〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > シャープペンの話

シャープペンの話

こんばんは、保原校の山本です。

 

私はシャープペンというか筆記具には、すこしこだわります。

ですから、生徒が自分の知らないシャープペンを使っていると、

「ちょっとそれ見せて」となります。

 

そうすると、最近中高生のなかで流行している

シャープペンがわかります。

 

ほんの数年前までは、どの生徒も芯が勝手に回るシャープペンを使ってました。

ほぼ全員です。

 

当然購入しましたよ。

ドキドキしながら使ったのですが・・・・イマイチでした。

 

私は左利きなんですね。

左手であのペンを書くと、どうも気持ち悪い書きこごちのところで、

書き続けるような感じになるんです。

左利き用のが出ると飛びつくんですけどねぇ・・・残念。

 

それで、最近はそのペンに変わって新しいシャープペンのトレンドが出てきました。

それは0.5mmよりも細い芯で書けるシャープペン。

0.3mmとか、なかには0.2mmなんていうのもあります。

 

例のごとく、生徒にすこし見せてもらって、

芯の出る様子を観察しましたが・・・・

 

もはや針ですね。

でも、常に尖った芯で書いているようなものなので、それはアリですよね。

書きこごちはかなり良さそうです。

 

でも、一つ難点が。

 

これは、私の好みの問題ですが、

細い芯で書くと、どうしても筆圧が弱くなって、

字が薄くなるんですよね・・・・

 

私は普段2Bを使ってるんですね。

それでも飽き足らず、最近は3Bにしました。

 

濃い字が好きなんです。

 

結局、10年前に購入した0.5mmの製図用シャープペンに

3Bの芯を入れて使う日々に戻るのでした・・・・

 

オススメのシャープペンがもしありましたら、宜しくお願いします。

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ