〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 確率について (保原校 山本)

確率について (保原校 山本)

こんにちは、保原校の山本です。

ここに、1本の当たりクジと19本のハズレくじがあります。
1本だけクジを引くとき、当たりクジを引き当てる確率はいくつでしょう?
正解は1/20。つまり5%です。

5%の確率で海外旅行があたるのと、
5%の確率で10円のお菓子がもらえるのとでは、
クジを引くときの緊張感もかなり違うでしょうね。

新教研テストの志望校判定で努力圏の合格確率は29%以下です。
わかりやすく、20%としましょう。分数でいうと1/5です。

この合格可能性が20%の生徒が5人いた場合。
その5人の生徒が「全員不合格になる確率」は256/625(約40%)
(不吉極まりない話ですみません。計算方法は気にしなくても大丈夫です。)

意外と低いな。と感じませんか?

もう少し詳しい計算をすると、
この5人のうち「少なくとも1人は合格する確率」は約60%あります。
(計算方法は気にしなくても大丈夫です。)

だからと言って、今合格の可能性が20%の生徒も大丈夫!
という話ではありません。

大事なのは、その生徒が合格するために何をしたかです。

勉強です!
と書いても面白くないので、少し考えてみましょう。

自分がその状況ならどうするか。
うちの子がその状況なら何をさせるか。(何をしてほしいか)
うちの生徒がその状況なら何をさせるか。(何をしてほしいか)

答えは当然いろいろあると思います。
勉強というのはその最適解なのかもしれません。

おそらく、
落ちた4人の受験生がしなかったことを
その生徒はやりつづけたんじゃないでしょうか?

不合格になった生徒には必ず理由があります。
その理由に当てはまらないことをし続けることが、
おのずと、合格するために必要な条件のような気がします。

いま梁川では、40人近くの生徒が黙々と
自学に励んでいます。
うちの生徒たちは、成功例として
将来の後輩たちの手本となってもらいたいものです。

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ