〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事

百姓という生き方

今日も暑い福島伊達。

代表渡邉が更新です。

落合陽一と堀江貴文が書いた

「10年後の仕事図鑑」を読んでから

いろいろ考えるようになった。

AIが世の中を変えていく時代

私たち人間がどう生きていくのか。

堀江氏の言葉が炎上したことがある。

「保育は誰でもできる」というものだ。

氏の真意をひもとけば

考えが理解できる。

結局、希少価値によって給与は決まるので、

現在の保育士のあり方だと、

給与は上がらない、というもので、

保育士にご苦労を理解していないわけではない。

苦労したから、給与が上がるわけではない、と

言っているのである。

 

もし、保育士の給与を上げるのだとすれば、

どこかで多く保育料にあたるものを徴収することになる。

それが受益者負担なのか、

税金として一律にあげるのか、

そこが問題となる。

 

また、給与を上げる理由は何か、という視点もある。

同一労働同一賃金だとすれば、

給与が上がることはない。

経験によって、変わるとしても、

目に見えない経験をどう測るのか。

もしくはスキルアップを理由にするとして、

何のスキルを、どれくらいまで持つべきか、

それぞれの保育園によって、

求められるものが変わりそうだ。

 

1人の人が専門性を上げて、

スキルを上げて、

希少価値を上げることができたとして、

それによってすぐさま

保育料が値上げされるとかは

難しそうだ。

 

資本主義社会ではそれが望ましいのだけれど。

 

だとすれば、もう一つの解決策は、

百姓という生き方だと落合氏は述べている。

百姓とは、単に農業従事者を指しているのではなく、

いろいろな職を複数持つこと、と述べている。

この考えも、これからは大事だと思う。

 

自分ができそうな仕事

自分の持っているスキルを組み合わせて、

仕事を作っていくことが、

これからの形なのかもしれない。

 

塾と学童も、その一つだといえる。

進学するための塾で培った教科教育力を生かした

勉強をする学童。

今までにない取り組みだから、

壁がないわけではない。

でも、自分たちの幅を広げて、

地域貢献できるならば、

やらない選択肢はない。

 

他の地域では、カフェと組み合わせてる塾もある。

集団塾と個別塾を組み合わせる塾もある。

どっちつかずになっては

元も子もないが、

人材や規模、準備できうる様々な要素から

いろいろな組み合わせが生まれると思うのだ。

 

そんなことを考えていくと、

いろいろなアイデアが生まれる。

 

アメーバは分裂して増えていく。

一つのもから二つに、

二つから四つに。

そうすることで種を守ってきたとすれば、

いろいろなものに挑戦できる

複数職を持つ百姓という生き方は

人生の可能性を広げそうだ。

 

ああ、お酒を飲みながら

こんな話をしたいw

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

伊達市のハザードマップと見比べて

今日も暑いぞ福島伊達。

代表渡邉が更新です。

西日本の豪雨被害が毎日報じられています。

震災を経験してはいますが

また性質が違うもの。

しかもこの暑さですから、

被災された皆さんは大変だと思います。

 

今回被災した真備町は、

事前にハザードマップで示された地域だとか。

2m~5mの範囲が浸水していました。

だとすれば、

自分たちの住んでいる地域はどうなるのでしょうか。

 

伊達市のハザードマップを見てみると、

保原校は問題なさそうです。

一方梁川校は、心配です。

梁川町は、8・5水害を経験し

水害対策をしているとはいえ、

今回のような豪雨が来れば、

その備えも万全かどうか分からなくなります。

塾のある中町は0.5~3mの浸水危険地域になります。

近くの交番や美術館は浸水の恐れがないので、

それほど心配はないかもしれませんが、

東西にかけて

浸水が懸念されます。

 

万が一、堤防が決壊するほどの大雨となったら。

大雨の橋を渡らせるのか。

それとも、梁川支所に向かうか。

ひょっとしたら、塾が一番安全なのか。

迷うところです。

もちろん、その前に、

自宅に帰すように促すようにしますが。

 

一番近い梁川小や交流館は、

むしろ危険かもしれません。

だとすれば、

梁川高校、梁川中学校への避難が

妥当かもしれません。

 

こうして、水害があった地域から

自分たちの地域を考えたときに、

今一度、50年に1度かもしれない

災害対策を検討しなければならないと思います。

もはや数年前、数十年前と

気候が変わっています。

だとすれば、雨の量も変わってくるはずです。

 

この雨が、朝だったら、昼間だったら

夕方だったら、夜中だったら、

どうしたらいいか、

想定しておくのが得策だと思います。

 

最後に確認です。

志学白雲館では【警報が出たら休校】です。

送迎の危険だけでなく、

地域の防災活動に当たられる保護者様もいます。

少しでも、家族まとまっての行動をするためです。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

なお、休校の連絡は、HP、twitterを通して行ないます。

個別にご連絡ができない場合も想定されます。

事前にご登録をお願いします。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

下を見る癖をつけない

今日はちょっと涼しい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

先日ある塾生が進路の話をしていた。

ある職業に就きたい、

という気持ちは固まっている。

大学まで進んで学ぶか、

高校から専門的に学ぶか、

という二つの進路がある。

「大学にいける高校を目指すけど、

だめなら高校から学べるところにする」と。

 

いろんな進路を知っているのは、

まず、いいとしても、

最初から下を見るのは止めさせたい。

 

塾生に話したのは、

目標は、その職業に就くことではないはず。

学んだことによって、

できることは変わってきてしまう。

あなたには、まだまだ可能性がある。

最初から、下を見てほしくないな。

結果的に大学にいけなかったとしても、

最初から目指さなかったとしたら

得られるものが違うんだよ。

そして、一度下を見る癖をつけると

高校生になっても下を見てしまうよ。

大人になっても下を見てしまうよ。

そうなってほしくないな。

 

偏差値を見れば、

まだまだ頑張らなければならない高校と

今のままなら、いけそうな高校と

大きな差がある。

行けそうな高校に目が行ってしまうのも

理解できる。

 

でも、これからの努力によって、

結果はまだまだ変わる。

最初から

目標の点数・偏差値に届いている塾生なんて

いやしない。

これからの努力によって、

変わっていくだけだ。

それは、今までの卒塾生も同じ。

乗り越えていった塾生

大逆転を果した塾生

未来を変えた塾生はたくさんいる。

 

そういう自分も、

同じだった。

私立高校の入試前、

県立をどうするか、考えていたとき。

E高校には行けそうな感じだけど、

N高校なら大丈夫。

だったら、N高校で、頑張ればいいか。

そんなことを考えていた。

 

でも、ある先輩が私に言った。

自分の怠け心や弱い気持ちを見透かしたように。

「そうな、それもいいんじゃね。

だけど、今頑張らないやつは

高校行っても頑張らないよ」

 

この言葉に感謝している。

中学でできなかったことが、

高校でできるわけない。

もっと頑張る、なんて口で言っても

積み重ねないと

量も質も増えやしない。

だから今なんだ、今しかないんだと

考えるようになった。

 

選択肢の一つとして、

情報を得るのは大事だとしても、

最初から下を見て、

自分の可能性を

自分でつぶす癖は

つけさせたくない。

 

受験を通して、いや部活でもそうだけど

努力を通して得られるものは、

能力や知識、技能だけではない。

己の弱さに打ち克つ

克己心だと思う。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

【学童】おやつについて

夕立が降った福島伊達。

代表渡邉が更新です。

3時過ぎに、強めの雨が降りました。

このくらいだと、

涼しく感じるだけで済むんですけどね。

あまり長く降られると、

心配になってしまします。

ネットの天気予報で

雨雲レーダーを見ると、

土砂降りの範囲が見れますが、

あまりに真っ赤だと心配になってしまいます。

 

さて、今日は学童のお話。

新潟県の学童で

おやつの提供をしなくなったと報じられました。

食物アレルギーへの配慮、ということでした。

提供すべきか、どうか、難しい問題です。

ちなみに、はくうんかん児童クラブでは、

クラブからのおやつの提供はありません。

上にある通り、

一人一人のアレルギーに配慮したためです。

ですので、各ご家庭でご準備していただいています。

麦茶などの飲み物に関しては、

クラブで準備しています。

ただ、おやつに関しては

それぞれに持ってきてもらっています。

アレルギーはもちろん、

嗜好の違い

量の違いもあります。

それを一律のおやつにするのは

難しいと考えたからです。

 

近隣のクラブでは、

さまざまな形をとっています。

おやつ代を徴収して、

提供するクラブもあります。

おやつもそれぞれで、

駄菓子のような場合が多いです。

 

本当は、地域の商店やお菓子屋さんなどに、

ご協力いただきたいところですが、

まだまだ至っていません。
学童には、様々な規制があります。

しかし、運営の方法はそれぞれで、

統一された規制がされていません。

保育料に関しても、まちまちです。

一番いい形は何か、模索中だと言えます。

 

これは、保育園が整備されていった歴史を

辿っているのかもしれません。

しかし、保育園のそれと、

時代の流れ、風潮が違っています。

一概に当てはめるわけにもいかないのが

現状だと思うのです。

 

ただ、子どもとご家庭のために

最善はなにか

考えていかなければ

そして

実行に移していくことが

大事だと考えます。

 

 

議員定数増?人口減少してるのに?

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

こういう天気のときは、

急に大雨になったりしますよね。

昨日も福島では雨が降ったのに、

梁川はなんともなくて。

せまい地域でも、大きく違うものですね。

 

さて、参議院定数が6増となるそうです。

これなんででしょうね。

理解に苦しみます。

ご存知の通り、現在日本は

人口減少の一途をたどっています。

個人的には、

人口減も自然の流れ、

それに合わせた変化を

していくべきだと考えています。

もちろん、

少子化対策が成功するなら

それにこしたことはないのでしょうけど、

地方の状況を見ていきますと、

すぐさま効果がある政策を打ち出すのは

難しいと思うのです。

地方ではコンパクトシティを目指し、

山間部の住民を都市部に移そうと

模索しています。

また、地方の住民は

学業の場、就業の場を求めて、

より大きな都市へ移っていきます。

人口が増えてる地域もあるでしょうけど、

自然増ではなく流入増がほとんど。

全体的には、人口は減っているのです。

 

だからこそ、自治体の議員定数は、

減らしていく一方です。

人口にあわせて、

議員定数を変えるというのが、

当たり前の流れだと思うのです。

なぜ、参議院だけ時代の流れに逆行するのでしょう。

 

議員の定数には、いろいろな考えもあるでしょう。

人口の多い地域の定数増もわかります。

人口が少ない地域合併区にするのも

仕方ないかもしれません。

ですが、定数増をする大儀がない。

人口が増加したから、

議員も増やすなら理屈が通る。

しかし

なぜ議員定数を増やすのか、

説明を聞いても納得できないのだ。

これでは、与党の党利党略といわれても

仕方がない。

もっとも、理解できないのは、

私の理解力が乏しいかもしれないが。

 

全ての人が納得する政治は難しいと

思うのだけど、

どうか、未来につけを残すようなことは

良識の府とするならば

すべきではないとおもうのですが、、、

 

まぁ、俺は俺の志事しましょ。

さぁ、いきましょー!

 

説明会に来ていただき感謝

曇り空になった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

8日に行ないました入試説明会に

過去最高の人数の方が来て下さいました。

本当にありがとうございます。

「あの話は、中3だけじゃもったいない」と

アドバイスをいただき、

中1、中2の保護者様にも告知させていただきました。

ご参会いただきありがとうございました。

県立高校の基本的な入試のシステム、

そしてこれから行なわれる入試改革。

もちろん大学入試まで視野に入れた

変化になると思われます。

今から何を準備すべきか、

そのために塾が何ができるか、

お話させていただきました。

 

また、県北地区の私立高校の特徴も

お話しました。

お父さん、お母さんが受験生だった頃と、

名前が違うこともあります。

共学になっているところもあります。

学科が違うところもあります。

難易度が変わっているところもあります。

進学実績がかわっているところもあります。

入学金や授業料についても変わっています。

ひょっとしたら

私立高校が第一志望になりうることもあります。

そういった情報を示すことができました。

 

さらに、新教研もぎテストの活用法も話しました。

偏差値、判定とはどういうものか。

今一度学んでいただきました。

CD判定だから合格できないということではありません。

正しい情報を知って、

判断に役立てていただきたいのです。

 

ここから7ヶ月、

根も葉もなうわさも流れます。

普段なら噴飯もののうわさも、

いざ、受験を前にすると、

正しい情報のように思えてしまいます。

以前、某塾の講師が

「福島高校は、数学の大問1は0点にして

他の大門に回すんだよ」

と話していたそうです。

それを聞いた塾生が、

どうしよう、どうしよう

と焦るわけです。

 

あり得ません。

心配しなくても大丈夫です。

個人的に確かめました。

そういった

意図のわからない情報を出す方もいます。

ですから

うわさには振り回されることなく、

塾で確かめていただければと思います。

 

もっともっとお話したいことがありましたが、

次は個別の懇談のときに。

今後もよろしくお願いします。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

某宗教団体教祖の死刑

催涙雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

7月7日、七夕に降る雨を催涙雨といいます。

牽牛織女が会えないことで流す涙といわれています。

西日本はさめざめと泣くのではなく

号泣の様相を見せています。

災害にあわれました皆様に

お見舞い申し上げます。

 

さて、某宗教団体の教祖信者が、

死刑となりました。

自分たちが若い頃に、

新興宗教が話題となり、

なかには傾倒する人もいたわけです。

また、その表面的なキャラクターを利用し

TVにも出てきていました。

 

一時は時の人のように扱われ、

迫害を受けるのは、キリストと同じだ、

などとうそぶいていましたが、

あのような凶悪な事件を

引き起こしました。

 

信者の中には高学歴の人多く、

勉強ができても、ろくなことがない、などと

勉強をすること自体が

まるで悪であるかのようにも言われました。

あの時代を見てきて、

宗教について自分なりに学ばせてもらいました。

彼らは輪廻転生、生まれ変わりを信じていました。

それ自体は、己だけに当てはめれば、

悪いことではなく、

苦難を乗り越える力にもなりえます。

しかし、それを他人に、しかも善意で当てはめたわけです。

現世で苦しめば苦しむほど、

来世はよくなる。

そう信じるからこそ、

享楽にふける現代人を

苦しめてあげれば、

来世で報われると本気で信じたわけです。

つまり苦しませることでは”悪”ではなく

彼らにとっては”善”だったのです。

 

宗教によって、洗脳されていた、といえばいいのか、

盲信していた、といえばいいのか

分かりかねるところですが、

正しいといわれていることに疑問を持つことなく、

追従する愚かさがみてとれます。

 

宗教が、ずべて悪いとは思いません。

ですが、何のために宗教があるのか、

考えさせられた事件でした。

そして、

価値観を強要し、盲信、追従する怖さ、

それは戦時中の軍国主義も同様、

狂気が当たり前になる集団・社会の危うさを

平和ボケした現代に感じさせられました。

 

まもなく平成が終わろうとしています。

我々を震撼させた、あの事件を

いろいろな角度から

検証しなければいけないと感じます。

次の時代に悲劇を起こさないために。

 

勉強に我慢は必要?不要?

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

先ほどエアコン屋さんが来て

修理してくれました。

いや、文明の利器、最高です。

ただ、気になるのは、

そのエアコンから、

今まで聞いたことのない、

水が滴る音が、

ぴちょぴちょ聞こえることだけですw

うん、きっと大丈夫だべ。

 

我慢は大事だという教育論もあれば

我慢をさせるのは無意味だという教育論もあります。

どちらが正解でしょう。

どちらが、と聞いておいて

なんですが、

どちらも大事です。

要はバランスです。

我慢しないと手に入れられないこともあるけど、

我慢することに意味があるわけではないのです。

 

一定のレベルまで行くためには

我慢が必要です。

もくもくと、挑戦することが

不可欠な場合があります。

ですが、

それ以上になるときには、

我慢ではなく、

効率を考えなくてはいけなくなります。

 

くり返しのドリルをするだけでも、

最初は黙々と取り組んでいくのかもしれませんが、

「あれ、こうすれば簡単じゃない」

「あ、さっきも同じような問題があったな」

と気付いていきます。

その気付きが効率化の一歩です。

 

我慢は必要です。

でも

我慢ではなく、経験を生かすことも

身につけていくことも大事です。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

初めての読書会 迷い中

曇って涼しい福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨日は暑かっただけに、

過ごしやすいったらない。

こんな天気でいいのに、

と今までは思っていましたが、

さつまいもを育てるようになって、

暑いときは暑いなりに

雨が降るときはそれなりに

季節らしい天気じゃないと、

うまくいかないんだよな、と

思うようになりました。

立場が視点が変わるいい例です。

と言いつつも

暑さには弱いので、

涼しい部屋で過ごしたいと思ってしまいますが。

 

さて、今日はこれから勉強会。

始めて読書会を企画しました。

有志が集まり、

自分のオススメの本を紹介する

という会なのですが、

これが難しい。

今回それぞれが持ってくるのは2冊。

どの2冊にしようか、

まだ悩んでいます。

 

とりあえず、5冊くらいに絞りました。

自宅の本棚も、塾の本棚も

見回して、

今回参加する人を思い浮かべながら

どれがいいかな~、と。

 

選択って難しいですよね。

今回みたいに正解のないものですら

なかなか決められません。

いつもやっていることなら、

迷わず選択できるのに。

 

塾生の勉強を見ていて気付くのは、

迷っているうちは、

まだまだ理解が低い

ということです。

計算の手順や、英作文など

「あれ?どうやるんだ」って

思っちゃううちは

練習が足りないということです。

もちろん、

社会や理科の用語のように

即答えが出るわけではないにしろ、

答えを導く手順まで

身についているかどうかが、

迷っているかどうかに

表れると思うのです。

 

逆に言えば、

迷うことなく解ける段階までやれば

十分に理解していると

言えるのではないでしょうか。

 

ここまで書いて、

まだ迷ってる自分がいますw

 

よし、志事すんぞ

さぁ、いきましょー!

古典の勉強法【高校国語】

今のところ全国一暑い福島伊達梁川。

代表渡邉が更新です。

昨日は高校生と国語。

現代文、評論の演習でした。

古典を学ぶ心得的な話です。

「古典は興味のある作品から入るのがいい。

最初は分かったふりでもいいから読み進めていこう。

そのうち読めなくなる時が来る。

そこがレベルアップのポイントになる。」

といった内容でした。

古典文法からやるぞ、なんて身構えてないで、

なんか面白そう、くらいで読み始めるのは、

じつにいいことです。

教科書に出てきた古典を

全部読んだことはないでしょうし、

少しでも興味を持てたら

手にとってみるといいと思います。

 

最初は、正直、全てがわかるわけではないでしょうけど、

どんどん読み進めてみましょ。

最後まで、読むだけなら

意外といけるはずです。

全体像をつかんだら

2度3度と読んでみてください。

最初とはちがってもっと読めるはずです。

 

「あれ?古文読めんじゃね」くらい

勘違いするようになると、

急に読めなくなります。

いままで何となく読み進めていた部分が、

疑問点に変わるからです。

 

そこでワカラナイからやめれば、

それまでです。

そこから疑問点を調べたり、

質問したりするようになると、

学びのレベルが上がります。

 

当時のものの考え方と、

現代の我々では常識は違います。

その差を埋めていくことで、

より作品を理解できるのです。

 

オススメの古典は

「論語」

古文と漢文が同時に学べます。

「南総里見八犬伝」

物語としても面白いです。

「徒然草」

随筆のなかでも、読みやすいです。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ