〒960-0782 福島県伊達市梁川町字中町42-3

伊達市梁川町保原町の学習塾・志学白雲館

連絡先

トップページ > 白雲館日誌 > 塾の出来事 > 教員削減? (保原校 斎藤)

教員削減? (保原校 斎藤)

 

 

こんにちは!

保原校の斎藤です☆

寒いですね~ いや~寒い。

布団だけでは耐えられなくなってきました。

そろそろ毛布を・・・。

 

食欲の秋のせいで、私は肥えていくばかりだし・・・。

なんだよ~秋め!秋のせいだ!

 

 

さて今日ツイッターでこんなニュースをみかけました。

財務省は、2024年度までに子どもの数がおよそ94万人減り、

クラスの数も減るという見込実を示し、

全国の公立の小中学校の教員の数を、

9年間で原則としておよそ3万7000人削減するよう求める方針を示したとのこと。

 

 

ん~、私個人の意見ですが、

減らさないほうがいいと思うんです。

減らすなら、部活のコーチや事務処理などをしてくれる方をもっと雇うべき。

学校の先生は、部活の顧問で土日はないし、テストの採点で残業は当たり前。

教員減らしたら、一人当たりの仕事量増えるのでは?

 

教員をもし本当に減らすことが決定するのなら、

少人数学級にするとか、子どもたちのためになる具体的な根拠

教員のためになる具体的な根拠を考えてほしいです。

 

一番いいのはその立場になってみることですが、

そんなことできませんからね。

たくさん話し合って、できれば現場を見に行ってもらいたいものですね。

 

 

白雲館日誌

月別投稿一覧

塾の案内

コース紹介

入塾の流れ

更新情報を配信しています!

  • feed
  • follow us in feedly

RSSはRSSフィードというソフトを利用すると
 更新記事を配信してくれる機能です。

このページの先頭へ