〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事

2016 冬期講習2日目 容赦のない上下移動

今日もあったかい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

眠いです。

帰る時間は変わらないのに朝は早い。

睡眠不足から、注意力が散漫になっています。

気を引き締めないと。

 

さて、冬期講習初日が終わりました。

テストテストテストの講習会。

各教科の得点が容赦なく掲示されます。

しかも、

その点数によりクラスが上下します。

 

遅刻したので

病院だったから

寝不足で体調が悪くて

 

言い訳は一切考慮しません。

理由は、

入試の際にそれらの言い訳が一切通用しないから、です。

 

クラスの上下に一喜一憂してますが、

どちらにせよ

学び、得るものがあれば

それが意義になります。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

2016 冬期講習初日 毎回のことですが

暖かな朝の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

新潟の火事、ひどかったですね。

地形の特徴や天候も要因とはいえ、

あらためて大火の怖さを感じました。

 

さて今日から冬期講習です。

テストテストテストの講習会で

得点力を付けていきます。

 

毎回のことですが

「なんで朝からなんですか?」

と質問されます。

他の塾は違うのに、ってことですかね。

 

他の塾のお考えは分かりませんが、

志学白雲館では

入試の時間に合わせた行動を意識して

朝から講習を行います。

朝9時のスタートにあわせて

頭を目覚めさせるには、

どうすればいいのか。

そんなことまで考えて行動しましょう。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

渡邉 読解力は「騙し絵」

外は15度だった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

毎週楽しみにしていた真田丸が終わってしまいました。

三谷幸喜の脚本はやっぱりおもしろかった。

日の本一の武将真田幸村は、

戦上手でしたが

なによりも、忠義に厚い、あきらめない漢でした。

 

さて、国語を担当していて思うことがあります。

同じ問題でも、答えに気づく人気づかない人は

何が違うのだろう。

もっと言えば、同じ人でも、

気づける時と気づけない時は

何が違うのだろう。

 

下の絵を見てください。

%e9%a8%99%e3%81%97%e7%b5%b5

湖畔にたたずむ、男女。デートでしょうかねぇ。

 

ん?よく見ると。もう一つ見えてきませんか。

よく見てください。

気づきましたか?

答えは言わないけど。

 

 

こういう絵を「騙し絵」といいます。

あっという間に見つけられる人もいます。

まだ気づかない人もいるでしょう。

 

気づけない人に「ここに〇〇があるじゃん!」と教えても

「ああ、そうだね~」ってしかなりません。

答えを聞いてしまったら、自分で見つける力はつかないのです。

 

国語の読解力もこれと同じだと感じたのです。

気づける人は苦も無く見つけるし、

気づけない人はあらぬ方を見てしまいます。

答えを聞いて納得するのは大事なのですが、

それでは

正しい解答を導く力はつきません。

”自分の力”で答えていかなければ

解答力は決して身に付きません。

 

数回の練習でできるものでもありません。

5回に1回当たるでいいのです。

それが2回に3回に

だんだんとできるようになっていくと思うからです。

 

本気で答えを見つけようと挑戦した人しか、

読解力=解答力は付きません。

たくさん挑戦してくださいね。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

新教研の結果に見る当然の差

雪が積もった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

まず、あらためてご連絡差し上げます。

志学白雲館では送迎の安全などをかんがみ

「警報が出たら、休校」の措置を取っております。

この季節、大雪や暴風雪警報が出されることがあります。

開校時間に警報が出ていたら、

休校かもしれないと思ってください。

HPやtwitter、Facebookでもご連絡いたしますので、

ご確認のほどよろしくお願いします。

 

さて、新教研テストが返ってまいりました。

思い通りの結果でした。

と言いますのも、

例年、三者懇談が終わると、

空気が変わります。

「やらなきゃ」と思いを強くする塾生と

「受かるんじゃない♪」と油断をする塾生とが

出てくるのです。

 

かたやギアを上げ、アクセルを踏み続ける。

かたやブレーキを踏み、スピードを落とす。

さぁ、結果は歴然。

気づいたときには、思いのほか差がついている状態に。

 

受かりさえすればいい、とは思っていません。

努力することを知らぬまま先に進んでも

自分を向上させることできなければ

必ずどこかで壁に当たります。

自分を向上させる技術や考え方を身に付けることが

受験勉強を通して得られるもの一つだと考えています。

 

たとえ、滑り込みで志望校に合格しても、

努力した経験を生かせば、

高校生活で伸びていけます。

 

さぁ、ギヤを上げよう!

アクセルを踏み込もう!

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

私立高校の願書を書きながら

いつ雪が降ってもおかしくなさそうな福島伊達。

代表渡邉が更新です。

スタッドレスタイヤを装着し

雪が降ってもいいように準備はしてますが、

やっぱり雪は降らんでもいいなぁ。

 

さて、中学校では私立高校の願書を準備しているようです。

志望理由であったり、

高校生活の抱負だったり、

苦労しながら書いているようです。

 

漫然とした将来を言葉にするとき、

はっきりとした目標になります。

 

自分は大人になったら、、、

高校では、、、

 

そうした言葉が将来を作っていくのだと思うのです。

急に未来がやってくるわけではありません。

今、何を思うのか、

今、何をするのか、

その積み重ね。

 

願書なんて、面倒くさく思えるかもしれません。

でも、ちゃんと意味があります。

しっかり向き合ってください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

渡邉 体調管理も受験勉強ですよ

ストーブから離れたくない福島伊達。

代表渡邉が更新です。

午前中に福島ロイヤルティコンサルティングの

齋藤君と月例ミーティング。

今回もたくさんの気付きをいただいた。

雑談の中で、次の大河ドラマは何がいいか、という話題に。

二人とも、歴史好きなので、会津中将やら、渋沢栄一やら

五代友厚やら、最上義光やら、アイデアが尽きない。

「賤ヶ岳七本槍」あたりは武将も多いし面白うだけどな。

 

さて、寒くなってくると、心配なのは、

体調管理ですね。

インフルエンザが例年より早く広まっているようですし。

うがい手洗いマスク、できる限りのことをしてください。

塾でも、アルコール除菌を奨励してますし、

空間洗浄のための薬も設置しています。

あれこれ手は尽くしていますが、

やはり睡眠と栄養補給には敵いません。

 

惰眠をむさぼるのは良くないけども、

睡眠時間を確保するのは大事です。

三者懇談で「何時に寝るの?」と聞くと

「2時かな~」という子もいます。

四当五落と聞いてピンと来るのは

昭和世代ですね。

睡眠時間を削って勉学に励む姿は、

賞賛されました。

しかし、時代は平成。

睡眠時間の確保も、受験勉強です。

脳が知識を整理するために、体の調子を整えるための睡眠は、

それ自体が受験のための準備と言えます。

 

また、栄養補給も欠くことができない大事な要素です。

子どもたちの食事を見ていると、

手軽なカップラーメンやパン食が多いようです。

塾でおやつ代わりなら構いませんが、

それで終わりという子もいます。

残念ながら、栄養が十分だとは言えません。

野菜や果物といった

ビタミンを豊富に含んだ食材をお家では食べてください。

 

ご家庭でもお声かけのほどよろしくお願いします。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

苦手教科克服 数学(第1位)

こんばんは、保原校の山本です。

 

1日更新が空いてしまいました、すみません。

今日は苦手教科克服 数学編の最終回です。

 

第1位は、「なぜ解けたか、なぜ解けなかったかを追求する。」です。

 

簡単にいうと、「なんとなく解けたをなくすこと」とも言えそうです。

 

わからなかった問題の解説を見て、1行目だけを読んで

「なるほど」と思うことがあったとします。

 

それは、解説の1行目がわからなかった原因なので、

どうすればその発想が生まれるか(思い出せるか)を考えます。

 

解けたときも同様です。

一見わからなそうな問題が、なんとか解けたとき、

(一番嬉しい瞬間でもありますが、)

なぜ、自分は正解できたのかを考えます。

 

正解でも不正解でも、必ず原因があります。

なんとなく正解(不正解)というのは、なくすことです。

 

それが、できるようになると、

問題を解くときに「方針」を立てて解けるようになります。

 

方針とは小学生の問題で例えると、

「三角形の面積を求めよ。」という問題があったとします。

この問題の方針は「底辺と高さがわかれば解ける」です。

 

何がわかれば解けるのか、解くためには何が必要か、

 

なぜ解けなかったのか、解けるようになるためには何が必要か、

 

そういうことを自分の「頭で考える」ことが

どの科目でもそうですが、一番必要なのではないかということで、

第1位にしました。

 

よく、数学の能力に関して「ひらめき」「センス」

という言葉を使う人がいますが、

私は必要ないと思っています。(公立高校受験では特に)

 

数学ができない理由を、そのような都合のいい言葉で

片付けないで、諦めず頑張って欲しいものです。

 

 

さて、第5位からランキング形式でお送りしましたが、

これは、と思ったものがもし見つかったら、

是非実行してみてください。

 

大事なのは、続けることですよ。

 

 

何のための三者懇談か

午後になって寒くなってきた福島伊達。

代表渡邉が更新です。

中学校が三者懇談なので、

梁川校は13時から開けてました。

梁川中は広い範囲から集まってくるので

一度帰るのが大変です。

そのため学校帰りにまっすぐ塾に来る子が多いためです。

受験生だけでなく、下学年も来て自習しています。

Goodですね。

 

さて、週末に塾でも三者懇談を行いました。

ご家庭それぞれのご都合もありますので

全員とはいきませんが

ほぼほぼ受験に向けた方向性を決めることができました。

あとは、全身全霊で

受験に向かうのみです。

 

三者懇談をしたからといって、

すべて確定ということではありません。

迷うこともあるでしょう。

最終的には2月に決めてもらって構いません。

高みをめざし、自分を磨く覚悟を

自分で決断していかなければ意味はありません。

 

なりたい職業はなに?

 

私はそこから聞きます。

別に、みんなが大学進学をしなければならないとは

思っていません。

進学校に行かなければ叶わぬ夢もあります。

技術を身に就けねば叶わぬ夢もあります。

それぞれです。

自分がなりたい職業人になり、

人に必要とされ、人に喜んでもらえる人生を

歩んでほしいのです。

 

「半ば自分の幸せを、半ば他人の幸せを」

自分の夢を自分で叶えられる人になってほしいと願います。

 

さきほど、卒業した塾生が

就職のあいさつに来てくれました。

地元で就職をすることが決まりました。

 

目の前の塾生たちも

仕事をするようになります。

その時に

今の学びが塾生たちの一助になれば…

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

苦手教科克服 数学(第2位)

こんにちは、保原校の山本です。

今日は第2位ですね。

第2位は
「学校の授業をキチンと受ける」です。

経験上、今まで出会った本当に優秀な生徒は、学校の授業を軽んじていませんでした。
(別に良い子ぶりなさいと言っているわけではありません。)

当然かも知れません。
一週間単位で考えても、学校での授業時間は塾の授業時間よりも、はるかに長く、重要なことを知っていたんだと思います。

どちらかに重きを置きなさいと言っているのではなく、両方とも本気で受けなさいということです。

集中して、学校の先生の言葉に耳を傾けてみましょう。

実は素晴らしい教え方で授業は進んでいるのに、聞いていなかっただけかもしれません。

そうやって、
頭を使う時間を増やしていきましょう。

教科に関係なく、学校での5〜6時間は頭を使う時間にしてください。

学習持久力をつけましょう。

その程度のこともしないのに、
できない理由を学校の先生のせいにするのは論外です。
(得てして、そういう生徒は学校では塾の先生のせいにするんでしょうけど)

最近そういう生徒が多いので、ものすごく当たり前のことですが、第2位にしました。

では、第1位はまた明日。

苦手教科克服 数学(第3位)

こんばんは、保原校の山本です。

 

昨日に引き続き、今日は第3位です。

 

第3位は、「習うより慣れろ」です。

 

みなさんは九九は全て言えますか?

私も小学2年生のときに、みんなで暗唱した記憶があります。

 

例えば、7×8を7を8回足して答える人はいないでしょう。

あれは習うより慣れろの一番わかりやすい例ではないでしょうか?

(当然、計算原理を教えるのは当然として)

 

バスケットで3Pシュートがどんなルールかを理解しただけで、

すぐに3Pシュートをバンバン決める人はいないでしょう。

 

一度新しい問題や単元を学習して、全てを一度で理解するのは至難の業です。

(まれにいますが)

 

 

正負の数の計算や方程式、証明問題もそうですが、

解き方を習ったら、それが使えるようになるのには、

個人差はありますが、それなりに時間がかかるものです。

 

新しいことを理解するのに頭を使って、

新しいことを自分のものにするのにも、また頭を使うんです。

 

ゲームでも新しい武器を手にしたら、切れ味を試したくなるでしょう。

新しい魔法を覚えたら、効果を試したくなるでしょう。

どんな時にその武器や魔法が最大限に効果を発揮するかを

考えるでしょう?

 

それと一緒です。

 

では、第2位はまた明日。

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ