〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事

チラシ入ります

今日も暖かい福島伊達。梁川校から更新です。

花粉症に悩む塾生たちがいます。

目の痒さや鼻水に悪戦苦闘しているのを見ると、

こちらまで何やらむずむずします。

私も肌にくる花粉症なので、この季節は好きではありません。

はやく桜が咲いてくれないかな。癒されるのに。と思う日々です。

 

今週末に、梁川地区保原地区にチラシが入ります。

その前からお問い合わせや入塾があり、感謝です。

 

私どもの紹介とごあいさつのようなものです。

ご不明な点があれば気軽にお問い合わせをいただければと思っています。

お問い合わせで多いのは自学の環境についてです。

白雲館は基本的には日曜休み。それ以外はどんどん利用してくれて構いません。

受験期に入ると、ほぼ毎日開けています。

塾には、塾生に貸し出せるテキストや過去問が充実しています。

また、授業時間以外ならば、選択教科以外でも質問できます。

自学の環境でも、地域では群を抜いていると思っています。

 

白雲館のスタイルがだんだんと地域に浸透しているのか、

自学の環境を提供する他塾が増えてきました。

とってもいいことです。

勉強したいという声に応える場所がたくさんあるという事は

地域にとって望ましい変化だと考えるからです。

 

塾に通っていない人だと、

市役所や交流センターなどで勉強する方もいるようですが、

良い環境とは言い難い所もあります。

勉強に来ているのか、勉強している雰囲気に酔いしれているのか、

そもそも勉強していない人もいる中では

身になる勉強はしづらいだろうなと感じます。

 

各塾が、出来る範囲で自学環境を提供する用意なればいいと思っています。

 

自学ができる塾=白雲館を目指してきたので

さらに塾生にとっていい環境を提供できるよう

進化させていきたいと考えています。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

ドキドキとネタバレと

雨で肌寒い福島伊達。梁川校から更新です。

昨日の夜は、久々に嫌な気持ちになりました。

会計ソフトを立ち上げたら「ファイルを開けません」の文字。

3年分のデータがパァ。

ドラゴンクエストの復活の呪文を間違えたときのような気持ちに。

同じような状況もあるだろうと、ネットを調べまくって2時間。

復活させましたよ。

そのあとは仕事にならなかったですけどね。

 

家に帰って相棒を見ました。

ネタバレしたくないので、みなまで言いませんが、

はじめの方で落ちが読める展開。

まさかね、と思いつつ最後まで見るも、

予想通り過ぎて、不完全燃焼。

 

自分の経験がエンターテイメントを邪魔しましています。

何か別なもの探そ。

 

さて、今日も新高1が自学に来ています。

去年よりもいい傾向です。

与えられたものをやる。そこは心配していません。

それ以上の自発的な学びを期待しています。

 

よし、志事すんぞ。

さぁ、いきましょー!

 

高校部にうれしい加入

だんだんと寒くなってきた福島伊達。梁川校から更新です。

昨夜、26年度の結果をHPに公開しました。

塾業界では、合格者の水増しや誇大な表現が問題となる報道をよく聞きます。

一部の問題ではありますが、業界としても指針が出ています。

こうして情報を正しく公開し、健全な競争を促す方向にあります。

個人情報保護法に抵触しない範囲で塾生の頑張りを紹介させていただきました。

塾選びの検討材料になればと思います。

 

進学校に進む者もいます。

地元の高校へと進む人もいます。

入塾テストをしない主義の塾ですので、

エリートになれとか、進学校に必ず行け!とか言うつもりは毛頭ありません。

学年1位と最下位が同居する塾です。

本人が目指す夢を叶えたいと望む塾です。

最下位で出会った塾生には

少しでも勉強の楽しさに触れてほしい。

学年1位の塾生には

もっと深遠な学問の世界を垣間見て、

自分の志に近づいてほしいのです。

 

それぞれが今の自分より一段上を目指す。

そんな塾です。

 

また、一段上の自分、自分史上最高の自分、を目指して

自学に励んでほしいのです。

塾という環境を生かして、自分で未来を切り開いてほしいと思っています。

 

今日も早速、新高1が自学に来ています。

いいですね!

なによりうれしいのは、

県立高校合格に残念ながら届かなかった塾生が

新たな目標を持って自学に来ていることです。

しかも

高校生になっても、白雲館に通いたいって、言ってくれました。

 

ずっと応援します!

次は、次こそは彼女の夢を叶えられるように。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

 

H26年度 入試結果

新潟大学   教育学部

東北福祉大学 社会福祉学部

 

福島高校  3   橘高校   1   福島東高校 2

福島南高校  文理科  1  情報会計 1

福島西高校  普通科  2  数理科  1

福島商業高校 情報ビジネス  3

福島工業高校 情報電子  2  電気  1

福島明成高校 生物生産  1  生物工学  3

保原高校   普通科  11  梁川高校  普通科 2

 

福島成蹊 普通科  1  桜の聖母  英語科  1

福島東稜 特進   1  普通キャリアデザイン 2

学法福島 普通実務 1  聖光学院 機械科   1

 

※講習会のみ受講した生徒および新教研テストのみ受験した生徒は含みません

 

以前の楽しみが楽しめないのは

20度超えてる福島伊達。暑い。梁川校から更新です。

今日は朝から教材会社様とのミーティングでスタートでした。

この業界では、今時期が年度の変わり目になります。

新しい年度の構想などをお話しさせていただきました。

 

twitterをのぞいてみますと、

塾生たちが、つかの間の休息を謳歌しているのが分かります。

それもまたいいでしょう。

禁欲にも似た、生活でしたからね。

 

そして、楽しいと思う反面、気づくことがあると思うのです。

以前より楽しめないことを。

 

余暇の時間を楽しんでいたはずのゲームや遊びが、

あれ?なんか違うぞ?と感じるのです。

 

刹那の時間を楽しむものもいいですが、

自分を高める喜びも分かってしまったからです。

 

それを、成長と言います。

 

 

ミーティング後、N先生が保原校の掃除します!宣言をしたので、

梁川校もお掃除。

エアコンのフィルターやげた箱と三和土をきれいにしやした。

汗だく。

 

今日は準備講座から。

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

入試お疲れ様!さて次だぞ!

高校入試が終わった福島伊達。梁川校から更新です。

県立受験者全員の合格とはならなかったのが残念でなりませんが、

平成26年度が終わりました。

 

合格した人は、油断することなく歩みを進めてください。

残念だった人は、悔しさをばねに歩みを進めてください。

そうです。行きつく先は、まだまだ歩みを止めるわけにはいかないということです。

 

君たちの志はもっと高いのです。

君たちの夢はまだまだ先なのです。

 

人間万事塞翁が馬、といいます。

故事は調べてください。

簡単に言うと、目先の結果がすべてではないという事です。

 

合格の二文字に酔いしれて、勉強をしない高校生になれば、

3年後の苦労は目に見えます。

逆に、悔しい思いをした人が、次こそはとリベンジをするのを

数多く見ています。

 

浮かれ侮ることなく、

立ち止まることなく、

真摯に歩んでいってほしい。

 

お疲れ様でした。

また、いつでも白雲館に来てください。

 

さて、今日も授業頑張るぞ!

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

卒業おめでとう あなたの志は何ですか

晴れたり雨が降ったり、落ち着かない天気の福島伊達。梁川校から更新です。

今日は卒業式。おめでとうございます。

塾生一人一人が、それぞれの成長を見せてくれました。

まだまだ幼かったあの時。

3年間の学校での学びや部活動を経て、大人になっていったように感じます。

保護者様におかれましても、

お子様の成長に目頭が熱くなることもあるのではないでしょうか。

義務教育という一つの節目を無事終えられましたこと

本当にお疲れ様でございました。

 

ここから、高校での学びと新たな進路に舵を取るわけですが、

塾生には「志」をもって、外の世界へと飛び立ってほしいと思っています。

 

志とは何か。

ただの目標ではありません。

あなたがこの社会に生を受けて、何を為すのか。

限られたこの命を、何に使うのか。

 

私の「志」学びを通して幸せになってもらう事です。

幸せとは、単に富を手にするとか、享楽に耽るとかではなく、

自己を高める幸せと

他人に喜んでもらう幸せと

両方を享受してほしいのです。

 

強い「志」があればいい。

ときに迷ったっていい。

目先の手段や目標なんて変わることだってある。

坂本竜馬だって、尊王攘夷から、開国へと変わったじゃないか。

それだって、その先には日本の為にという「志」があった。

 

この節目に、みんなに送る言葉。

あなたの志は何ですか?

高校3年間を有為に過ごすためにも考えてみてください。

そしてことあるごとに、

自分に問うてください。

 

よし、俺も志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

教育は農業と似てる

風が冷たい福島伊達。梁川校から更新です。

3.11は皆がそれぞれの形で東日本大震災を思い出し、

想いを述べられていました。

私は復興への想いを強めた一日でありました。

 

この時期は塾生の入試も終わり、

ほんの数日前までの喧騒が、うそのように静かになってしまうので、

寂しさを感じずにはいられません。

 

しかし、今日は「部活がないから」と

この時間から自学に来ている新2・新3年生を見ていると、

ああ、すでに白雲館の思想に染まってくれているなぁ、と思わされます。

そして、また1年間、この子たちと頑張ろうと思わされます。

 

教育は、農業に似ていると感じることがあります。

自分が自然とどう関わったかで実りに違いが出るように

塾生との関わりが将来の可能性を変える気がするのです。

しかも、一年毎、新たなスタート切るところも似ています。

 

手をかけ目をかけるだけが教育ではありませんが、

一人で学べる力を付け、

学びに深さや豊かさが与えられるように、

応援していこうと思います。

 

教育はサービス業ですが、

個人的には第一次産業だと思います。

人生の根幹であり、国家地域の発展の基礎だからです。

 

そんな想いで、今日も志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

3.11 みんなで復興するべね。

311の福島伊達。梁川校から更新です。

4年前は、塾で一人仕事をしていました。

卒業の報告に来てくれた塾生と話をしていたらあの揺れ。

尋常じゃないな、と思いつつ

塾生をかばう事しかできませんでした。

 

当時のことはよく覚えていますが割愛。

 

あれから、将来のことを考えるようになりましたね。

自力本願を旨としていましたが、

とうてい自力では太刀打ちできない状況。

 

復興という言葉に支えられて、

歩みを止めずに来れました。

 

俺は俺の立場で、

みんなそれぞれの立場で。

 

まだまだ、復旧すら終わらない。

 

復興に向けて決意を新たにさせられます。

 

よし、志事すんぞ。

さぁ、いきましょー!

新中1講座スタート 「狂いたまえ」は名言だな

風が強い福島伊達。梁川校から更新です。

2期試験の真っ最中、今頃は最後の社会を頑張っているころと思います。

塾生一人一人が頑張ってきたことをそのまま出せればいいなぁ、と思うだけです。

 

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」を皆さんはご覧になっていますか?

吉田松陰の妹文が主役ですが、

吉田松陰という人物と、伊勢谷雄介と俳優の演技が好きだという事で

楽しみに見ています。

 

久坂玄瑞、高杉晋作という綺羅星が出てき始めました。

松蔭と塾生の交わりを見ていると、

学ぶという事の楽しさが垣間見られます。

 

おそらく孔子と弟子たちも

キリストと弟子たちも、

同じだったんじゃないかと思うのです。

 

先生自身も学び手である交わり。

 

先生、師と呼ばれる人学びの追究を目指していて、

弟子や生徒を軽んじることなく、

むしろ自分も同列であるかのように接するのを見ると、

学びの熱が伝わっていくのかなぁ、なんて思わされます。

 

先週は「諸君、狂いたまえ」の言葉が。

熱くなりますね。

 

今日から、新中1の講座が始まります。

先んじましょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ