〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 渡邉巖 > 評定平均を上げなければならない!2

評定平均を上げなければならない!2

暖かな福島伊達。梁川校から代表渡邉が更新です。

銀行に寄って雑談していると、面白い言葉が。

「朝はBSのニュースですね。それ以外は天気予報位しか意味がない。」と。

おもしろい番組作りはしているのかもしれないが、

バラエティ番組のような情報ばかり。

スポーツと芸能ばかりで、中身がないと感じます。

タックスヘイブンに関わる企業や人物についての文書

「パナマ文書」が世界中で話題になっています。

多くの為政者がその名を連ねています。

それに伴い責任問題にもなっているのに。

あれ?ニュースでは、大きく取り上げられないどころか、

小さな話題にすらなってない。

いいのかよ。日本のマスコミ。

日本には、税金逃れをしているような企業や政治家はいないのかよ。

ニュースは、情報は自分から探さないとダメんだな。この国は。

 

さて、昨日の引き続き同じテーマとなります。

評定平均を上げなければならない!

 

塾生にも話しました。

「どうやったら評定はよくなるのか?」

という質問を受けましたので、こちらにも書きたいと思います。

 

大前提として、

一生懸命授業を受けてください。

話を聞かない生徒よりは、意欲的に聞く生徒

寝てる生徒よりは、積極的に参加する生徒

とにかく一生懸命な生徒が好きなのです。

 

媚を売れということではありません。

苦手でも積極的に頑張ろうとする生徒になってほしいということです。

 

そして、提出物や制作を頑張ってください。

手を抜かず、分からないことは質問しながら。

 

さらに、筆記試験で結果を残す。

2週間のテスト対策で足りない時は、

3週間かけるとか、工夫をしましょう。

 

よし、志事するぞ!

さぁ、いきましょー!

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ