〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > テスト対策 白雲館に通う小学生のメリット

テスト対策 白雲館に通う小学生のメリット

「今日はあったかいですね」があいさつの福島伊達。梁川校から更新です。

去年の今頃は、あの大雪だったのに。異常だったんだなぁ。

寝袋が必要になることがないといいなぁ、と思うばかりです。

 

さて、小学生の入塾希望のお問い合わせがあります。

「やはり、小学生から塾に入った方がいいんでしょうか?」とご質問されたので、

お答えしたいと思います。

 

中学校や高校に入学すると部活動に参加する人が多いです。

初めての経験ですから、体力的にもつらい時期があります。

そんな中、早く慣れてくるのは以前から運動を続けていた学生です。

体力の慣れは、その後の技術の向上も速くなる傾向にあります。

 

いきなり部活動の話で驚かれたかもしれませんが、

勉強も同じだという事です。

 

部活動でいうところの「基礎体力」に当たる部分、

「基礎学力」「学習習慣」が小学生のうちに培っておきたい部分です。

普段から走り回り、ボールに慣れ親しんだ子の方が、

部活動において頭角を現すように、

学習でも、小学生のうちから身に付けるべき学力・習慣がある子が

中学生になって、勉強した結果が出やすいという事です。

 

学びが点数に昇華されるまで、ある程度の時間が必要です。

たとえば日々のコツコツ積み上げる学習も、

問題集を一冊やりきる経験も、

点数の昇華に必要なことなのです。

 

白雲館では、小学生は個別的に学習を進めながら、

一人で自学ができる下地を作ることを目的としています。

宿題の量も、やるべきことも一人一人違いますし、

塾に来てからも個々人でやることが違うことがあります。

国語では辞書を引く調べ学習を課したりもします。

 

そういった下地ができていない中学生は、

そこから戻らなければならないのです。

下地を作って、下学年の既習事項を確認して、

今の学習内容に入る。

その時間のロスを少しでも減らすのが小学生の学習のメリットだと思います。

 

今日も、小学生の学習からスタートします。

小5ですが、小6の学習内容に入っています。

まだまだ、伸びしろはありますが、

先に進んでいるという自信を最近感じるようになりました。

楽しみな子です。

 

よし、志事すんぞ。

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ