〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 【数学】 同じ問題を解き続ける効果

【数学】 同じ問題を解き続ける効果

曇り空の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

増税、ですか。

必要ならば仕方ないことだと思います。

格差是正のためにも、

財源の確保は取れるところからするのが

セオリーですから。

ですが

歳出削減が社会保障からでは

素直に首を縦にふれません。

税制は国の基。

使われる税金が

国民に資するものであってほしいです。

 

さて、昨日は数学の授業。

最近クラス分けを行って新設されました。

新たに入塾した子が集まり、

数学に苦手意識を持っています。

 

久しぶりの数学の授業。

楽しくて仕方ありません。

国語や社会は、

自分が話すことのほうが多いのですが、

数学のときはもくもくと問題を解き進めます。

 

苦手なこの多くは練習不足のせいです。

自主学習で練習するにしても、

間違った手順で行っていることが多く、

それがますます数学を嫌いにさせます。

私は初日にやった問題を2回目の授業でテストします。

まったく同じ問題です。

目安は30分。

8~9割以上できています。

(このときのそれ以下の場合は

別な手だてが必要です。)

前回90分かけた内容を30分でやりきる。

そこそこ点数も取れている。

子どもたちは自信がつきます。

2回目の授業、内容は先に進みます。

当然3回目の授業でテストをします。

1回目から2回目の内容です。

これも、テストは授業でやったまったく同じ問題。

大体150分程度の内容です。

これも30分でやります。

8~9割以上解けてきます。

子どもたちは自信を深めます。

 

同じ問題だもん、できて当たり前!

そうなんです。そうなんですけど。

90分の内容を30分でやったということは

3倍できるようになってます。

150分の内容を30分でやったら、

5倍できるようになってます。

2週間前より5倍成長していることになります!

 

これを続けると、

答えを覚えているかのように、

スラスラ進められるようになります。

そこまできたら

新しい初見の問題に挑戦します。

同じ考え方をする

別な問題に。

 

次々に新しい問題を解き続けて、

正答率を高められる子もいますが

苦手な子は、計算や考え方が

固まっていないことが多いので、

まずは

同じ問題を解き続け

速く、正確に

自然にできるまで身に付けること!

が先決です。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ