〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > テスト対策勉強会 自分から始める

テスト対策勉強会 自分から始める

今月下旬に、各中学校、高校で期末試験が行われます。

白雲館では、小手先の学習で点数を取らせるようなテスト対策ではなく

2週間という限られた時間の中で、最善を尽くす実践をするように

テスト勉強の環境を整えています。

テスト実施の2週間前から梁川校・保原校ともに授業がない日も

2時から9時まで開放しています。

自分史上最高を目指して頑張ってください。

梁川中学校は25日

県北中学校は25日

桃陵中学校は23日

松陽中学校は26日

高校生もテスト対策期間です。

 

雨は降らないまでも、曇天模様の福島伊達。今日は保原町からupしております。

ワールドカップが始まり、友人たちはしきりにツイートしてますが、

一試合もまともに見ていません。

決勝がいつだか分からないけど、ゆっくり見てみたいものです。

 

さて、あるTVの情報番組を見ていたら

固定資産税の過払い問題が特集されていた。

住宅にかかる固定資産税は軽減されるのに、数年にわたり多く徴収され、

しかも返すかどうかわからないということだ。

税金の減免措置は申告制であるから、深刻を怠った、本人の不備も認めるが、

申告制である以上、申告した戻ってくることが当たり前だと思うのだが、

法律上返さなければならない義務はないということらしい。

取り特、取られ損らしい。

 

キャッシングの過払いは返すようになったのに、

税金の過払いは返さなくてもいいというのはおかしい。

申告制ならば、未徴収で追徴があるのだから

過払いで還付があっても不思議はないはずなのにおかしい。

どうにも納得いかないのである。

 

行政が、というところではなく、本質が同じなのに立場の違いで結果が変わるところに。

 

私は子供たちを指導する立場にあるが、

時に間違いを犯す子供たちに注意をする。

素直な子供たちは、その注意を守るようになる。

このとき

子供たちに注意したことは、自分ができなければならないと思っている。

 

もちろん、不惑前の私も間違いは犯します。

ですから、注意をしたことは自分にも言い聞かせています。

 

保護者様のなかで「子どもが勉強しないんです」と不安のある方が多いですが、

実はリフレクトしていると思ってください。

保護者様自らが学ぶ姿をお見せになると効果覿面変わります。

別に参考書を開けとは言いません。

まず携帯スマホを2時間置いてください。

テレビラジオを消してください。

趣味嗜好流行情報の雑誌を閉じてください。

 

厳しいですか?

だとすれば、子どもにとっても厳しいものです。

 

厳しいからこそ、大人から、親から、講師から見せていかないと。

人に注意することは、まず自分から。

実践してみてくださいますようお願いいたします。

 

さぁ、いきましょー!

 

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ