〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 7月6日のドラマ 代表渡邉

7月6日のドラマ 代表渡邉

雨が降りそうな福島伊達。梁川校から代表の渡邉が更新です。

今月から、白雲館の先生が、それぞれに記事を考えて更新することになりました。

それぞれの先生が、それぞれの視点で記事を書くので、

私自身も楽しみでなりません。

 

さて、今日7月6日、なでしこジャパンが決勝戦を戦いました。

結果を見るだけでしたが、残念ながら準優勝。

選手、サポーターそれぞれにいろいろな想いがあると思います。

 

努力して、努力して、努力して、

それでも

結果として報われないことがあります。

 

それまでの努力してきた時間が、想いが無駄なようにすら感じられるかもしれません。

 

 

しかし、本気で努力した人にしか見ることのできない景色や

泣くほどやった人だから感じることがあると思うのです。

 

人間を大きくするのは栄養素だけではなく体験もだと思っています。

 

なでしこジャパンはこれからまた成長することでしょう。

塾生も、今後の本気度で一回りも二回りも大きくなってくれると思っています。

 

7月6日と言えば、もう一つドラマが。

そう「サラダ記念日」ですよね。

俵万智の有名な短歌の一首ですね。

 

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

 

日常の一コマが、記念日成り得るわけです。

決して大きな体験ではありませんね。

 

そうです、体験の軽重を決めるのは「感受性」なのです。

 

日々の出来事に、あなた自身がどんな意味付けをするか。

毎日をドラマに変えるのは

自分自身なのです。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ