〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 新教研テスト1月号(中3)の結果がきました

新教研テスト1月号(中3)の結果がきました

冬らしい空気の福島伊達。保原校から更新です。

月曜日に受けた青年部主催の研修会に刺激を受けて

早速塾に生かそうと書類作りに励んでいます。

知らないことはたくさんあって、

勉強した人でないと得られないものがあるというのは

何も子どもばかりではないのだな、と感じました。

 

さて、新教研テスト1月号の結果が返ってきました。

このブログにも度々新教研テストの名前が出ていますが

そもそも「新教研って何?」という方もいると思います。

 

新教研テストは業社による福島県立高校入試の外部模擬試験で、

受験生ならば誰でも受けられる模擬試験になります。

県内で、9000人ほどが受験します。

ということは学校で行われる実力テストよりも

信憑性が高いデータが取れるということです。

(中学校で行われる実力テストは

県立高校入試と形式が違う部分がある点、

データが各中学校の過去のデータとしか照らし合わせることができない点、

データの共有が各中学校でなされていない点

で不十分であると思うのです。)

 

5教科各50分、試験時間も県立高校入試にあわせて行われます。

受験後、2週間ほどで結果がきます。

 

各教科の点数だけでなく、偏差値、全体の順位そして

各問題の正答率が分かります。

 

模擬試験を受ける意義はそのデータにあります。

今の自分の位置を知ること。

合格までの差を知ること。

差を埋めるのに最適な方法を知ることです。

 

孫子の言葉に

「彼を知り己を知らば、百戦危うからず。」とありますが

問題の傾向を知り、自分の強み弱みを知ることが肝要。

試験を受けることそのものよりも、

試験を受けた後に生かすことが一番大事です。

 

1月の新教研ではようやく、頑張った成果が出て

春に笑えそうだなと、思えるようになりました。

都市部に比べて、火が付くのが遅い傾向にありますから、

例年のこととはいえ、

毎年心配でなりません。

 

もちろん、まだ合格が決まったわけではありません。

最後まで気を緩めないよう、

突っ走りますよ!!

 

よし、志事すんぞ。

さぁ、いきましょー!

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ