〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事

可能性について (保原校 山本)

こんにちは、保原校の山本です。

先日プロ野球のドラフト会議がありましたね。
高校野球で注目されたあの選手はどの球団が交渉権を勝ち取るか!

のような感じで例年より関心が高かったような気がしますが。
少し気になったので調べてみました。

プロ野球選手になる方法は、上にもでたドラフトで指名がかかること。
その年にもよりますが、1球団で10位くらいまで指名できるそうです。

日本の球団数は12球団なので、1年でどこかのドラフトに指名される選手は約120人!
知ってはいましたが、数字にすると狭き門なのが強調されますね。

では確率を求めてみましょう。

高野連によりますと、ここ数年、高校3年生の硬式野球人口は
5万人を少し超えるくらいだそうです。

社会人野球は計算から除外すると
5万人中120人が毎年プロ野球選手になる計算になります。
(ものすごくざっくりした計算ですが・・・)

120/50000 = 0.0024 つまり0.24%!!!!
低!!!!!

・・・・・ちなみにね?

東京大学って毎年約3000人合格してるんですよ。
センター試験の受験者数は約55万人。

計算すると・・・・
3000/550000 = 0.00545454… つまり約0.55%!

・・・・・・ちなみにね??

国公立大学って毎年だいたい12万人合格してるんですよ。
センター試験の受験者って約55万人。

計算すると・・・・
120000/550000 = 0.21818… つまり約22%!!
だから大学は入りやすいって考えるのは早計甚だしいですが、
「頑張ればなんとかできるかも」と思うには十分な比較だとおもいますよ。

そう 頑張ればね

苦手なものは克服しないとね (梁川校 青田)

こんにちは。青田です。

天気が変わりやすい日々が続いております。

秋の見本となるような天気です。

秋と言えば・・・・

「読書の秋」、「スポーツの秋」、「食欲の秋」、「芸術の秋」・・・・

と、十人十色の秋があると思います。

私は、みなさんがご存知の通りの巨漢ですから、

「食欲の秋!」と言いたいところですが、

私は塾内では誰もが知っている「好き嫌い王」&「偏食王」です。

案の定、秋の味覚と言われる「キノコ」や「栗」は苦手です。

まぁ、大好きな食べ物が「赤ウインナー」という時点で季節感台無しですけどね(笑)

でも、勉強となると好き嫌いとか言ってる場合ではありません。

定期試験や模擬試験、最後に高校・大学受験がありますから。

苦手な教科をそのままにして合格を勝ち取れるほど受験は甘くありません。

苦手な教科を克服するには、「毎日少しずつ勉強する」ことです。

大事なのは「毎日」・「少しずつ」です。

苦手な教科を長時間勉強しようとしても、

結局、教科書やテキストをずっとニラめっこしてるだけになります。

毎日、苦手教科にふれることで、少しずつ苦手意識を無くすことができます。

最初は怖くて触れなかった動物も

ずっと一緒にいれば抵抗無く触れるのと同じです。

今週で各中学校の文化祭も終わります。

今年の秋は「勉強の秋」と決めて、苦手教科を克服してみましょう!

 

 

 

39周年 (代表渡邉)

昼間でも寒くなってきました福島伊達。保原校から代表渡辺が更新です。

横浜のマンションの手抜き工事をうけて、

件の企業が関連する工事が調査されています。

福島県内にも、いくつか関連する工事があるとか。

心配です。

 

さて、本日不肖渡邉誕生日を迎えることができました。

たくさんのメッセージ、プレゼントを頂戴しました。

まだ、お返事できていない方もおりますが、のちほど必ずお返事いたします。

 

今年は、独立から10年目、梁川校が7年目、保原校が2年目を迎えました。

おかげさまで、10年続く志事をさせていただいています。

挫けそうなことが無かったわけではありません。

そのたびに、多くの皆様に助けていただきました。

本当に感謝です。

 

今年から、青年部の部長という大役を任されています。

こちらも部員、先輩、地域の皆さんに助けられ、こなすことができています。

 

39歳になり、大きな病もなく、生かされていることに

ただただ感謝です。

 

今年は「自分のために頑張る」ことを目標にしたいと思います。

 

自分とは生物学的な個体ということではありません。

哲学的には、自分が認知しているもの全てを指します。

家族をはじめ、地域社会、職場、仕事仲間、関係団体の仲間とにかく全てです。

 

他人のため、ではなく、自分のためとすることで、

自分でない他人という存在はなく、

他人という自分しかない世界になります。

 

自分ではない他人のためにやっているのではなく、

他人という自分のために、利個でも利他でもない

自分に関わるすべての人の幸せを追求できるのです。

 

もっとも、自分が認知できないものもあるわけですが、

自分という範囲を大きく捉え、

志事に、地域貢献に、自己研鑽に励むことができればと考えています。

分かりづらい文章になりましたが、

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

個性 (梁川校 穴澤)

你好!鼻声がなかなか治らない梁川校 穴澤(リリー)です。(とても元気です!)

秋ですね。最近は秋晴れの日が多く、洗濯物が乾いてうれしいです(^^)

あづま運動公園のイチョウの木のライトアップが今週末から始まるそうです。

何年か前に一度見たことがあるのですが、すごくキレイだったので今年もまた見に行きたいなと思っています♪

うちの息子ですが、きかんしゃトーマス、鉄道が大好きんなんです。

我が家には木製トーマス

義実家にはプラレール

実家にはトミカの鉄道
と、どこに行ってもトーマスで遊んでいます。

わたしの母によると、わたしの弟は小さい頃に車や鉄道では遊ばなかったようで、
主人の母によると、主人も小さい頃に車や鉄道では遊ばなかったそうです。

鉄道が好きなのは息子の個性なのかな、と思います。

塾生のみなさんの個性を伸ばしていけるような授業をしていきたいです。

Big!!!! (保原校 斎藤)

こんにちは!
保原校の斎藤です。

月曜日は研修後、山形にできたコストコにいって来ました。
コストコはアメリカのスーパーみたいなもので、
とにかくおいてあるものが大きい!!!

とてつもなく大きい!

あれだけ大きいと、お得な感じがしてついついいろいろ買ってしまいます。

映画やドラマでみた風景が、目の前に広がってるのも
私にとってはとてもうれしいことです^^

中学生のころから海外ドラマが好きだったので
あの大きなカートや、大きなホットドックは憧れです。

日本は一つ一つが小さいです。
繊細で丁寧なつくりが特徴なので、
味は最高でも・・・まだもう少し食べれる・・・。
なんてことが多いのです(だから太るんですけどね)

はあ。お腹がなる・・・。

小学生や中学生のとき、
どんなものに興味をもって
どんなことろにいきたいのかなと
聞いてみたくなりました。

小学生は素直に話してくれるのですが、
中学生になると照れて話してくれなくなるんですよね。

英作文でこっそり書かせてみようかな。

さあ!今週は桃華祭と霊峰祭!
楽しんでほしいと思います。
その分しっかり勉強しようね^^

明日・明後日について (保原校 山本)

こんにちは、保原校の山本です。

タイトルについてですが、少し連絡事項を。
明日と明後日はお子様にも伝えている通り、
研修のため塾がお休みになります。

以前より交流のある塾の先生たちと勉強会ですね。
経営面だったり、教務面の話をたんまりしてきます。

実はこれ、楽しみでしかたがありません。

昔からそうでしたが、
「この問題をどう教えるか」
「この成績の生徒をどうやって〜〜高校(中学)に合格させるか」
「授業をする上で大事なことはなにか」

当然先生によって回答はさまざまですが、
私にとってこれ以上の刺激はありませんでした。

数年前までは、会議でいろいろな教室の先生が集まる日。
最寄駅に2時間ほど早く着いて、近くのファストフード店でコーヒーを飲みながら予習していると
待ち合わせていないのに、同期の先生が入ってきて、いつもそんな話をギリギリまでしていたことを思い出します。
模擬試験が終わった後も、内線電話で30分以上、結果や今後の課題を話していたこともあります。

今思えばあの時間は私にとって財産です。

そういう話の中で、
自分に足りないものや、いま何を自分はすべきで、生徒には何をさせるべきかを考えたものです。

人数が多ければ多いほど、こういう話は盛り上がります。
いろいろな先生がいるのを前提にこういう話を聞いていると
ものすごく勉強になります。

明日が楽しみでなりません。

どんな質問を明日するかはもう考えています。

その質問をすることで自分がどういう人間かを分かってくれて、
その質問に対しどんな回答が返ってくるかでその先生がどういう授業を普段しているかがわかる。

そんな質問を自己紹介がわりにしてみようと思います。

というわけで、明日・明後日はお休みです。
 お間違えのないように。

考えること (梁川校 青田)

こんにちは。青田です。

良い天気が続いております。

紅葉が見ごろになった山へドライブに行きたいですね。

しかし、朝晩の冷え込みも厳しくなっております。

体調を崩しやすいので、お気をつけ下さい。

 

 

いきなりですが、問題です。

 

「三角形ABCにおいて、∠A=70°、∠C=50°のとき、∠Bの大きさは何度ですか?」

 

さて、この問題どう思いますか?

ほとんどの人は、

「三角形の内角の和である180度から2つの角を引けば良い」

と思うでしょう。

でも、この考えが「浮かばない」、または、「理解できない」子どもたちが増えてます。

ウソ!だと思うでしょう?残念なことに本当の話です。

最近、自分で「調べる・工夫する」ができない子どもたちが増えています。

「何かについて考える」ということをせずに育ってきたのが原因でしょう。

私が子どもの時は、勉強でも遊びでも「今あるもので、どうするか?」を考えていましたが、

今は、苦労せずに物が手に入り、ゲームやスマホで簡単に時間を潰せる時代です。

そんな世の中ですから、子供たちが全て悪いわけではありません。

しかし、考える力を失ってしまっては生きていくことはできません。

子供たちには、勉強だけでなく遊びや生活も考えて行動して欲しいものです。

 

 

「スプーンがない状況でプリンをどのように食べる?」

ぜひ、ご家庭でお試しください。

子どもたちの考える力を見ることができると思います。

私立高校説明会 (代表渡邉)

遠くの山が色づき始めた福島伊達。保原校から代表渡辺が更新です。

似非風流といわれてしまいそうですが、

このくらいが好きなのです。色がつき始める前が。

桜にしても、紅葉にしても、色づき始めたころが。

 

さて、今週は県北地区の複数の私立高校のお会いする機会をいただきました。

どこも独自の方針を打ち立て、少子化時代の生き残りを図っています。

 

30代40代50代の保護者様が経験された福島県の入試、

そして私立高校の印象はもはや通用しません。

私どもを含めて、常に情報収集に当たり、

うわさや世間の評判に惑わされることないよう、

自分の眼で見て、話を聴いてくることは重要なことだと思うのです。

 

福島県の教育を牽引し、インターナショナルな(グローバルではない)学生を育てたい!

英語教育を充実させ、それをベースに各分野に貢献する人材を育みたい!

 

私学はそれぞれ教育の理念が違います。

違いの理解なくして、進路指導はありえません。

 

どんな教育をするかは、どういう人になってほしいかだと思います。

 

私学の話を聴くたびに、刺激を受けます。

自学ができる塾=自分で困難を乗り超える人になってほしい、私たちの理念があります。

その理念を形にするために

いろんな手法があり、時代とともに変わってくるはずです。

 

私立高校の話を聴くことを通して、自問自答する機会になっています。

 

これから、各高校で相談会や模擬テストが実施されます。

積極的に参加してください。

受験生だけでなく、中1、中2のみなさん、保護者様にもお勧めします。

 

よし、志事すんぞ。

さぁ、いきましょー!

 

Break a leg! (梁川校 穴澤)

Bonjour!(ボンジュール!)

こたつから離れられない梁川校の穴澤(リリー)です。

今週末、梁川中学校の文化祭があるそうで、

子どもたちの話題は、文化祭一色です。

わたしも中学生のころは、合唱コンクールに燃えたな~と懐かしく思い出されます。

わたしが中3だったときは、「青葉の歌」を歌いました。
山本先生はJUDY AND MARYの歌を
涼先生は「心の瞳」を
青田先生は忘れたそうです。

みんな青春してますね!
それぞれの役割を一生懸命やっているようです。

わたしも子どもたちの歌や、教科ごとの作品、

活躍を見てみたいです。

素晴らしいものとなりますように!

Break a leg!

10月なので (保原校 斎藤)

こんにちは。

保原校の斎藤です。

連休が終わりましたね。

これから小学生は運動会、中学生は文化祭とイベントがあります!

 

鼓笛や合唱など、いい思い出になりますから一生懸命取り組んでほしいです!

さて10月のイベントといえば、ハロウィンですね。

ここ数年で一気に広まりました。

保原校も恒例の折り紙でハロウィン仕様にしてあります!

 

IMG_5617

 

前回のわたしのブログで、

私がいかに不器用かを話したかと思います。

http://hakuunkan.com/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/1258.html

(不器用ですから)

 

 

まずはこちらをご覧いただきたい。(心霊写真紹介風に)

IMG_5582

 

これは折り紙で折ったオオカミ男である。

どれが私の折ったものかお分かりいただけるだろうか・・・。

 

 

そう。真ん中である。

 

左は我が白雲館のミス器用、Lily先生。

右は不器用なはずの青田先生である。

どこが違うかよくご覧いただきたい。

 

お分かりいただけただろうか。

 

こちらは、青田先生によって修正されたオオカミ男である。

IMG_5585

 

変わった箇所がお分かりいただけただろうか。

 

そう鼻と耳ができたのである。

これで私がいかに不器用かお分かりいただけただろう。

 

今後も、この不器用を脱すべく、精進していきます。

 

 

 

 

 

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ