご連絡いたしますので

ご確認いたできますよう、お願いいたします。

 

さて、雪が降ると恒例行事があります。

大学時代の友人から電話が来るのです。

昨日も電話がありました。

私たちのルールの中で、

チラッと降った奴はカウントしません。

大粒の雪が一定時間降り続いて、

認めざるを得ないな、という場合に

電話がきます。

 

冬を感じさせるもの

年中行事や季語といったものもありますが

個人的には

「雪が降ったよ、という電話」は

寒空の中にも

人とのつながりを感じさせる

大事な風物詩です。

 

20年近く続いていますが、

もはや当たり前のように続いていますが、

もし

これが

電話がなかったら、、、

 

雪以上に寒く感じます。

 

いろいろな、人とのつながりは

当たり前ではないのだなぁ、と。

 

電話にしろメールにしろ、

自分当ててではないけど

SNSの投稿にしろ、

向こう側には

人がいて、

気持ちがあって、

つながりがあるのだと思うのです。

 

逆に、報せがないのはいい報せ、

なんて言いますが、

報せられるうちに報せておかなければ、

届くことはなくなるわけです。

 

ふと、その人のことを思ったら、

電話やメールをしてみようかな、

そんなことを考えました。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

 

 

 

若い二人の門出に思う

暖かさが続く福島伊達。

代表渡邉が更新です。

消防署に行ってきました。

資格を取りたいと思って

申込みをしてきたのです。

塾の運営をしていて

恥ずかしながら、気付かぬうちに

足りないことが増えてきました。

一つ一つクリアしていくしかないなぁ。

 

さて、先週の土曜日はお休みを頂戴しました。

塾生の結婚式にお誘いいただき

伺うこととしました。

11年前、

梁川に塾を出したときの1期生。

まだ右城町に塾があり、

30人くらいしか入れない小さな塾でした。

その小さな塾に、

名もない小さな塾に来てくれた

1期生。

6人でスタートし、

年度最大でも20人もいない小さな塾でした。

 

小さな塾だからこそ、

一人ひとりとの関わりは濃いものでした。

若かったので、

今よりも距離感がおかしかったと思います。

なんでも頼って来い!くらいの。

今思うと、それじゃダメだよ、と

反省することもあります。

 

そんな1期生も高校に行き

進学や就職をし、

大学決まったよ、

就職したよ、

それぞれが今の自分を報告に来てくれました。

そして

「結婚式を挙げることになりました。

ぜひ、がんちゃんにも来てほしいんです。」

こんなうれしい報告はありません。

 

次は子供ができた報告でしょうか。

家を建てた報告でしょうか。

それぞれの今を、これからも楽しみにしています。

 

志学白雲館は、

今も昔も、これからも塾生のものです。

少しでも長く、

うれしい報告が聞けるように

体に気をつけながら、

仲間とともにがんばらないと、

そう強く思います。

 

最後に

Aさん、Mさん

ご結婚おめでとう!

幸せな毎日は、二人で築くものです。

お二人なら、何も心配ありませんよ。

ほんとうにおめでとう!

楽しいからこそ、考えようとする

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

まだ雨ということは、

寒くないってことですね。

いや、十分寒いし。

歳ですね。

 

さて、白雲館の小学生は、

学校から塾に真っ直ぐ来て、

保護者様のお迎えまで待っているケースが多いです。

授業が終わったあとは、

おのおの好きなことをして過ごしています。

本やマンガを読む子もいれば

絵を描いて過ごす子もいます。

さすがに携帯ゲームをすることはありませんが、

トランプやカルタといったゲームをすることもあります。

 

昨日、一緒に待ち時間を過ごした子は、

小学3年生の男の子。

本を読むのも飽きてしまったようなので、

一緒にゲームをしました。

9マスの○×ゲームをしながら話をすると、

将棋ができるらしいことがわかり

ネットから詰め将棋の問題を探してみました。

そうしたら

ああでもない、こうでもないと考えるわけです。

 

「ここにおくのかな」

「ここだと逃げられちゃうよ」

「う~ん」

 

考える姿は藤井聡太か羽生善治か。

かわいいですねぇ。

でも

そのかわいさの中に、

知性の芽が育っているようで。

 

来も一緒に過ごすから

1手詰めの問題集でも買っていこうかな。

 

よし、志事するぞ!

さぁ、いきましょー!

国語の文章問題をきっかけに

昼間は過ごしやすい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

相撲なんてどうでもいい。

アメリカ大統領が

エルサレムをイスラエルの首都にした

それこそ、大問題だろうよ。

今までパレスチナと根気強く続けてきた和平交渉が

中断、いや悪化していったら

また戦乱が起きてしまうのではないか、と

心配でならない。

遠い中東の出来事かもしれないが、

グローバルな世の中において、

どんな影響があるのか計り知れない。

きになる。

 

さて、国語の授業を準備していた時に、

この文章いいなぁ、

中学生にしっかり読ませたいなぁ、

と思うことがよくあります。

物語文にしても、

説明文にしても、

長い文章に触れる機会がない中学生にとって

国語の教科書や

模試や入試問題で触れる国語の文章の中に

中学生が成長するうえで通ってほしい

様々なテーマがちりばめられている。

 

問題を解いているときは

そこに気付けないかもしれないけれど、

読み返してみたときに

学ぶべきことがたくさんあると、

気付いていってほしいです。

できれば

抜粋された文章ではなく、

筆者や本のタイトルから

原文を読んでほしいです。

 

最近、マンガすらも読まない、

いや

読めない子どもがいます。

「マンガは字が多いから嫌い」だそうです。

!?

おそらく、その子にとって情報は、

テレビなどの画像や動画から得るものなのでしょう。

しかし

テレビなどの画像や動画から得られる情報量は

けっして多くはありません。

そして、その情報には偏りがあります。

多角的に情報を分析するためには

テレビやネットだけでなく、

新聞や書籍の情報も

必要です。

 

国語の文章問題をきっかけに、

子供たちが活字に触れてくれれば、

とのぞみます。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

永世七冠、その先にあるものは

昨日は冬らしい雪が舞った福島伊達。

代表渡邉が更新です。

やっと平野部にも雪が降ってきましたね。

ここから、本格的な雪が、

積もる雪が来るのかと思うと、

めいります。

昔は、スキー場のオープンが待ち遠しかったのに、、

 

さて、昨日、棋士の羽生善治さんが

竜王戦に勝利し

「永世七冠」を獲得しました。

竜王を初め、タイトルを一つでも取ることだって

すごいのに、

一つのタイトルで永世の称号を得るのだって

ものすごくすごいのに、

その永世を七つも獲ってしまったのです!

ものすごくすごい!の七倍

いや

ものすごくすごい!の七乗!だな。

 

ふと、疑問に思うのは、

次に棋士羽生善治は何を目指すのだろう、

ということだ。

 

プロを目指し、

タイトルを目指し、

防衛し、

別なタイトルに挑み、

防衛し、

永世の称号を得て、

別なタイトルでも永世と呼ばれ、

七つ全てのタイトルで

永世の名を得た今、

何を目指すのだろう。

 

これほど、怖いことはない。

目指すべきものがない。

何を目標にしていけばいいのか。

虚無。

孤独。

真っ白な世界。

 

あまりにも高すぎるレベル。

極みの中の極みにいるとき、

羽生善治には何が見えているのだろう。

 

凡人には立ち入ることさえ憚られるが

意外とシンプルなのかもしれない。

彼が目指すのは

「勝つ」

という一点ではないか。

 

七戦して四勝すればタイトルを得られるが、

そんな「勝ち」ではなく、

完勝圧勝というものではないかと思う。

 

タイトルを得るために勝つのではなく、

勝ち続けた先に

タイトルや名誉がある、ということか。

 

日々の勝利。

朝起きてから寝るまで、

勝つことを考え、

勝つために行動する。

そんなシンプルなものかもしれない。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

自学は自分との戦い

すっかり外は暗くなった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨日は、冬期講習前に必要な塾の物品を購入。

市内のあちらこちらを回って買いましたが、

どこも年末商戦とあって活気がありました。

好景気を実感するわけではないですが、

季節商品が売れる時期を逃さず売れるというのは、

経済を回すためにも大事だと思うのです。

 

さて、自学に来てくれる塾生がどんどん増えるのは

とっても嬉しいのですが、

使い方・勉強の仕方が甘い塾生が今年は多いです。

まず、大前提ですが、

私語は厳禁です。

教えあうためとか物の貸し借りとか、

言い訳を聞くことはありません。

原則、とかありません。

厳禁です。

 

自学は自分と戦うために行っているはずです。

問題を解き、

分からないところを見つけ、

解答や教科書で調べて理解し、

再挑戦する。

この繰り返しです。

 

簡単に友人や先生に質問してしまう人が

今年は多いです。

まずは自分で調べる、という

向上に欠かせない作業がない。

答えが分かればいい、

目の前の問題の答えの出し方さえ分かればいい、

そんな考えでは入試の問題に対応する力は

いつまでも身に付きません。

 

選択問題において、

五つの選択肢で、

答えは一つしかないとします。

一つの正当の理由しか知らない、のでは

もったいない。

残り四つの選択肢が、

どうして間違いなのか、

どこが間違いなのか、

分かるまで調べる。

それが、入試の力になるのです。

 

入試の過去問ができるようになっても、

同じ問題が出ることは少ないのです。

むしろ、

それ以外の問題ができるようにならないと。

そのために、

調べて、理解して、自分に足りない知識や経験を

補っていかないと。

友人や先生を安易に頼ってしまうということは

自分でできないまま前に進むことに

なりかねなませんよ。

 

自学は、自分との戦い。

どうしても、

辞書や教科書で調べても、

解答を見ても

ダメな時まで

我慢することも必要ですよ。

戦ってください!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

【算数】 計算練習はどうやる?

朝晩は寒い福島伊達。

代表渡邉が更新です。

期末試験を終えて体験入学が増えています。

中2、中1だけではなく

小学生も。

今年は動きが早いですね。

それだけ保護者の皆さんが心配されているのだと思います。

心配を安心に変えられるように

志学白雲館、がんばります。

 

さて、昨日の【算数】の記事、

メールで質問をいただきました。

計算が苦手なんだよね~、と。

お答えします。

 

計算は、算数、数学力の基本となります。

計算で穴があれば、

考え方がよくても、答えを導き出すことはできません。

実践力の土台基礎を小学生に身に付けることは、

必須だということです。

 

苦手のレベルのもよりますが、

大前提として、きれいに書いてください。

汚く書けばミスをしやすくなります。

 

さて、計算が苦手といったときに、

まずは筆算ができていないということがあります。

答えあわせを見て、

正誤を判断するまえに、

一手一手、見ていってください。

①式を筆算の形に書く

②一行一行計算があってるか確認

③答えを確認

①と②は計算の型が身に付くまでは

逐一チェックすることをお勧めします。

桁をそろえる、とか

計算の悪癖を直す、とか

まずは、この徹底をしてください。

 

つぎに、ある程度自分でできるようになってきたら、

①正答率

②スピード

を数値化して意識していきましょう。

 

さらに、問題を見たら自然に手が動くようになるまで、

繰り返すことをお勧めします。

そして時々振り返ってください。

1学期はできたはずなのに、

今は考えながらやってしまうこともあります。

Aの単元を徹底してやる→

Bの単元を徹底してやる→

Aの復習→

Bの復習→

Cの単元を徹底してやる→

Aの復習→、、、

 

計算力が衰えることなく

積み重ねることができます。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

【算数】 お父さんお母さんと算数を絵にする

思ったよりも寒くない福島伊達。

代表渡邉が更新です。

連日、角界の話題で持ちきりですが、

基本的には暴行事件です。

警察を中心として処分すればいいだけの話。

これが職場だって、学校だって同じ。

暴力があったら、警察に、という流れが

自然ではないでしょうか。

それよりも、北朝鮮のミサイルの方が、

大問題だと思うんですが。

 

さて、今日は小学生の算数のお話。

4年生位から算数につまづきが出てきます。

大きな数や小数といった身近にはない数だったり、

分数といった概念的な数が出てくると

「算数、なんか苦手」が増えてきます。

そんな時には、絵をかいてください。

目で見てわかるように工夫をするといいです。

小数は自然数と比べて小さな数や半端な数を表せると

目で理解するために。

大きな数も小さな数の積み重ねだと

目で理解するために。

 

この算数を絵でかくという能力は

高学年になっても、中学生になっても有用です。

6年生になると「速さ」の単元がありますが、

数字では理解できなくても、

図解してあれば分かりやすくなります。

中学生になって関数を学ぶ時にも、

とりあえずグラフにしてみると、

目で考えることができます。

 

お家では、問題を見て、

大人ならすぐに絵に書けるところを

一緒に書いてみるといいと思います。

まずは、お父さん母さんが書いてみる。

次に、お子さんと書いてみる。

最後に、お子さんだけで書かせてみる。

 

上手に描く必要はありません。

〇や線を使って

0.5はこのくらいだね。

2/3時間は、時計でいうとこんな感じだね。

と進めてみてはどうでしょうか。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

1 / 8712345...102030...最後 »

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ