〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 渡邉巖

祝日ですが月曜ですので通常です。

秋晴れの福島伊達。

代表渡辺が更新です。

天気がいいのは今日だけで、

今週は曇り空になりそうですね。

週末にかけては雨が。

土曜、晴れてほしいんだけどなぁ。

 

さて、今日は祝日。

福島市では稲荷神社のお祭りも行なわれ、

けんか祭りや提灯祭り、紋付祭りも

行なわれたんですよね。

伊達市では、霊山神社の例大祭かな。

各地でお祭りが執り行われる秋の祝日ですが、

白雲館は通常営業でした。

地域振興も考えますので、

地域の祭りがあるとなれば、

多少は考慮します。

受験勉強に影響のない範囲で。

ですが

ただの祝日であれば、

通常授業をしています。

 

入試は、ゴールまでの時間が決められている戦いです。

自分がやらないから、周りもやらないだろう、

なんてのは浅はかです。

今しかやるべき時はないのです。

1月2月にやらない人はいません。

そこで力をつけて追い抜くことはできません。

今なんです。

今しかないんです。

休日だからこそ、

更にやりこむことができるんです。

 

そんな祝日への考え方でした。

 

明日も、明後日も頑張っていきましょ!

新教研テスト10月号 もぎ試験は本番のように

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨夜遅くに緊急地震速報が鳴りましたね。

福島伊達は震度4。

長い揺れではありましたが

慣れるものですね。

直感的に大丈夫だと思ってしまうのも

困りものです。

慣れないのは

あの速報のアラーム。

いつ聞いても嫌なものです。

さて、今日は新教研テスト10月号を実施しています。

実力テストに定期テスト

さらに、新教研もぎテストと、

受験生はテストが続きます。

 

漫然とテストを受ける人には、

意味のない時間の拘束ですが、

志望校合格に燃える受験生にとっては

貴重な練習の場です。

悔いのないように受けてください。

志学白雲館では

できうる限り、

運営母体が設定する期日と時間を守っています。

特に時間は

入試の時間と始まるのが同じですので、

早い時間の頭と体の使い方や、

準備の予行ができます。

 

午後からのほうが楽かもしれません。

日曜からのほうが準備ができるかもしれません。

ですが

入試とは、個人の都合を無視して行なわれるのです。

 

たくさんの制約も

受け入れたものが強いんです。

受け入れるためにも

もぎ試験は本番のつもりで、

いや本番以上のつもりで受けて欲しいです。

 

日頃の勉強の成果が出ますように。

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

苦手科目は「穴」を見つけよう

秋晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今日は、福島東稜高校の入試説明会でした。

数年前から学校改革をしている東稜高校の

現在の様子を知ることができました。

特進科は英語に力を入れており、

今年はいい結果が出そうですね。

楽しみでなりません。

また、新しい校舎も見学させていただきました。

看護科や食物文化科の施設は、

プロ仕様の本格的なものでした。

将来の夢が決まっている人にとっては

素晴らしい環境だといえます。

お昼は食物文化科の生徒さんが

作ってくれた給食を頂戴しました。

おいしかった~。

写真取ればよかった。

さて、毎月のように新教研が行なわれるわけですが、

自分の苦手科目をどうにか克服しようと質問に来ます。

「どうやったら古文ができるようになりますか?」

いま、どんな勉強しているの?

「うーん、入試問題の過去問をやっているんですが、

点数にならなくて。」

そりゃそうだ。

 

受験生の多くが、入試の問題をやらないといけない、と

思ってしまいがちですが、

ものには順序があります。

段階があります。

それをすっ飛ばしても

効果は上がりません。

特に苦手教科は。

 

受験生だけど、

一年生の問題に戻りましょう。

簡単だと思うかもしれないけど、

そこからやってみましょう。

点数が取れなくなった場所、

そこ!

そこが穴!なんです。

 

穴を見つけ、埋めていく。

そうしないと、

入試問題はできないんです。

 

簡単に上がる夢のような魔法は知りません。

ですが

点数が上がる、確かな方法はあります。

横着せず、一歩一歩行きましょ!

 

あ、明日は新教研です。

8時50分までに、遅刻せずに来るんだよ。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

選挙権という武器 投票に行こう!

十五夜の月が綺麗だった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨夜は十五夜ということで、

布団を窓際に移して、

カーテンを開けて月を眺めました。

思いのほか明るく、

眩しいくらいの月。

いろいろなことに

想いを巡らせながら時を過ごしました。

 

さて、総選挙についての報道がされていますね。

意外と中学生はニュースに関心があり、

政治についての質問をくれます。

ものを教える人間の矜持として、

偏ることなく、

質問に答えていますが、

最後に言う言葉は同じです。

「かならず選挙に行くんだよ!」

 

今ではないにしろ、

3年後、その先も、選挙に行ってほしいのです。

少子高齢化が進み、

65歳以上の高齢者の割合が大きくなっています。

社会保障費が年々増加しているのは

知っているでしょう。

高齢者が安心して暮らすことができる、

何も悪いことではありません。

 

ですが、高齢者の社会保障だけが手厚くなり、

若者や、子育て世代の声は届いていません。

どうしてでしょうか。

 

それはあなたが選挙に行かないからです。

政治家も応援してくれる人に目を向けます。

応援は、いろんな形がありますが

投票率という形で表れ、認識されます。

「50代から60代の投票率が高いな~。

じゃあ、高齢者向けの政策に力を入れよう!」

となるのです。

「若者はそれなりだから

それなりにやろう」

とは言わないまでも、

優先順位が変わるのです。

教育の無償化、よりも年金。

待機児童の解消、よりも老人ホーム。

そうなってしまうのです。

 

自分ひとりではどうしようもない社会を

変えることができるのは政治行政の力です。

自分の未来のためにも、

投票に行ってほしいのです。

 

投票に行くためには、

普段から政治に関心を寄せ、

政治家の行動をみていかなければなりません。

主権者として、

責任ある行動を取っていきましょう!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

思い出という言葉に逃げてはいけない

少し雨が降った福島伊達。

代表渡邉が更新です。

公民を教えていると、

今の政治の動きに質問がきます。

政権与党にしても、

野党にしても、

新党にしても、

子ども達は疑問符がついています。

正直、わたしも。

「結局、総理大臣になるためでしょ」

返す言葉がありません。

もっと、国民を見た政治をしてほしいと願うのは、

大人ばかりではないようです。

 

さて、梁川中はテストが終わりました。

お疲れ様。

昨日まで、多くの子が勉強に来てましたけど、

今日は少なめです。

しかし、今日も変わらず自学に励む受験生。

今日のテストの反省をしている子もいます。

今週末の新教研に向けて準備をする子もいます。

恥ずかしながら、提出物を仕上げている子も。

 

目的はいろいろですが、

今日来ている子は、

伸びると思うのです。

テストが終わっても、ペースを変えないというのは

強さです。

すでに良い習慣が身体についているわけですから。

 

これから文化祭や合唱祭に向けた準備が始まります。

勉強する時間を意識的に確保してください。

準備を言い訳にしないでください。

 

思い出を作ってください。

でも

思い出に逃げないでください。

 

テスト対策勉強会 「うさぎとかめ」じゃダメなんです

秋晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今週は研修を受けてまして

9時から17時までの座学がありました。

もちろんその後

塾の業務もあったので、

疲労困憊。

今朝は長めに休みました。

まだまだ疲れは取れませんが

精神的には充実しています。

しかし、

ちょっと足が痛いのが心配です。

 

さて、テスト対策勉強会もいよいよ大詰め。

終わったテキストを何度も繰り返して、

塾のワークに挑戦していってくださいね。

 

テスト直前の土日になって、

急に来だすような

たわけモノは論外ですが、

この時期、学校の提出物が終わってない人は

イカンのですよ。

「大丈夫です。テスト前には終わりますから!」

うーん、

厳しいことを言いますが、

それじゃ伸びんのですよ。

(「空想科学読本」より。内容とはあまり関係ありません)

童話「うさぎとかめ」のように

本人は亀のようにこつこつやっているんだと思います。

悪いことではありません。

油断してゴールできなかったウサギよりは。

 

でも、いつまでも亀のままでいいんですか?

 

私はみんなに、

油断しないウサギになってほしいんです。

勝負に油断はあってはならないんです。

全速力で、全力で、

テスト範囲の勉強を終わらせてほしいんです。

 

1度目は提出するための勉強になっている人がほとんどです。

間違った問題に、正しい答えを書いて終わり、

そんな人も多いんじゃない?

それって、できるようになってないよね。

 

そのあと、できなかった問題をできるようになるまでやって

初めて点数になるんです。

 

つまり、提出できる状態は

中間地点なんです。

だから、そこから時間が必要なんです!

 

まずはこつこつがんばる亀を、

次に油断しないウサギを、

さらに

サラブレッドでもチーターでも、

どんどん進化していってくださいね!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

テスト対策勉強会 小学生英語のアドバンテージ

雨も上がった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

解散が決まりました。

よく分からない動きの政党もありますが。

忙しくなりそうです。

 

さて、テスト対策勉強会の真っ最中ですが、

今日はちょっと脱線して小学生の話。

 

志学白雲館の小学生は国語算数英語から選択できます。

個別的の授業をするので、無学年方式となります。

6年生と4年生が一緒に勉強する環境は、

どちらにとってもメリットがあると考えています。

年長者にとっては、年少者の模範となるようになります。

年少者は、年長者のいいところをまねるようになります。

切磋琢磨とはいきませんが、

お互いが影響しあうようになります。

また、中学校に入ってからも、

知っている先輩がいるということは心強いものです。

昨日は英語の授業を受けている子がおりました。

小学校で英語の授業が行われるようになりました。

小学校では、4技能のうち、

聞く話すの分野に重点が置かれています。

志学白雲館では、中学からの準備を考え、

書く分野にも力を入れています。

 

アルファベットから

ローマ字

中学校の教科書を書写へと移っていくのですが、

昨日はすでに書写に入った5年生が

一人で意味を調べて、

日本語に訳していました!

しかも、ちゃんとできてる!

Goodだね!

 

中学校に入ってから、

アルファベットをやり始める人と

明らかにスタートラインが違ってきます。

”わたしはできる”と自信をもって

中学校の英語の授業に臨むことができるようになります。

 

アドバンテージは、

自分で作ることができます。

しかし、

段階を飛ばすことはできません。

いまからなら、

ゆっくり準備ができます。

ご検討ください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

テスト対策勉強会 凹むことは悪いことではない

雨が降りそうな福島伊達。

代表渡邉が更新です。

解散が決まりそうですね。

新党もできますね。

ダメそうな政党もありますね。

ひと月後に国民の審判が下ります。

どうなるのか。

注視していかないといけません。

 

さて、テスト勉強や受験勉強をする中で、

必ず思うことがあります。

「なんでこんなにできないんだ!」

自分に対して、

怒り、悲しみ、無力感、自己否定感が

生じることがあります。

 

凹みますよね。

一生懸命やっているのに。

ですが、凹むことは悪いことではないんです。

凹むためには

一生懸命やらないといけません。

挑戦し、努力し、もがいたからこそ

できない自分に凹むのです。

 

1回の練習でできることもあります。

3回目できることもあります。

10回もかかることもあります。

できるまでには、

できないを積み重ねないといけないんです。

 

凹んだ時こそ、

あと少しだぞ!と思ってください。

凹んだ時こそ、

伸びる時だぞ!と思ってください。

 

大きくジャンプする前は、

膝を落とし、凹むもんです。

あとは跳ぶだけ!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

テスト対策勉強会 気づいたときには遅すぎる、から

晴れてて気持ちの良かった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

勝負の土日ですが、

今日はいつもより参加者が少ないですね。

来週から新人戦が始まります。

練習という人も多いのでしょうね。

好きなことは一生懸命やりましょう。

ただし、

やらなければならない事から逃げてはいけませんよ。

結局は自分に返ってきまうから。

 

さて、伊達市梁川町には

新たにチェーン店のラーメン屋さんができました。

まだ行ったことはありませんが、

お昼時には多くの人がいます。

そういえばコンビニも新たに3店舗できていますね。

開店ラッシュという所でしょうか。

 

ですが

福島市の看板デパートは二つある店舗のうち

一つを閉めてしまいました。

閉めてしまった方の店舗には、

大型の書店がありました。

専門書や学習参考書などが揃えられていて、

利用させてもらっていました。

今回の閉店には様々な理由があると思いますが、

車社会の福島では、

広い駐車場がないと、

お店の存続が難しいという所でしょうか。

この閉店によって、

車を持たない高校生にとっては

大きな痛手となってしまいました。

問題集や参考書が欲しくても、

自分で買いに行くことができないわけですから。

 

「本屋便利だったのになぁ」

「参考書買うの大変だなぁ」

気づいたときには遅すぎるのです。

 

私は、あらためて塾を頑張っていこう!と思いました。

教育は大事だ、と思う保護者の方と、

自分の夢を叶えたいと願う小学生、中学生、高校生と、

伊達市や福島県のために!

もし、この地域に学習環境がなかったとしたら、

電車に乗って、福島市までしかなければなりません。

福島に行ける人にだけ、

学習環境・学習機会が与えられることになります。

そうなれば

ますます教育格差は広がってしまいます。

人口の流出も加速するでしょう。

そして

気づいたときには遅すぎる事態に。

 

がんばろう。

伊達市の教育に寄与できるようになろう。

伊達市の未来を明るく、楽しくするために。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

テスト対策勉強会 「提出物、全部終わりました!」

雨が上がった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

午前中、国見町の義経祭りに行ってきました。

国見町商工会青年部の面々が売店を開いていました。

雨も上がって、

大盛況のオープニングでした。

お昼は青年部員「謹製」焼き鳥と焼きそばを。

うまー!でした。

 

さて、テスト対策勉強会は勝負の土日に。

15時から開校していますが、

すでに自学は始まっています。Goodだね!

 

最大限の学習時間を確保するなら、

土日を活かさなければ。

学校に提出するワークブックは

この土日に終わらせてしましましょう。

「提出はまだまだ先じゃん」

なんて思っているあなた!

厳しいことを言いますが

だから点数が取れないのです!!

 

終わらせるのはこの土日。

一度ノートにやって

できないところを見つけて、

質問したり、理解したり、暗記したり、

できるようになるまで挑戦するのが

この土日。

 

来週からは、

本当にできるかどうかの確かめ。

テキストに書き込むのもよし、

別な問題集に挑戦するのもよし。

 

もうすでに

「提出物、全部終わりました」と報告してくれた子も。

今までで最速だそうです。

いいね!さすが受験生だね!

ここから、

ぐんぐんあがっていくよ!

がんばれい!

 

ただ心配なのは、

テスト範囲が変わること。

努力している生徒のことを考えてほしいな。

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

2 / 1912345...10...最後 »

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ