〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館 はくうんかん児童クラブ

連絡先

トップページ > 白雲館日誌

効率のいい勉強のために

30度超えている福島伊達。梁川からの更新です。

夏の戻りなんて聞いたことはないけど、いわゆる残暑ですかね。

それでも夜は涼しいんだろうな。寒暖の差に注意してくださいね。

 

昨日は私が好きなマンガ「センゴク 一統記」の発売日。

仕事帰閉店ギリギリで本屋さんに。

今回は長宗我部元親の話と織田家筆頭家老同士の争い前夜の話。

戦国時代の歴史は男の血がたぎるせいか小さなころから好きだ。

今は、その時とは違った視点や感情で見てしまう。

新刊が楽しみでならない。

 

さて、昨日は効率のいい勉強法の話。

テストをしようという事でしたが、それ以外の部分でも効率は上げられる。

テーマ実は同じなんだけど「それって勉強ですか?」ってこと。

たとえば、勉強時間が1時間あったとして、

1時間勉強してるかどうかは疑問。

最初の5分、何しようかな?って考えてたら勉強時間は55分。

一段落して、次の教科を何しよう?なんて考えているうちに5分経過。

勉強時間は50分。

問題説いている途中に、分からなくて悩んでいる振りして5分。

勉強時間は45分。

そろそろ終わりだな、帰ってアレして、コレしてなんて不埒なことを考えて5分。

勉強時間は40分。

1時間、60分丸々勉強したつもりになっている人はいませんか。

1時間、机に座って勉強できる環境がありながら、20分は他所事を考えてたら

そりゃ差がつくよね。

 

効率のいい勉強をするときに2つのことが大事。

1つは計画を立て、今日やるべきこと、今日やること、今日やれたらいいことを考えておくこと。

2つ目は出来た事やった事が大事であって、時間では成果を図らないという意識を持つこと。

 

今日から実践してほしいですね。

 

さぁ、いきましょー!

効率のいい勉強法

雨が降り出しました福島伊達。今日は梁川から更新です。

来月下旬に東北塾長会が開かれることになりそうです。

授業時間の変更等は後日追って連絡いたします。

ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご協力のほどよろしくお願いします。

 

さて、効率のいい勉強とはなんでしょうか。

 

期待されているのは、努力した結果がそのまま点数に跳ね返る勉強という事でしょう。

普段勉強をしていなければ、論外ですが、

勉強しているのに、点数が・・・という塾生もいると思います。

 

ここに大きな錯覚があるのではないですか?

あえて問います。

「それって勉強?」

 

塾に来ること、授業を受けることを点数が上がる勉強だと錯覚していませんか?

 

勿論、塾に来て自学をすることも授業を受けることも勉強の一つです。

しかし、点数に跳ね返るための勉強とは違うものもあります。

授業では予習を視野に入れた勉強をします。

学校よりも先に進み、学校で復習になるように。

積み重ねるうちに、同じ問題への精度はどんどん上がります。

 

ああ、俺はできている。私はできる。

 

これが錯覚。

 

新教研や入試の問題、学校のテストのような問題に取り組まぬまま

出来たと錯覚している。

 

大事なのは、塾や授業で習ったことを生かして、その他の問題やテストを解くこと。

そして、そこで点数を取ること。

 

いわば、点数を取る練習をするという事だ。

 

サッカーでいうと

ゴールの前でシュート練習をして、ビシバシ決まるからといって、

試合の時に点数が取れるかというとそうではないでしょう。

その前に

紅白戦や練習試合で点数を取る練習をしなければいけないのです。

 

錯覚に酔いしれるな。

 

じゃあ、効率のいい勉強とは何か。

それは、テストをすること。

そして、テストできなかったところを、できるようにすることが点数につながると意識すること。

また、今回の問題に関係する他の問題に取り組むことである。

 

勉強方法の見直しを図ろう。

 

さぁ、いきましょー!

ニュースを見て話し合う

曇って寒い福島伊達。今日は梁川から更新。

歯医者に行ったせいで、すでに体力奪われております。

口を大きく開けるの苦手なんですよね。吐きそうになるから。

骨格上無理なもんは無理ですわ。

 

9月に入って新規の入塾生や体験の小中学生が増えてきました。

志学白雲館を選択肢の中に入れていただき感謝です。

1教科につき2回の体験ができますので、ゆっくり吟味してください。

 

さて、社会の授業が公民に入り、授業が楽しくて仕方ありません。

歴史を絡めながら、哲学を絡めながら、現代社会を絡めながら

子どもたちとセッションをするような授業はうきうきします。

 

公民の授業が始まると、ニュースを見ることを薦めます。

今を知ることがとても大事だからです。

 

アンテナを張り、好奇心をもってニュースを見てください。

ご家族様に意見を聞いてみるのも面白いよ、と言っています。

保護者様なりのご意見を聞かせてあげてください。

 

さぁ、いきましょー!

愚かさを自覚して変化しよう

涼しい通り越して寒いくらいの福島伊達。保原から更新です。

1ヶ月で15度以上違うのかな。寒く感じる。

変化に体がついていかなくなる前に用心の予防が肝要です。

 

さて、変化といえば、知事選も日々情報が流れています。

内閣の改造も行われました。

中間貯蔵施設という名目の処理施設の建設も始まりそうです。

 

学業でも受験生へ変化した人もいれば、

まだまだ変化していない人もいます。

 

家族のことも、友人のことも、多くの変化が身の回りに起きます。

 

安寧を求めながらも、変化を強いられます。

年代の変化

社会情勢の変化

思いもよらぬ変化

いつもと違うリズムに心の平衡を崩すこともあるでしょう。

何も起こらなければいいのに、と思うこともあるでしょう。

 

しかし、変化は確実に起こるのです。

 

アップルのスティーブ・ジョブスは

Stay hungry. Stay foolish.と言葉を残しました。

いつでも、飽きることのない欲求と好奇心で生きるべきだということでしょう。

 

変化するとき、痛みや苦しみを伴うかも知れません。

そんなときは初心を忘れてはいけません。

志と言ってもいい。

そうすれば、迷わない。

 

さらに細かく言えば、

プラスを増やすこと。

マイナスを減らすこと。

シンプルにこの2点を考えれば自ずから良くなる。

 

変化の只中にある人に、

そして自分にも向けて書きました。

 

さぁ、いきましょー!

掲示物作成

空気が澄んでいる福島伊達。保原校から更新です。

今日から保原校も清時間割。間違えずに来てくださいね。

時間割要チェックですよ!

 

新しい体験の塾生も数人おりますので、

私どももドキドキの毎日です。

来てくれた方にとっていい出会いとなれば幸いです。

 

さて、新教研の結果が来てから掲示物を作りました。

優秀者の表彰と上昇者の表彰です。

優秀者は言わすもがな、5教科の総合と、各教科のトップ3。

上昇者は前回のテストから偏差値がいくつ上昇したかで表彰されます。

 

私は、勉強ができない生徒でした。

そんな生徒を、関わってくれた先生の励ましてくれたおかげで、

何とか志望校に合格しました。

上がったことを評価してもらえば、自信がつくということを知っています。

私も、していただいたような教育を塾生にしてあげたいのです。

 

今は、まだ、力がなくても

諦めなければ乗り越えられる!

 

 

受験生の自学が増えてきました。

早く来ないと席がないという状況になりつつあります。

みんなが頑張るのを応援するからね。

 

さぁ、いきましょー!

広島の電車が復旧

秋の空気の福島伊達。今にも雨が降りそうな梁川から更新です。

昨日のお休みは、あづま球場に野球を見に行きました。

秋晴れの気持ちいい球場で、塾生たちの活躍を見て

快勝と合わせて、うれしくなりました。

 

さて、先月の大雨で被害に見舞われた広島の電車がわずか12日で復旧したという報道が。

東日本大震災の時もそうでしたが、

日本の底力というものを感じます。

有史以来、人間は自然の脅威にさらされてきました。

時に融和し、時に反目しあいながら。

 

現代では、自然のルールを破壊しながら、開発が続けられてきました。

川の流れを変え、山を削り、海を埋め立て、空気を変えて。

現代人として、快適な生活を享受する以上

仕方のない部分ではあります。

しかし、その反動は、こうした自然災害として、時として牙をむきます。

まぁ、自然活動の影響を受けず生きることはできませんから

自然災害と呼ぶこと自体がおこがましい気もしますが。

 

起きてしまった災害に立ち向かう日本の底力にはいつも驚かされます。

食料や医療物資の供給

インフラの復旧整備

生活基盤の再建

もちろん、不平不満のすべてを解消することはできませんし、

お亡くなりになった方とその関係するすべての方の悲しみがすべて癒されるわけではありません。

でも、歩みを止めたくなるような辛い状況を

応援してくれる人がいて、周りから変わっていくのを見る時

苦しみのただ中にあるも頑張ろうと思うのかな、と。

 

災害に見舞われた方が安寧の日々を送れますよう祈願して。

 

 

さて、今日から新時間割で梁川校は開校しております。

すでに受験生が自学に来ています。

今日から受験講座が始まるのですが、席足りなくなったらどうしようかな。

うーん。増設か。

それもありだな。

 

さぁ、いきましょー!

9月のお知らせ

9月1日(月)より新時間割スタート

受験科目の授業がスタートします。

中学生は学年・クラスによって開始時間・曜日に変更があります。

新しい時間割を確認してください。

 

9月13日(土

新教研テスト9月号実施

会場 志学白雲館 梁川校・保原校

時間 8時50分~3時

筆記用具(定規、コンパスも)弁当持参 制服着用 途中退出不可

 

9月16日(火)からテスト対策勉強会

9月末10月頭に行われる中間テストに向け、

2週間の教室開放を行っています。

自分史上最高を目指して、有意義な時間を過ごしましょう!

 

高子二十境展

秋風吹く福島伊達。今日は梁川から更新です。
8月も間も無く終わり、9月になろうかとしています。
時の移ろいは、思いの外早く
人間も移ろえど、草木花岩は昔を伝えます。

今しがた、梁川美術館で開催されていた
高子二十境展を拝見して来ました。
書画写真をもって、高子二十境の魅力を伝える企画展。
今日が最終日だったので、
駆け足ながら見てきました。

私ども志学白雲館の名は
伊達保原の熊坂家の私塾「白雲館」から拝借しました。

自由で高い白い雲のイメージが、
子供達の将来と重なったのもあります。

また、熊坂家の「白雲館」が歴史の中で果たした役割を
現代の私たちが見習わなければならないと思ったからです。
「白雲館」は江戸時代の私塾で
近隣の商人医師といった文化人が集まるサロンでした。
その名は信達のみならず
遠く江戸まで知るところとなり
かの山東狂人こと大田南畝も白雲館の書に名を連ね、
谷文鳥も絵に残しておりました。

地方だから、都市だからと
出来ない事や出来る事に理由をつけてしまいがちですが
そんな事はないと、彼らが体現してくれているわけです。

私たちもそうありたいと望むのです。

今日は貴重なお話を聞いたり、資料を見たりすることができました。
初心に返ることができた気がいたします。

さあ、今日もがんばるぞ!

いざ、いきませふ!

20140830-152035-55235449.jpg

人生は自由だ

曇天模様の福島伊達。梁川町から更新です。

月末という事で、銀行経由で塾に来ましたが、

丁寧な対応の所と、そうではないところとありますね。

痒いところに手が届く、とまではいかなくても

気持ちの良い対応を見せられると、自分はどうだろうと思わされます。

 

さて、2学期に入り、塾生の動きが大きく二つに分かれています。

勉強に力を入れる人、勉強から逃げようとする人です。

前者は学校が終わればすぐに塾に来て、終わりまで自学をしています。

学校の宿題をし、新教研の過去問を解き、分からないところを質問する。

それを繰り返しています。

一方後者は、よくわかりません。

ご家庭でしっかりできていればいいのですが

耳に入る情報では・・・

 

新教研の9月号が13日に行われます。

油断なく続けた人と、

抜けた人と、

残酷ながら顕著な結果が表れるはずです。

 

強制することはしません。

人生は自由だからです。

自由とは何をしてもいいという無秩序ではなく

自制自律をすることだと思うのです。

 

人生は自由だ。

 

この意味を考えてください。

さぁ、いきましょー!

勉強時間の確保を

曇天模様の福島伊達。今日は梁川から更新です。

午前中に塾の保険の更新をしました。内容の見直しをし、軽くなりました。

担当の二本松の保険屋さん、いろいろな経験をされている方で、

お話をしていると勉強になることが多く、いつもお会いするのが楽しみです。

 

さて、来週から時間割が新しくなり、

受験生は5時半からのスタートです。

中1、中2もクラス分けクラス替えがありますので、ご注意ください。

 

新教研テスト8月号が返ってきました。

まだ塾生には返していませんが、速報として見せてはいます。

8割以上がアップということで、まずまずではありますが、

全員アップじゃないのが悔しい。

 

いろいろ理由がありますが、

点数を取るに至っていない、という事が挙げられます。

 

大工道具とて、持っているから使いこなせるわけではありません。

知識も同じ。

知っているからといって使いこなせるわけではないのです。

 

ここから、知識をつける、テストで確かめる、また知識をつけ直す、そしてテストを・・・

その繰り返しになります。

時間との闘いなのです。

しっかりと勉強時間を確保することが、まず受験生にとって一番大事なこととなります。

 

下校とともに、自学に来る受験生がいる一方で、

まだ部活をしなければいけない受験生もいるようです。

 

自学に来たなら、有意義な学習を。

部活をするなら、言い訳をしない勉強を。

 

今必要なことにしっかりと照準を当てよう。

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

はくうんかん児童クラブ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ