〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事

変化に対応するものだけが生き残るならば

また寒くなった福島伊達。

代表渡辺が更新です。

昨日の説明会で募集定員の削減が発表されました。

そういえば、

別な私立高校でも募集定員は削減されていましたね。

ということは、

推測の域を出ませんが、

県立高校でも定員の削減などが行なわれるかもしれませんね。

私学だけ削減と言うことはないでしょうから。

定員減だけで済むのでしょうか。

ひょっとしたら、、、

あるかもしれません。

高校単位での募集停止。

準備が、より一層周到な準備が必要です。

さて、大学入試改革において、

センター試験から民間検定の活用が決まっていることは

ご存知のことと思います。

高校生に検定試験受けていこうね、

と提案すると結構乗り気でした。

試験当日の得点の代わりに

日々の勉強が反映されるわけですから、

不安が減るということでしょうね。

 

そう考えると、民間検定試験の導入は、

学力の底上げにつながるのでしょうか。

英検やTOEICなど

中学生のうちから触れていきたいところです。

 

これによって、

指定校推薦やAO入試でも

学力考査が課されると予想されます。

内部進学においても、

それなりの学力が担保されないと

エスカレーターで進学とはいかないのではないのでしょうか。

 

今までの指定校推薦やAO入試を全否定する気はありません。

定期考査をがんばってきたからこそ、

得られる権利ですから。

しかし、そこには弊害もあったということです。

評定平均によって決まる推薦、

進学校の評定平均4と

偏差値が高くない高校の評定平均4を

同等に捉えてきたところに

必要な学力を伴わない大学生を生んだ要因があるわけですから。

 

戦い方が変わるのです。

「強いものが生き残るのではない。

変化に対応したものが生き残るのだ。」

進化論、ダーウィンの言葉です。

戦い方が変わるとわかっているならば、

同じことをしていていいのでしょうか?

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

福島成蹊高校入試説明会 本田校長のお話

晴れ間が見えた福島伊達。

代表渡邉が更新です。

「ばえる」という言葉を御存知ですか?

写真掲載型SNS、Instagramに写真を上げる時

見栄えがすることらしいです。

そもそもInstagramの流行によって、

インスタ映え、という事象の名詞化が起こります。

さらに、インスタ映えする、という動詞化が起き

そこから「ばえる」だけになる

動詞の省略化が行われるわけです。

一連の流れは理解するものの

初老のおじさんは

だったら「はえる」でいいんじゃね?

と思ってしまうわけです。

ですが「はえる」と「ばえる」を使い分ける若者こそ

次の文化の担い手なんだよな、

としみじみ思ってしまう秋の午後なのです。

さて、今日は福島成蹊高校の入試説明会でした。

定員数が少子化の影響で、300人に減るものの

新しい文理進学コースができ、

部活動との両立を図りながら、

福島大学などの地方国立大学を目指していくそうです。

福島の教育界の歴史を変えてきた福島成蹊の

新たな一手。期待せざるを得ません。

 

時々、このブログでも入試説明会について書きます。

今年に入って、すでに県北3校にお邪魔しました。

どの高校も、教育理念やシステムを理解してもらおうと

熱心に説明してくださいます。

逆に、説明会がない高校もあります。

私どもも情報収集をしますが、

なかなか情報が得られないこともあり

進路指導がしづらいこともあります。

自信の高校で説明会を開く高校ほど、

熱意を感じます。

 

成蹊高校は毎年足を運んでいますが、

入試うんぬんよりも

聞きたい、会いたい先生がいるからです。

本田校長先生です。

福島の私学教育をリードし、

福島県の教育界を改革しようとしている先生です。

 

今回の話も、刺激を受けました。

「人口の割に難関大学進学者が少ない」

「〇〇ならば進学校とは言えない」

ここでは書けない事もお話していただいてます。

ですが

そうだよな~、と聞き入ってしまうことばかりです。

 

規模の違いはありますが、

教育に対する志は同じ。

地域の教育に一石を投じられるようにならないと!

といつも思ってしまいます。

 

私は授業だけではなく、

塾を経営しています。

自らの判断が塾を左右させます。

判断の要素の一つ、

志の指針を学ばせてもらえる

貴重な機会だと思っています。

いつか

本田校長先生とじっくりお話してみたいと

願っています。

 

よし、今日も志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

検定試験のススメ

冬のような福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨日はお休みでしたので、

福島市内のボランティア活動に参加し、

その後期日前投票を済ませ、

あだたら商工会青年部のイベントに

顔を出してきました。

青年部部長として昨年まで活動していましたが、

今年は地元の活動に参加するだけで、

寂しく思っていました。

ですが、地元以外にも友人ができ、

暖かくむけてくれる仲間がいるというのは

うれしいものです。

 

さて、大学入試改革にむけた報道がありましたね。

現在のセンター試験に変わる新たな大学入試試験が、

検討されています。

特に英語では、

しばらくはセンター型の入試と検定試験の併用がされるとか。

その後、民間試験を採用していく運びとなりそうです。

そうなると、

今から英検などの検定試験に挑戦することが、

大学入試に向けた準備として最も有効であるようです。

 

中学生の英語の検定試験として、

もっともポピュラーなのは、英検です。

高校入試の内申でも、

英検3級以上は加点される高校が多いです。

英検はマークシートによる筆記とリスニング

面接による口答試験があります。

 

高校生になっていきなりあれもこれもと

英検やその他の民間試験を受けるのではなく

中学生のうちから

5級、4級と段階を踏んで着実に挑戦していく方が、

能力は付くと思います。

 

各中学校でも、英検は実施されています。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

成績が上がると感じるとき

寒かった福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今朝は伊達市商工会青年部主催

青年部長杯ソフトボール大会を運営してきました。

青少年の健全育成のため

地域の児童を対象にソフトボール大会をしています。

好きなことに一生懸命取り組んでほしいと願い

毎年実施しています。

今年も忙しい中参加くださり、

ありがとうございました。

また、来年もぜひご参加ください。

ちなみに優勝は

上保原ソフトボールスポーツ少年団でした。

おめでとうございます。

 

さて、中間テストの結果が返っていています。

過去最高得点の塾生や、

過去最高順位の塾生が多数出てくれました。

いいね!Goodだね!

 

ですが、あまり驚いていません。

なぜなら、すでに

これは成績が上がるなと感じるときがあるからです。

それは、自学の様子です。

自学に来る回数が増えた。

自学時間が延びた。

自学の質がよくなった。

提出物の量が増えた。

そういったことから、

あれ?今回この子伸びるんじゃね?と

感じてしまうわけです。

 

逆に言えば、

あれ、この子心配だな、と思った子は

不安が的中してしまうわけですが。

 

今現在、テストの端境期にあります。

ですが、

変わらずテスト勉強や受験勉強に励んでいる塾生がいます。

こういう努力がきっと

身を結ぶと思うのです。

 

次の期末もがんばろうね。

次の期末は、

11月の6日から15日の辺りと予定されています。

今のうちから準備を進めましょう。

 

 

高校生の大学入試を目指す実践会

雨が止んだ福島伊達。

代表渡邉が更新です。

明日行われる

伊達市商工会青年部のイベントの手伝いました。

伊達地域の子どもたちの健全育成をめざして

ソフトボール大会を行います。

なんとか雨も降らなそうです。

好きなことを一生懸命頑張ってほしいです。

さて、高校生の勉強、ちょっと心配です。

志学白雲館では、高校実践会として

大学入試を目指す高校生、

普段の勉強を頑張りたい高校生、

を対象とした実践会を行っています。

また、高3ではセンター試験対策を実施中です。

 

そうやって、勉強している姿を見ている塾生はまだ、

良い所も悪い所も見ているから、

一緒に頑張ることができる。

 

でも

「大学に行きたい」

そう言っていた卒業した塾生たちは、

うまくいっているんだろうか。

 

twitterを見ていると

そうは言えないような感じだけど。

 

うまくいってないと思ったらすぐにでも、

できれば

その前に来てほしい。門をたたいてほしい。

高校受験よりも、

大学受験の方が難しいのだから。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

学び直しを応援します 社会人入試

寒くなってきました福島伊達。

代表渡邉が更新です。

私どもがいる福島1区からは

与党系議員と無所属議員の二人

共に現職の一騎打ちとなりました。

新聞報道では

世代によって支持者が異なっていると

報じられていました。

国民の審判が下るまで、

どんな結果になるか分かりません。

選挙に行かない人は

政治に口出しする資格はないと思います。

選挙に足を運びましょう。

 

さて、今日はうれしいことが。

卒塾して12年たった塾生から

「社会人入試を受けたい」という

相談を受けました。

高校卒業見込み、または卒業生対象の

一般入試は教科科目から選択して

受験をします。

一方、社会人入試は

現在働いている社会人を対象にし

小論文や面接によって

合否がきまります。

 

今日来てくれた塾生はすでに、

伊達市を離れ、

仕事をしている社会人です。

ですが

「やりたい仕事があり、

そのためには大卒でなければならないんです。」

目的意識をもって受験を考えていました。

 

一度社会に出て

社会を知って、

その上で

今の自分を高めようとしている。

いいね!

こういうの、実にいいね!

 

応援しますよ!

学び直し!

 

よし、志事しまくるぞ!

さぁ、いきましょー!

断捨離

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

選挙戦が始まり、

外では各政党や候補者が

声を上げていますね。

来週末は各地で合唱祭が行われます。

どうかその時だけでも

中学校の近くを通らないようご配慮ください。

さて、昨日はお休みをいただいたので、

ここぞとばかりに掃除をしました。

いわゆる断捨離というやつですかね。

使わないもの、特に書籍と書類関係を中心に

ばんばん捨てました。

たぶん大丈夫だろうというやつは、

ばんばんいっちゃいました。

「あー、なつかしいな」なんて温情はナシ!

即断即決、感覚にまかせて

いるのか、いらないのか

それだけを考えて。

 

なんとか、自分のスペースのほうは終わりましたので、

次の休みのときは共用スペースですね。

どんどん身軽にしていきましょ。

 

よし、今日も志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

祝日ですが月曜ですので通常です。

秋晴れの福島伊達。

代表渡辺が更新です。

天気がいいのは今日だけで、

今週は曇り空になりそうですね。

週末にかけては雨が。

土曜、晴れてほしいんだけどなぁ。

 

さて、今日は祝日。

福島市では稲荷神社のお祭りも行なわれ、

けんか祭りや提灯祭り、紋付祭りも

行なわれたんですよね。

伊達市では、霊山神社の例大祭かな。

各地でお祭りが執り行われる秋の祝日ですが、

白雲館は通常営業でした。

地域振興も考えますので、

地域の祭りがあるとなれば、

多少は考慮します。

受験勉強に影響のない範囲で。

ですが

ただの祝日であれば、

通常授業をしています。

 

入試は、ゴールまでの時間が決められている戦いです。

自分がやらないから、周りもやらないだろう、

なんてのは浅はかです。

今しかやるべき時はないのです。

1月2月にやらない人はいません。

そこで力をつけて追い抜くことはできません。

今なんです。

今しかないんです。

休日だからこそ、

更にやりこむことができるんです。

 

そんな祝日への考え方でした。

 

明日も、明後日も頑張っていきましょ!

新教研テスト10月号 もぎ試験は本番のように

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

昨夜遅くに緊急地震速報が鳴りましたね。

福島伊達は震度4。

長い揺れではありましたが

慣れるものですね。

直感的に大丈夫だと思ってしまうのも

困りものです。

慣れないのは

あの速報のアラーム。

いつ聞いても嫌なものです。

さて、今日は新教研テスト10月号を実施しています。

実力テストに定期テスト

さらに、新教研もぎテストと、

受験生はテストが続きます。

 

漫然とテストを受ける人には、

意味のない時間の拘束ですが、

志望校合格に燃える受験生にとっては

貴重な練習の場です。

悔いのないように受けてください。

志学白雲館では

できうる限り、

運営母体が設定する期日と時間を守っています。

特に時間は

入試の時間と始まるのが同じですので、

早い時間の頭と体の使い方や、

準備の予行ができます。

 

午後からのほうが楽かもしれません。

日曜からのほうが準備ができるかもしれません。

ですが

入試とは、個人の都合を無視して行なわれるのです。

 

たくさんの制約も

受け入れたものが強いんです。

受け入れるためにも

もぎ試験は本番のつもりで、

いや本番以上のつもりで受けて欲しいです。

 

日頃の勉強の成果が出ますように。

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

苦手科目は「穴」を見つけよう

秋晴れの福島伊達。

代表渡邉が更新です。

今日は、福島東稜高校の入試説明会でした。

数年前から学校改革をしている東稜高校の

現在の様子を知ることができました。

特進科は英語に力を入れており、

今年はいい結果が出そうですね。

楽しみでなりません。

また、新しい校舎も見学させていただきました。

看護科や食物文化科の施設は、

プロ仕様の本格的なものでした。

将来の夢が決まっている人にとっては

素晴らしい環境だといえます。

お昼は食物文化科の生徒さんが

作ってくれた給食を頂戴しました。

おいしかった~。

写真取ればよかった。

さて、毎月のように新教研が行なわれるわけですが、

自分の苦手科目をどうにか克服しようと質問に来ます。

「どうやったら古文ができるようになりますか?」

いま、どんな勉強しているの?

「うーん、入試問題の過去問をやっているんですが、

点数にならなくて。」

そりゃそうだ。

 

受験生の多くが、入試の問題をやらないといけない、と

思ってしまいがちですが、

ものには順序があります。

段階があります。

それをすっ飛ばしても

効果は上がりません。

特に苦手教科は。

 

受験生だけど、

一年生の問題に戻りましょう。

簡単だと思うかもしれないけど、

そこからやってみましょう。

点数が取れなくなった場所、

そこ!

そこが穴!なんです。

 

穴を見つけ、埋めていく。

そうしないと、

入試問題はできないんです。

 

簡単に上がる夢のような魔法は知りません。

ですが

点数が上がる、確かな方法はあります。

横着せず、一歩一歩行きましょ!

 

あ、明日は新教研です。

8時50分までに、遅刻せずに来るんだよ。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ