〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > いつ教えるか、タイミングも大事

いつ教えるか、タイミングも大事

今日は寒いぞ福島伊達

代表渡邉が更新です。

昨日の朝はミサイルで起こされ、

テレビはJアラートの話題と

隣国の思惑に思いを巡らせる中、

何事もなかったかのような日常に戻りつつあります。

警報が出たら休校にしていますが、

Jアラートは保留ですかね。

 

さて、二学期も始まりました。

こちらも日常が戻ってきましたね。

新教研の結果を受けて、

刺激を受けた受験生は

自学に来るようになってきました。

いいことです。

前回7月から

偏差値11アップの頑張りを見せてくれた子も。

9月も頑張れ!

 

これだけ偏差値が上がるのは

夏期講習でやった授業が素晴らしかったから!

といいたいところですが、

授業だけではないです。

なにより、本人の努力が一番です。

 

講習では1・2年生の復習を中心に授業をしたわけですが、

「教える」ことだけではありません。

演習もあります。

さらに宿題を出し自学をします。

この演習と自学が成績アップには不可欠です。

 

演習や自学中に

『わからない~』『教えて~』ときますが

教える時と教えない時があります。

すぐに教える時は、まだまだ自学ができていない時。

集中を切らさないように、

また、できるという感覚を持たせるように

すぐに教えます。

 

逆に、自学ができる塾生の時は

すぐには教えません。

少しずつ、小出しに

ヒントを出しながら。

塾生自身でできないところだけ。

自分でできるようになるために

必要なところだけ教えます。

 

その子一人一人の自学レベルに合わせて

「教える」タイミングを考えています。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ