〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事

塾生が大好きだから

曇り空の福島伊達。

代表渡辺が更新です。

明日のⅡ期選抜の準備のためでしょうか、

高校生たちが帰ってきてますね。

いよいよだなぁ。

今日は午前中に、

塾のIT部門について

コンサルティングをしてくれる

福島ロイヤルティコンサルティングの

斎藤慎也君との月1ミーティングでした。

彼はHPを作るだけでなく、

見られるHPについてアドバイスをくれます。

やはりプロの視点と技術はスゴい。

 

さて2018年度の、

すべての授業が昨日終了し、

塾生が帰っていきました。

今日、最後の時間を過ごして

入試に送り出します。

すべての塾生が大好きです。

勉強ができる子も、

苦手な子も。

それぞれに欠点もあるけど、

一生懸命なのがうちの塾生だと思っています。

私事ですが、

自分の子どもを諦めてから、

なおいっそう大好きなのです。

保護者様の愛情とは比べものにはなりませんが、

仕事としてというよりは

親戚のおじさん、くらいの位置には

いれればいいなぁ、と。

 

昨日で授業は終わったけれど、

彼らがいつでも顔を出せるように、

塾を続けていたいと強く思います。

高校部門で一緒に勉強できれば最高ですが

高校生活のこと、

その後の進学や就職のこと、

大学生活や社会人生活、

仕事のこと、

結婚や出産、

地域活動、

これからの何十年も

塾生の成長が見られるように。

 

明日は塾生たちが、

今持ってる力を出し切れるように

ただそれだけを願います。

 

よし、入試前、最後の志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

用語の暗記は、その時、徹底して

今日は暖かな福島伊達。

代表渡辺が更新です。

三寒四温などと言いますが、

すでに一寒六温くらいに感じます。

今年は雪が少ない。

普段の生活ではなんら困りませんが、

畑仕事をするようになって、

降るべきときに降る、

寒いときは寒く、も

ありがたいことなのかな、

と思うようになりました。

 

昨日のニュースでは

弾劾裁判が話題となっていました。

詳しい内容は調べられませんでしたが、

twitterに判事が不適切な内容を書き込んだ、とか。

弾劾裁判で裁きを受けてきたのは

ストーカーや盗撮などの刑事罰を受けた裁判官です。

刑事罰を受けるような事件でもないでしょうに

なぜ弾劾裁判なのか、はっきりしません。

表現の自由は、

誰に対しても先ずは保護されるべき権利のはず。

表現によって不快に思う人がいたとすれば、

当事者で解決すべきであって、

弾劾裁判まで行うべきなのでしょうか。

今後が気になります。

さて、Ⅱ期対策を見ていると

中1中2の地理歴史の穴が、

中3になってどれほど大きな影響になってしまうか

強く感じます。

苦手だから、

暗記したくないから、

と逃げ回っていれば

積み上げるものもないままに

受験勉強で一から始めないとなりません。

逆に一度しっかり覚えていれば、

受験生になったときには

復習程度で済みます。

 

やはり中1中2の暗記分野は

80点を超えてないとまずいですね。

理社の用語とか、

漢字とか、

英単語とか、

計算能力もそうです。

覚えるべき時に覚えていかないと、

伸ばすときに伸ばしていかないと、

後々苦しくなるだけです。

中1、中2定期テストのその時に、

徹底してやってしまいましょう!

 

これから小学校の指導要領の改訂があります。

英語が教科化し、

プログラミングも導入され、

ますます練習に当てる時間が

家庭に委ねられます。

塾としても、

基礎基本の徹底ができるように

考えていかないと。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

中通りに公立中高一貫校

雨の福島伊達。

代表渡辺が更新です。

今までが暖かかっただけに

寒くも感じますが、

花粉が飛ばないだけ、

お肌にとっては快適です。

乾燥よりも花粉のほうが

良くないようですね。

 

朝の連続テレビ小説、

福島が福島市が舞台になりますね。

福島駅の前にも銅像がありますが、

音楽家の古関祐而さん。

じつに楽しみです。

話のクライマックスはどの辺りになるんだろ。

やっぱり「栄冠は君に輝く」が作られるあたりかな。

あと大河ドラマ連ドラになりそうなのは誰かな。

会津の保科正之公とか、

もう一度白虎隊とかもいいな、

郡山の安積疏水とかもいいなぁ。

伊達市だと

伊達政宗もいいけど、

北畠顕家公もドラマチックだと思うな。

南北朝の動乱あたりのマニアックな歴史。

おもしろそう。

さて、中通りに公立の中高一貫校が

新設されるという発表がありましたが、

福島市なのか郡山市なのか、

はたまた別な市町村か

詳しくは明らかにされていません。

会津地区では会津学鳳中高がありますが

会津高校や葵高校ではなかったので、

仮に県北地区だとすれば、

福島東や福島西あたりでしょうか。

いずれにせよ、

学力の底上げが図られることが望まれます。

地域の中学校ももちろん大事です。

ですが、

中高6年間、

学ぶ意欲意志をもって

学校を選択する人がいても

いいと思うのです。

 

多少の競争意識がないと、

向上はしません。

難関国立大学や医学部への進学率が

上がらない現状に

成蹊高校の校長先生は

危機感を持ってお話されていましたが、

10年後20年後のためにも

てこ入れされることを望みます。

 

できれば、

県北地区に、、、できないか。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

穴を埋めるためのⅡ期対策

今日も晴れてる福島伊達。

代表渡辺が更新です。

伊達市保原町ではつつこ引き祭りでした。

締め込み姿の男衆による

大きな綱の引き合い。

今年は天気にも恵まれたので、

やりやすかったろうなぁ。

自分は午前中から食育イベントの準備を。

今年も子供たちと

楽しみながら作物を作り、

収穫を喜べたらいいなぁ。

その足で、霊山のマルシェに。

伊達市内各所でマルシェはありますが、

霊山はもはや地域の住民だけで

マルシェを動かしてます。

午前中からかなりの人が来てました。

 

午後から塾に。

事務仕事をして、

机の周りを整理整頓らしいことをしました。

大学入試に向けて

受験生と解きまくった国語

2次対策のプリントを見ながら

「バッチリ書けました」と

言ってくれた言葉を思い出します。

そう思うと、捨てづらいです。

さて、Ⅱ期対策中、といっても

特別なことはしてません。

出そうな部分を確認しながら、

穴を埋める。

埋めまくる。

それだけ。

できそうな問題もちょっと難しそうな問題も、

やらせてみてできるようにしていく。

本番でできないと思うよりも、

今ならカバーできますからね。

 

正直、何が出るかなんて分かりません。

傾向も対策もありますが、

定期テストと違って、

山なんて張り切れません。

だったら、

できない部分を見つけて

少しでも埋める。

その繰り返しが一番です。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

やっぱり、現場が好き

晴れの福島伊達。

代表渡辺が更新です。

Ⅱ期対策、始まったばかりですが、

塾生からのインフルエンザの電話。

T中学校の受験生の間で、

欠席者が多いとか。

まずは、体を治してください。

Ⅱ期対策をしながら、

いろんなことを考えます。

あと数日しかない受験生との授業。

やっぱり、

授業が好きです。

ライブが好きです。

頑張る塾生との一緒にいる空間が好きです。

緊張感のある空気が好きです。

成長を見られるのが好きです。

 

ここ数年、自分の授業を減らし、

若い先生方にがんばってもらうための

環境作りにシフトしていますが、

やっぱり、

自分は塾講師なのだと思います。

 

あと、少し。

もう少し。

がんばろ。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

卒業おめでとうございます

花粉が飛んでる福島伊達。

代表渡辺が更新です。

今日から、Ⅱ期対策です。

すでに、自学に来て、課題に取り組んでいます。

あと6日。

まだ6日。

今できる最善を尽くしましょう。

 

今日は高校の卒業式ですね。

昔の名簿を見ながら、

あの子が卒業か、

と一人感慨深く思っています。

高校3年間はどうでしたか?

中学と違って、

たくさんの成長があったと思います。

おそらく、高校3年間は

苦しさや辛さもあったかもしれませんが、

おおむね、楽しいものであったと、

無邪気に思えるのではないのでしょうか。

これから、社会に出て働く人も、

進学する人も、

高校時代は楽しかったという思い出が

ほとんどだと思います。

 

ですが、

みんなは、ここからもっともっと

素晴らしい体験をし、

大きく成長をし、

もっともっとたくさんの思い出を作ります。

それが、

与えられて物ではなく、

意識的に作れるのです。

 

あれがしたい、

これがしたい、

そんな気持ちを大事に

これからの日々を過ごして下さい。

 

卒業おめでとうございます!

 

よし、俺も志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

お詫び

雨の福島伊達。

代表渡辺が更新です。

まず、ここ数日お休みを頂いておりました。

大事な時期の体調不良

ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

また、受験生の保護者様には

ご不快な思い、ご不安な思いをさせてしまいましたこと

重ねてお詫び申し上げます。

自己管理の至らなさを感じております。

今日から復帰となりました。

受験当日まで、

精一杯がんばりますので、

なにとぞ、ご容赦下さい。

明日から、志学白雲館は

Ⅱ期対策講座となります。

3月1日から7日まで、

通常授業はお休みをいただき、

受験生だけへの対応となります。

ご協力、よろしくお願いいたします。

 

なお、はくうんかん児童クラブは

通常通りです。

倍率から見える近い未来の傾向

今日も暖かい福島伊達。

代表渡辺が更新です。

昨夜は北海道で

大きな地震がありましたね。

停電などの被害は起きなかったものの、

余震には注意が必要です。

皆様のご無事をお祈りしております。

 

さて、県立高校の倍率が発表になりました。

後は覚悟を決めて、

乗り越えるだけですよ!

あと少し、がんばろうね。

 

倍率を見てみると、

某教育関係者が話していたことが

現実味を帯びてきたと感じます。

大学進学を目指す高校の倍率が低くなり、

職業系高校の倍率が高くなる、

そんな傾向が見られました。

地域のトップ校でも

1倍を切る現状。

人口減少だからでは済ませられない、

経済格差が、学歴格差を生む

ということを話してました。

 

大学に行けば、高卒の人よりも

高い収入を得ることができると、

一昔前は考えられていましたが、

それだけの安定した収入を得るだけの仕事に

就けるかどうか分からない。

ましてや、

何百万もの”奨学金”というなの借金を

背負わなければならないリスクがあるとなれば、

資格をたくさんとって、

高卒で働いたほうが、

安定するのではないか、

無理に大学行かせるならば職業系高校にする、

という家庭が多くなると。

逆に言えば、

大学に無理なく行ける家庭だけが

進学校を目指せる、

ということになります。

 

大卒が良くて、

高卒がダメ、

だとか言っているのではありません。

経済状態の悪化によって、

進学が制限されることが

より多くなる、ということです。

高校の定員割れは、

そのまま大学の定員割れにつながります。

行きたくても行けない人が増えるのですから。

そして、

学力の底が下がっていくと考えられます。

悪循環の始まり、とまで

考えているようです。

 

そんな暗い話を聞かされると、

まだ人口減少のほうがましだと

思ってしまいます。

県教委では、高校再編

中高一貫校の新設を考えています。

それによって、

どこまで悪循環を変えられるのか。

5年後10年後20年後のために

今すぐ、何をしなければいけないか。

官民共に、考えていかないと。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

 

継続するためのエネルギー補給

春の陽気の福島伊達。

代表渡辺が更新です。

あたたかすぎて暖房要らずですね。

今週末は国立二次試験。

この温かさが続いてくれればと思います。

 

このHPの更新も

すでに1000回を超えました。

ブログ時代から考えると、

2000回くらいいってるのかな。

詳しく数えていないので、

数字は出せませんが、

まずまず続けられてるな、と。

保護者様や友人から、

「よく毎日書けるね」と言われますが、

慣れとは怖いもので、

いつも記事のことを考えているからでしょうか。

情報収集だけではなく、

書くための時間も減ってきて、

いまだと1時間かからないくらいですかね。

継続は力なり、

力をつけるには継続なり、

という気がします。

勉強でも

継続が力をつけるために不可欠なもの、

だと分かっているのですが、

継続自体が難しい場合がります。

そこで、

小さなハードルを作って乗り越えることや、

時々振り返って成長を実感させることが

継続のエネルギーになると思うのです。

このエネルギーの補給がうまくいかないと、

継続できなくなります。

 

たとえば、

100個の英単語を書けるようにする課題、

があったとして、

苦手な子はいきなり全部を

10回ずつ書くといった練習をします。

練習して、テストしても

思ったよりできない。

疲労感を覚えるだけだったりします。

 

書くことが最終目的だとしても、

まずは言えるようにすることが

最初の糸口です。

しかも10個ずつとかに区切って。

10個、20個、30個と言えるようにする。

言えるようになったら、

今度は書く練習。

これも10個ずつ。

全部書けたら次へ。

小さな自信の積み重ねが、

次もがんばろうという

エネルギーに代わるからです。

小さなハードルが

エネルギーの補給ポイントになります。

 

知識を教えるだけではなく、

こういった工夫を身につけてもらうのも、

教育関係者の仕事だと思っています。

ちなみに、自分のエネルギーは、

記事へのコメントや感想などです。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

Ⅱ期倍率が1倍だって

曇り空の福島伊達。

代表渡辺が更新です。

それにしても暖かいですね。

昼間は10度を超えて、

春を感じさせます。

小さな虫が飛んでいるのが見えました。

もうすぐ、

冬も終わります。

 

さて、昨日から

Ⅱ期選抜の志望校変更が行なわれています。

明日までの受付ですが、

高倍率の高校学科から

同系列の高校学科への変更があると思われます。

明日の最終倍率発表が気になります。

仕事柄、県北だけでなく

県内全体、各地区も見ますが

いろいろ見えてくるものがあります。

まず、県内全体を見てみますと、

Ⅱ期倍率が1.00倍です。

ほぼ全員が県立高校には入れてしまう、

ということです。

高校教育が義務教育となるのであれば

問題はありませんが、

なんの研鑽もなく

高校合格もありうるということです。

足切りのように

ある程度学力が担保されなければ、

不合格となるとは思いますが、

それだけ、

人口が減少しているというだけでなく、

努力を軽んじる傾向が

強くなっているように思うのです。

 

その傾向は

各高校の倍率を見ても見えてきます。

福島東が1.00倍。

会津がが0.96倍。

白河普通、相馬普通も1倍を切っています。

地域の進学校といわれる高校で

低い倍率を示している、というのは

教育にあらわれる地域の衰退だと

いうことです。

教育への熱は、地域の熱です。

学ばなければ成功発展はないと

研鑽を積む環境をつくり、

子弟に未来を託すわけですから。

勉強しなくてもいいんじゃね、という

地域の空気は

そのまま未来の姿に変わります。

 

健全な競争は必要だと思います。

自分を高める術を知り、

時に競いながら

切磋琢磨していくことで、

より良いものに変えていく。

その一歩目が

高校入試だと思うのです。

 

今後、高校再編が行なわれますが、

勉強をしない人は、

高校(もちろん大学もですが)に

行けなくなる程度の定員にすべきだと思います。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ