〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 可能性について (保原校 山本)

可能性について (保原校 山本)

こんにちは、保原校の山本です。

先日プロ野球のドラフト会議がありましたね。
高校野球で注目されたあの選手はどの球団が交渉権を勝ち取るか!

のような感じで例年より関心が高かったような気がしますが。
少し気になったので調べてみました。

プロ野球選手になる方法は、上にもでたドラフトで指名がかかること。
その年にもよりますが、1球団で10位くらいまで指名できるそうです。

日本の球団数は12球団なので、1年でどこかのドラフトに指名される選手は約120人!
知ってはいましたが、数字にすると狭き門なのが強調されますね。

では確率を求めてみましょう。

高野連によりますと、ここ数年、高校3年生の硬式野球人口は
5万人を少し超えるくらいだそうです。

社会人野球は計算から除外すると
5万人中120人が毎年プロ野球選手になる計算になります。
(ものすごくざっくりした計算ですが・・・)

120/50000 = 0.0024 つまり0.24%!!!!
低!!!!!

・・・・・ちなみにね?

東京大学って毎年約3000人合格してるんですよ。
センター試験の受験者数は約55万人。

計算すると・・・・
3000/550000 = 0.00545454… つまり約0.55%!

・・・・・・ちなみにね??

国公立大学って毎年だいたい12万人合格してるんですよ。
センター試験の受験者って約55万人。

計算すると・・・・
120000/550000 = 0.21818… つまり約22%!!
だから大学は入りやすいって考えるのは早計甚だしいですが、
「頑張ればなんとかできるかも」と思うには十分な比較だとおもいますよ。

そう 頑張ればね

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ