〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 福島県高校入試定員発表 大幅減

福島県高校入試定員発表 大幅減

雨の福島伊達。

代表渡邉が更新です。

さっそくですが、福島県の高校入試定員が

昨日発表となりました。

すでにご存知の方もおいと思いますが、

県内の中学卒業見込み者の減少に伴い

500人以上の定員削減となりました。

県北地区では、

橘高校が320人→280人へ

福島西の数理科学科が募集停止40人減

そして

保原高校の普通科が200人→160人へ

県立高校では120人の減少となりました。

私立高校でも定員減の動きがありました。

少子化、人口減少の波でしょうね。

来年度以降も、同じ動きが予想されます。

現在、8学級を維持しているのは、

福島高校と安積高校の2校。

とすれば、来年はこの2校の減少か。

また、2018年の入試倍率を見て、

統廃合もありえます。

県北地区で、例年3期入試を行う学校は、

その対象となりえるのではないでしょうか。

 

さらに入試の動向についてですが、

今回削減されて高校を見ると、

偏差値で言うと

高中低それぞれから40人ずつ減らされました。

受験者の減少をかんがみての削減ですから、

大きな倍率の変動や難化易化はないと思いますが、

メンタル的には、

難しくなるように思います。

削減された高校もそうですが、

その下につける同系統の学校も、

変わってくるかもしれません。

 

今年の受験生もそうですが、

来年度以降の受験生も

注視しなければなりませんね。

 

ただ、心配ばかりではいけません。

定員が削減されようと、

合格できる実力をつければいいのですから。

勉強あるのみ!です。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ