〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 実力テストの勉強法

実力テストの勉強法

雨が降り続く福島伊達。今日は梁川町からupです。

来る途中の阿武隈川は濁流で川原も増水しいつもの風景ではありませんでした。

天気予報でも、警報が出ています。

高校生にためのテスト対策で梁川校を開放していますが、

このまま警報が出続けたらば、途中で中止するかもしれません。

 

高校生のテスト対策と言いつつ、中学生も自学に来ております。

さすが受験生。がんばれい!

 

さて、実力テストを控え「どういう勉強をしたらいいですか?」と

質問を受けましたので、お答えします。

 

まず、第一に覚えていてほしいのは

「定期テストの勉強とは大きく違う」ということだ。

定期テストで高等点をたたき出せる人でも、

実力テストのような入試問題になると全く振るわなくなる人もいる。

 

何が悪いのか。

先に上げた違いを理解していないからだ。

 

やり方を覚えれば定期テストはできるかもしれない。

しかし入試の問題は違う。

やり方を使いこなさなければいけないのだ。

 

定期テストができているならば、勉強の下地はできている。

後は意識を後二つくらい上にしてほしいのだ。

 

初めてみる問題で正答が取れるかどうかだ。

 

覚えた基礎基本を使って、同じように解けるところを見つけ出す。

それができれば点数につながるんだ。

 

だから普段の勉強では、

模擬試験や過去問を解きながら、一人でできないところを見つけ、

理解し、できるようにする。

1・2年生の問題集を使って、抜けている穴を埋める。

 

そして、最後に・・・

これは塾生にだけにとっておきます。

 

明日も、高校生のために梁川校を開放します。

中学生もぜひ利用してください。

 

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ