〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 渡邉巖 > HP、いじっちゃいました

HP、いじっちゃいました

日があたって温かな福島伊達。梁川校から代表渡邉が更新です。

北島康介が引退ですか。

日本の水泳界を引っ張ってきたレジェンド。

来れもまた時代の流れなんでしょうね。

経験を活かして後進を育てていってほしいと願います。

 

さて、お気づきの方もいるかもしれませんが、

HPをいじってみました。

渡邉巖個人のカテゴリーを作ってしまいました。

 

去年は講師の先生方に手伝ってもらいながら

記事の更新に当たってきましたが、

講師の先生方の個性が出てて、

おもしろい記事がたくさんありました。

私にはない視点で、

私にはない言葉で、

書かれた記事は刺激になりましたね。

 

 

しかし、反省点としては、

自分の言葉を紡ぐ機会が減ったことです。

 

HPには宣伝広告という機能があるのはもちろんなのですが、

普段なかなかお会いできない

保護者様や地域の皆さんに

塾の様子や私たちの考え方をお伝えしたいという気持ちがありました。

また、

記事を書く中で、自分の中にある思想思考を見つめ、

整理し、言葉にするという作業を通じた

自己修練があると思うのです。

それは瞑想や座禅にも似たものです。

 

書きたいことを思いついても、

「今日は自分の番じゃないか」と

遠慮してしまい、

タイムリーさに欠ける点がありました。

 

さらに、

一番ショックだったのは

「最近、巖さんの記事、減ったよね」と

保護者様に言われたことです。

 

HPだけでなく、志学白雲館自体

私だけのものではありません。

塾生と、保護者様と、講師と、地域とがあって

今の形になったものです。

ですが、

やはり個としての自分もいるのです。

 

塾生がやる気になってくれるためにも

塾生が自己を省みるためにも

保護者様の不安が少しでも和らぐためにも

地域が元気になるためにも

私自身が成長するためにも

もう一度、記事を書き続けたいと思うのです。

 

 

といいつつ

中身が伴わない記事もあるかと思いますが、

今後もどうか御愛顧ください。

 

 

最後に、HPの変更に際して

実務作業をし、アドバイスをくださった

福島ロイヤルティコンサルティングの齋藤君に

感謝申し上げます。

 

よし、志事すんぞ!

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ